人気ブログランキング |

タグ:日本神界 ( 56 ) タグの人気記事

太陽は男、月は女。地球に貼りついた嫉妬が世界を滅ぼす。

b0409627_00394500.png



太陽は男。月は女。


b0409627_14580451.png


それが秩序であり

正道というもの。

b0409627_16514574.jpg
『太陽戦隊サンバルカン』より

太陽戦隊サンバルカンは

王道中の王道をいく戦隊ヒーロー。

しかも陸・海・空の三位一体。

この歌が好きで何回も何回もレコードを聴きましたよ。


「太陽がもしもなかったら」

で始まるこの歌。


「地球はたちまち凍り付き、花は枯れ、

鳥は空を捨て、人は微笑みなくすだろう」


ああ、そうだ。

太陽がなかったらわたしたちは生きていけないんだ。

ということに気づいたのが子どもの頃。

幼稚園か小学校低学年くらいだったと思います。

はじめて覚えた恐怖は


「太陽がもしもなかったら」


そんなこと想像しただけで恐ろしかったのです。

けれど恐怖はこの歌で消し飛んだのです。


「太陽はいのちの星だ。しあわせを守る炎だ」

「太陽はみんなのものだ。誰にでも光をくれる」

太陽はいつだってわたしたちに

希望を与えてくれていたことに気づいたのです。

b0409627_19075902.png
三輪山から見た太陽(筆者撮影)

太陽は男。月は女。

太陽は光を与え、月は光を受け取る。

太陽は常に満ち、月は欠けてゆく。

太陽は光の中で輝き、月は闇の中で輝く。


自然は何も言わなくても教えてくれている。

b0409627_14580451.png
三輪山と月(筆者撮影)


そして子供向けのアニメも

そのことを教えてくれていたのです。

わたしは幼稚園児くらいのころに

太陽の神様がでてくるアニメを見ていました。

「おちゃめ神物語コロコロポロン」

b0409627_12363776.jpg
おちゃめ神物語コロコロポロン VOL.6 [DVD]

主人公ポロンは半人前の女神様。

お父様は太陽の神アポロン。

ポロンのおじいさまがゼウス様。

アポロンとポロンは父子家庭。

アポロンは女神様にモテモテ。

わたしはこのアニメを見て

太陽の神様は男神様だと知りました。

アポロンには双子の姉である

月の女神アルテミスがいます。

ギリシャ神話には月の女神は二柱いて、

アルテミスとセレーネがいるのです。




EDは

「えーろす えろす えろすんません」

終わりに「おとーさまー」

「あ、ポロン」という落ち。

アポロンは主役のポロンより目立っていたので

よく覚えていました。

そうそう、

女性ヒロインが悪と戦うアニメを思い出しました。

『ラ・セーヌの星』

わたしは『ベルばら』より断然こっちが好きでした。

『ベルばら』は男になりすました女ですからね!





「夜の暗さを切り裂くために

銀の剣をふるうのだ 

朝が来れば消えるわたし

ラララセーヌ ラ・セーヌの星」


戦う女は夜に現れる。

なぜって、女は夜型だから。

男たちが眠りについた頃に活動するのよ!


「朝が来れば 消えるわたし」


朝になったら花屋の娘に戻るのよ。

女はふたつの顔をもっているのよ。

(´∀`*)ウフフ


「夜に戦う女なら、ここにもいるわよ!」

b0409627_13240818.jpg
『MOON PRIDE』[セーラームーン盤(CD+Blu-ray)]

セーラームーンは戦う女子中学生。

戦隊ものの女子バージョンで大ヒットしました。

昼間は普通の女子中学生。

夜は別の顔をもつ彼女たち。

夜にならなければ姿を見せないのは、

彼女たちの属性が月と惑星だから。

セーラームーン(月野うさぎ)のヒーローはタキシード仮面。

本名は磁場守る、じゃなくて地場衛。

前世は地球と太陽を守護星にもつ地球国の王子。


「月に変わってお仕置きよ!」


ちなみに太陽はお仕置きはしません。


男は太陽、女は月。

男は陽、女は陰。

男は太陽、女は惑星。

男は天、女は地。


太陽系は太陽(男)を中心にして

惑星(女)が太陽の周りを回転している。

b0409627_00394500.png
出雲大神宮(筆者撮影)


このように、

「男は太陽、女は月」の鉄則を踏めば

作品は大ヒットするんですよ。

b0409627_13443106.jpg

夜に活躍する女たちといえば、

キャッツアイもそうですね。

こちらは大人のヒロイン三姉妹

これも昭和やな~。


おっと、こちらはドロボーさんでしたね




『キャッツアイ』は

昼と夜の二つの顔をもつ

盗賊美人三姉妹という設定。

ヒロインの恋人は刑事なのに正体を知らないという。


女はコワいんでっせ~。



「真珠の涙を浮かべたら 

男の子なんてイチコロよ~ん」

男をだますことなんて、

とても簡単なことなのよ。

でも相手が女となると

そうは簡単にいかないのよ。


b0409627_14213923.jpg
白雪姫 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

18歳の純真無垢の白雪姫は、

ワガママで嫉妬深い継母の女王に

妬まれて幽閉されていた。

リッチな暮らしと

宝石とドレスが大好きな女王のせいで、

今や王国は破産寸前。


女王は未亡人。


隣国のリッチでハンサムな王子と

結婚することで富と愛を

手に入れようとたくらむ。


だが王子は白雪姫と恋に落ち、

激怒した女王は姫の殺害を

手下に命じる。


森に逃げ込んだ白雪姫は、

7人のギャング小人団に仲間入りし

様々な戦術や知恵を教えられる。


戦う術を得た白雪姫は王国を取り戻し

王子の愛を勝ち取ることができるのか!?

以上は『白雪姫と鏡の女王』のあらすじ



鏡の女王さまは

鏡の女神さま?


b0409627_14244723.jpg

とても美しい雪の女神がいました。

その美しさは水のごとく清らかでした。

その美しさに嫉妬した

鏡の女王様がいました。

鏡の女王様は

の女神を鬼や姥の姿に変えて

封印してしまいました。

鏡の女王が嫉妬したのは

若さと美しさ。


鏡の女王は

外見の若さと美しさばかり求めて

醜い内面を見ようとしませんでした。


嫉妬は自分に足りないエネルギーを

相手から奪って満たそうとします。

けれどもそれは逆向きのエネルギー。

奪っても奪っても満たされない。

嫉妬は恨みと憎しみに変わり恐怖を与え

相手が不幸になることを望む

破滅の意識。

それは相手のみならず

自分も滅ぼしてしまうのです。

そして国をも滅ぼしてしまうのです。



「鏡よ鏡 この世で一番美しいのは誰?」


「魔法の鏡があれば 世界は私達のもの」


「敵を倒せ 私のために戦うのだ」


「私は誰よりも強い」


「フハハハハハ!!!!」


「鏡を破壊しないと世界は滅びる」


『スノーホワイト/氷の王国』予告編より




嫉妬は自己愛なきゆえに、

優越感と劣等感を産み出す。


優越感は相手を蔑みあざ笑い、

劣等感は相手を恨み滅ぼしたい。

他国を侵略したいのは、

自国が満たされていないから。

奪って勝ち取ることで優越感に浸りたい。

そして敵を嘲笑うのだ。

フハハハハ!!!!




「鏡よ鏡」 


「世界でいちばん”強い”のは誰?」


「おとぎ話を夢見ているなら今すぐに目を覚ましなさい」


「鍛えて強くなり私のしもべとなるのだ」


「魔法の鏡を手にするのは 勝者のみ」


「力を持つ者の戦いがはじまる」


「恐怖とは何か思い出させてあげる」


「鏡を奪われたら 世界は終わる」




めんどりが

朝を告げれば

国が滅びる




b0409627_20323480.jpg



「女のメグリはこわいのざ」

by ウシトラマン太郎(12,000歳)



世界が救われる道は、

人間の内面に巣くう嫉妬を消し去ること。

自然の秩序を逆さまにした

すべての原因は

嫉妬。

嫉妬が滅びれば世界の秩序は取り戻せる。

そして

太陽の神を秩序どおりに戻すこと。

b0409627_00394500.png
出雲大神宮(筆者撮影)


太陽の男神様の放つ光線は

とても強力で

嫉妬を焼き尽くすんだよ。

その光は愛だから。

地球を覆っている

嫉妬のエネルギーを焼き尽くして

きれいな地球になるんだよ。


歌は心に太陽の光を与えてくれます。



今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ヒーローの曲を聴くとすこぶる元気が出ますよ

(^o^)/イエーイ!

更新を通知する



by new-jomon | 2019-11-12 18:04 | ヒーローは人の心を救う | Comments(0)

ウシトラ金神とスサノオ命。

b0409627_22114591.jpg



 スサナルの尊、

.


みな思うておる神様とは

.


ちと違うぞ。

.


この神様、

.


地の大神様であり、

.


世の元からの

.


生き神様であるぞ。

.


そのこと

.


取り違え


いたしておりては、


.

人民靈人みな

.


大神様に申し訳ないぞ。

.


早うそのこと




分かって下されよ。

.


これまで世に出ました





神の話は、

.


ほとんどが

.


悪神様らの


お仕組みであったのぞ。

.


しかし、

.


これからは改心いたし、

.


まことの世の礎と


.

成りなされたので


あるがゆえに、

.


靈人殿、

.


人民殿、

.


早う改心結構であるぞ。




 一人でのお役

.


大変であるゆえに、

.


ここに縁ある者みな


.

仕組みてあったことで


あるがゆえ、

.


それぞれ改心いたし

.


神の容れ物と

.


成りなされて下されよ。

.


世に出ております


お偉いさん殿、


.

いつまでも嘘は通らんぞ。


.

一日も早う改心結構。

.


金の世は済みておるのじゃぞ。

.


金でこの世潰す計画


立てておった

.


神々様も

.


改心いたしたぞ。

.


ゆえにその仕組み


.

いつまでも



信じておる靈人殿、


.

人民殿、


.

早う目醒まして下されよ。


.

みな大切なお役目に


いたすゆえに、


.

事分けて聞かすのじゃから、


.

何事も心配するでないぞ。

.


これが、


.

神一厘の


仕組みてあることの

.


始まりじゃ。




大日月地神示


「い」の巻




b0409627_15055025.jpg

片埜神社(筆者撮影)


.
艮金神うしとらのこんじんとは、
.


素戔嗚大御神すさなるのおおみかみ様の
.


お移り変わりで
.


ありますのじゃぞ。
.


皆のために罪被り、
.


地となりて
.


この世
.


お見守り下さっておられます、



尊き御神おんかみ様でございますぞ。
.


大御心おおみこころそのままに

.
うつりなさり、

.
あらわれになられております

.
神々様、

.
みな大神様の
.


神子みこでございますぞ。
.


神とは、
.


そなたらの御魂、
.


生命育んできた

.
天地あめつちでありますのじゃ。
.


すべてが大神様であり、
.


大神様の中に神々様おられ、
.


その中に
.


そなたられい人おるのじゃから、
.


改心なさったら順忘れず、
.


そなたらの肉体
.


大事になされよ。
.


肉体は、
.


地の大神様の肉体
.


預けておる容れ物。
.


そなたらの物では
.


ないのじゃから、
.


このこと
.


忘れてはならんから、
.


大事になされよ。



「と」の巻


b0409627_15062731.jpg

片埜神社(筆者撮影)



、、

これからが


そなたらの申す


三千世界の礎



築きあげてゆく


まことの時でありますぞ。


準備は既に出来ておるから、


実際にお生み下されよ。


何をどうすればよいか、


おのずと


守護靈殿に申しておるから、


靈、人、共に


仲良ういたし下され。


では、


一つ一つ申すゆえ


お聞き下されよ。


ひとつ、


人民が何ゆえ


こうしてめておるのか、


原因を知って下され。


ひとつ、


みな喜びいそしんで暮らせる


世のお仕組み、


創りおうて下され。


ひとつ、


靈、人、共に歩むこと、


まず一番大事にいたし下され。


ひとつ、


これからは宇宙うちゅうれいじん殿、


人民殿とも


仲良ういたし下され。


ひとつ、


愛することを


一番大前提だいぜんていにお暮し下され。


ひとつ、


生みの親はの大神様、


育ての親はあめの大神様、


地の大神様であること、


忘れんようお暮し下され。


ひとつ、


艮金神うしとらのこんじん様、


素戔嗚大神すさなるのおおかみ様と


表裏おもてうらであるゆえ、


同じ神として


まつろうて下され。


ひとつ、


みな話をせんでも


互いに思うておること


分かるようになるゆえ、


つつしんで心広げて下され。


ひとつ、


みな仲良う暮らす仕組み、


みなで創りおうて下され。


ひとつ、


世の立て替え、


神と靈と人とで


うれしうれしといたし下され。


ひとつ、


それぞれの神


祀ること大切であるが、


大日月地大神おおひつくおおかみ


まずまつろうて下され。


ひとつ、


世のためよく働き、


よく笑い、


よく愛しおうて、


うれしうれしとお暮し下され。


ひとつ、


金は要らぬ世となるから、


今までの教えみなすべて、


掃除洗濯いたし下され。


ひとつ、


みなを愛することの意味、


よく考え歩まれ下され。


これからみな


生まれ変わるから、


今までの教え


みな一度捨てて、


新し世の考えお映し下され。


まことかみとなるから、


皆々、


すべて分かるようになるから、


はずかしくないよう


みな大事になされ。



「に」の巻

b0409627_01405833.jpg



艮金神うしとらのこんじん




変わりて



艮金大神うしとらのおおかみ



変わりて、



艮日月地大神。うしとらのひつくおおかみ




艮、世直しの元の元。



東北うしとらの国、



いにしえの教え眠りから醒めて、



大きく動き出しますぞ。



大日月地おおひつく大神大靈おおかみおおれい団御靈だんおんたま 


b0409627_17382462.jpg
五字神社(筆者撮影)



気づいたこと。

うしとら。

牛頭天王。ごずてんのう。

ウシトラ。

ウシトウ。

ウシトウテンノウ。


牛頭ウシトウ天王には

ウシトラ金神が隠されていた⁉

\(◎o◎)/!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

艮金神様が復活されてもビックリしないようにブログを書いています。

更新を通知する



by new-jomon | 2019-11-07 01:18 | 神々の世界を蘇らせる | Comments(0)

日本魂の復活は英雄神の汚名を払拭すること

b0409627_00262412.jpg


日本人はどうして自尊心が低いのか。

なぜ自虐史観にさいなまれ続けて来たのか。

なぜ自己愛が欠如しているのか。

日本人の幸せ度数があまりにも低いのはなぜなのか。

こんなにも満ち足りた文明社会にいるというのに。

b0409627_00000908.jpg
枚岡神社(筆者撮影)

程度の差はあれど、

衣食住に困ることはなく、

今日の飲み水に困ることもない。

それだけで

どれだけ豊かな国であることか。

b0409627_11263979.jpg
稗田野神社(筆者撮影)

なのに

自国に誇りを持てない日本人。

自国のリーダーを信頼できない日本人。

自国の王に憎しみさえ抱いている者もいる。

現在の文明はこれ以上ないほど

物質的に満たされているというのに、

精神的には末期的欠乏感にさいなまれ続けている。

b0409627_17382462.jpg
五字神社(筆者撮影)

文明の転換期は神武東征にある。

縄文と弥生の分水嶺。

男は男らしく、

女は女らしく、

子供は宝物として育てられ、

人々は自己愛と自尊心に満ち溢れ、

集落の長は人格者として信頼され、

神と人は一体で、

所有という概念も嫉妬も存在しなかった。

それが縄文の集合意識そのものだった。

b0409627_00120484.jpg
石切神社(筆者撮影)

神から人へ主導権が移行した弥生の世は

現在わたしたちが共有している世界。

その原点は嫉妬が生じたことからはじまった。

b0409627_15055025.jpg
片埜神社(筆者撮影)

与え合い、分かち合いの世から

捧げさせ、奪い合いの世に転換したのは

自己愛の欠乏がこの国に持ち込まれたから。

嫉妬は自己愛なきゆえに

奪い続けなければ生きられない

逆向きのエネルギー。

b0409627_00234430.jpeg
赤目四十八滝(筆者撮影)

日本人の自尊心が貶められたのも、

自虐史観にさいなまれ続けてきたのも、

日本が負けなければならなかったのも、

奪われるエネルギーが

集合意識に刷り込まれてしまったから。

b0409627_17413981.jpg
善根寺春日神社(筆者撮影)

日本人の自尊心が低く、

自虐史観に支配されているのは

教科書による洗脳よりもはるか昔に

渡来人によって編纂された

神話にプログラムされていたから。

b0409627_22055169.png
スサノオ命八岐大蛇を退治すの図

日本人のルーツはスサノオ命にある。

日本列島に初めて降り立った生き神様。

荒魂の男神が大和(倭)の礎をつくり、

和魂の息子神が国造り物づくりに励んだ。

b0409627_01291064.jpg
八ツ房杉(筆者撮影)

嫉妬は英雄神に汚名を着せ、

本来担うべき役割を奪い、

根の国に葬ってしまった。

渡来人が漢字で書いた

我が国の「正統なる」歴史書という

当時の最新のプログラミングによって。

b0409627_01300703.jpg
八ツ房杉(筆者撮影)

わたしは

平成の御代に、天皇になり代わり

御神事を務めて来られた神業師様に

スサノオ命の「復活の儀」が

執り行われた映像を見せていただいた。

そこは富士山でした。

b0409627_22111383.jpg

富士山(筆者撮影)


実はその映像を

別の日にも見せていただいたのでした。

わたしはなぜ「復活の儀」の映像を

二度も見ることになったのでしょう。

b0409627_19425757.jpg
下鴨神社(筆者撮影)

一度目はあまりにも予備知識がなかった

ためによくわからなかった。

けれど二度目は

もう少しだけわかるようになった。

そして

二度も見せていただいたということは、

人々に伝えなければならないからではないかと思った。

その記録を下に書かせていただいた。


わたしはスサノオ命の魂の叫びを

目の当たりにしたとき涙が止まらなかった。

神業師様いわく、

スサノオ命の慟哭により

下着までずぶぬれになるほどの

ゲリラ豪雨が降ったそうだ。

その後スサノオとアマテラスは

和睦されたのだという。

b0409627_15025339.jpg
熊野那智大社(筆者撮影)

スサノオ命が泣き虫なのは、

神話で母恋しさに

泣きわめいているからだと知らされた。

けれどスサノオ命の本当の姿は

すべての罪を背負ってくださった大神様だった。

それなのに日本人は無知ゆえに

乱暴で荒ぶる神とレッテルを貼り、

刷り込まれた情報を鵜呑みにしてきたのです。

b0409627_17082012.jpg
五字神社(筆者撮影)

スサノオ命の本当は

大変勇壮でカリスマ性ある大神様。

こんなにカッコいい神様はほかにいない。

世界一カッコいい神様だと胸を張って言える。

わたしはこの神様が

日本人の親神さまであることを誇りに思う。

自尊心が高められるのを魂で感じることができる。

b0409627_15041526.png
熊野速玉大社(筆者撮影)

あのときわたしは確信したのです。

日本人の自尊心は

スサノオ命の復権なくして取り戻せない。

日本魂はスサノオ命の遺伝子が

発動しなければ復活できないと。

b0409627_18430724.png
熊野本宮大社(筆者撮影)

神業師様はおっしゃいました。

「日本は必ず国難が起きることになっています。

それは北朝鮮のミサイルかもしれません。

その国難をスサノオ命がお救いになられます。

これは筋書で決まっていることなのです。

八岐大蛇を退治した筋書を、

もう一度再現されるのです」

b0409627_15122522.png
熊野本宮大社(筆者撮影)

「スサノオ命の復権は絶対なのです」と。

b0409627_17511682.jpg
御机神社(筆者撮影)うちの実家の氏神様。


スサノオ命を思うと、

魂の奥底から思いがこみ上げてくるのは

何故なのだろう。

なぜか涙があふれそうになるのです。

わたしは

この神様に着せられた汚名を払拭して、

本当はとてもありがたい

わたしたちの親神さまなのです!と、

全力でお伝えしたいのです。

そして


神話を正しく書き直す!!




素戔嗚命様は
和歌(音楽)の神様でもあります。

この曲は「復活の儀」が思い出されて
胸が熱くなります。

いつもありがとうございます。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

一人でも多く日本人が目覚められるようブログを書いています。

更新を通知する

「復活の儀」についてはこちら。



by new-jomon | 2019-11-05 20:41 | ヒーローは人の心を救う | Comments(2)

天皇の統合宣言により裏を開示して参ります。

b0409627_21582733.jpg

天皇陛下御即位のおことばが世界中、

宇宙中に知らされました。


天皇陛下は、

「日本国および

日本国民統合の象徴としての

つとめを果たすことを誓います」

と明確に宣言されました。

b0409627_21580258.jpg

天皇陛下による「統合」が

世界中に向けて宣言されたことにより、

日本に隠されてきた裏を

表に出す必要があると感じ、

以下の記事を書かせていただきました。


この記事の公開後、大変な反響がありました。

日本中の方々が魂レベルでこのことを

思い出されたのだなあと思いました。

そのことによりまして、

もう少し天皇について書かせていただく

必要があるかもしれないと感じています。


日本は世界の雛型です。

日本において天皇陛下が統合を実現される

ということは、

日本が世界を統べることを意味します。

b0409627_18100528.jpg

この日本は

あらゆる宇宙から転生してきた

魂の統合を果たすことにより、

宇宙の因縁を解消させる役割を

持たされてきました。

世界各国の要人を統べる

ということができるのは

日本の天皇ただお一人だけなのです。

それは

天皇陛下が唯一、

世界中の闇を統べるお役目である

ということです。


よって、

歴代天皇のおはたらきもまた

闇を抱合されてきたのです。

天皇は序列の頂点に君臨することにより

世界の支配者層をけん制して

日本を守ってくださっているのです。

この場合、

天皇の真贋を問うことは

あまり意味を為しません。

なぜなら世界の価値観は

序列がすべてだからです。



よって天皇が日本に存在していなければ

とっくにこの国は外国によって

バラバラにされてしまっていたはずなのです。

天皇は世界から国体を護持してくださっているのです。

わたしたちは

天皇のご存在そのものがあってこそ

日本が存在たらしめており、

日本人が守られている

いうことを知らされていません。

知らされているのはスキャンダルばかり。

その意図は?

推して知るべしですね。

「彼ら」の意図にまんまと引っかかっていませんか?


天皇(スメラミコト)とは本来、

日本神界の御意思を

人間界に降ろす役目を担った

皇祖神の血脈を受け継いだ男系男子であり、

直系の長男です。


よって、天皇は霊的なご存在であるのです。


それは、

父方、母方の両家の祖父の魂の分御霊を

受け継いで誕生する男子は

長男だけだからなのです。

ゆえに天皇とは

万世一系の秩序であるのです。

その秩序は、

二代前の天皇の魂の継承であり、

先代の魂とは対極の性質であるのです。

つまり、魂は隔世遺伝ということです。

(詳細はもっと深淵なる秩序があります)

そして傍系は初代となり、

直系の秩序を守ることにより守られるのです。

これは一般人にも当てはめられることであることを申し添えさせていただきます。

万世一系とはDNAの螺旋のごとく

代々魂の性質の陰陽を入れ替えつつ、

超古代より受け継がれてきた

神道奥義を継承する魂の秩序といえるのです。


日本人は皆、

万世一系の血統であるのです。

それが日本人が日本人たる血脈の由縁であり、

神の遺伝子を受け継いだ唯一の民族である証なのです。

このことにつきましては改めて。


さて、天皇のしるしである

三種の神器が高御座にご奉納されていました。

b0409627_21573174.jpg

今年、わたしたちは何度も
三種の神器を目にする機会に恵まれました。



わたしは天皇即位礼正殿の儀に

ついての記事でアテルイのことを書かせていただいたその翌朝、

掃除機をかけているときにキラリと光る

小さな物が落ちていたことに気が付きました。

心当たりがなかったのですが、

拾ってみると小さな小判でした。

何やら刻印がされていました。

b0409627_22151695.jpg

熱田神宮・・・。

わたしはご参拝したことがなかったのですが・・・。

熱田神宮といえば三種の神器のひとつ

天の叢雲の剣。

ということは、スサノオ様?

アテルイを表に出したことにより、

スサノオ様についても

表に出させていただいてよろしいのでしょうか?

わたしは心の中でうかがいました。

・・・そういうことのようです。

そのことにつきましては次回にて。



今回もお目通しいただきましてありがとうございました。

日本中の目覚めのためにブログを書いています。

更新を通知する



by new-jomon | 2019-10-27 23:09 | 世界の作り方 | Comments(4)

即位礼正殿の儀と神々の祝福

b0409627_21580258.jpg

わたしは子どものころから

徳仁天皇のことがなぜか好きでした。

この方がテレビに映っておられると

いつも引きつけられていました。

なぜかそのくせは今も変わらずでして、

皇后さまには目もくれず。(^^;)

御即位を心より祝福させていただきました。

b0409627_21573174.jpg

その一方で小さな御身体に

歴代天皇、

異教徒の御母堂と皇后様の因縁を

一身に背負われたのかと思うと、

言葉が見つかりません。

b0409627_21580258.jpg

「日本国及び日本国民統合の象徴としての

つとめを果たすことを誓います」

初代神武天皇の悲願だった大和平定。

それは大変なご苦労でした。

土着の民族を滅ぼしながら領土を奪う

秩序に逆らった方法論ではありましたが、

その目的は天皇を中心とした

日本列島に住まう土着の民族の統合でした。

b0409627_18111332.png
神武天皇の右下に描かれているのは

宿敵ナガスネヒコの軍勢です。

神武天皇が一度も勝つことができなかった

縄文人のラスボス・ナガスネヒコ。

b0409627_12533296.jpg

再び神武天皇が攻めてきたとき

ナガスネヒコは主君ニギハヤヒの指示を受け、

神武天皇にひのもとの国(古代大和)を譲って

東北に落ち延びアラハバキ族となって

日高見の国造りをしたのでした。
b0409627_16440185.jpg
アラハバキ神は縄文の神。

東北の日高見国は平安時代初期まで

縄文の文化が守られていました。

頭領アテルイの代までは。
b0409627_19513331.png
日本と日高見国は棲み分けていたのですが、

桓武天皇は東北を平定するために

20年以上もアテルイ軍と戦い続け、

一度も勝つことができませんでした。

b0409627_01140248.png

奇しくも、

即位礼正殿の儀が執り行われた

10月22日は平安京遷都の日でした。

平安京は桓武天皇の悲願の遷都でした。

b0409627_02042162.jpg
平安神宮(筆者撮影)

桓武天皇は降伏を申し出たアテルイと

和合を果たすことができず、

坂上田村麻呂からアテルイの助命を

強く懇願されたにもかかわらず

アテルイを処刑してしまわれました。

b0409627_01103151.jpg

そして桓武天皇はアテルイの怨霊を恐れて鬼門に封じたのです。

b0409627_15153454.jpg
アテルイとモレの塚(筆者撮影)

奇しくも、

令和の御代の総理大臣は

アラハバキの神を信仰する

奥州安倍氏の血を引く安倍晋三氏。
b0409627_21551381.png

安倍氏はナガスネヒコの兄アビヒコの子孫だといわれています。

b0409627_15143694.jpg
ナガスネヒコ本拠の碑(筆者撮影)

わたしは下の映像を拝見していて、

桓武天皇とアテルイ、

神武天皇とナガスネヒコが思い浮かび、

胸がいっぱいになりました。

b0409627_21582733.jpg

最後の天皇は

日本国民統合の象徴のつとめを果たされる。

歴史はかつて成し遂げられなかった

和合を果たすために

何度も何度も同じシーンを繰り返してきました。

b0409627_01042769.png
後醍醐天皇

南朝と北朝。

b0409627_01035645.png
楠木正成公

大楠公と藤原氏。

b0409627_01043628.png
『小河ドラマ 楠木正成』より


最後の天皇の御代で悲願の和合を果たされる。

この瞬間は歴代天皇様、

日本神界の神々様、

アラハバキの神々様も

ごらんになっていたはずです。


その祝福のサインとして

儀式の直前に雨がやみ、

太陽の陽ざしが差し込み

皇居を虹で包み込む現象が起きたのでしょう。

わたしは心の底から感動しました。

b0409627_21582733.jpg

さてこれからは日本が試される時です。

災害日本の建て直しは

今上天皇と安倍総理にかかっています。

世界中が日本の復興に注目しています。

どうか神々様のご采配の通りに

政治が為されますように。


今回もお目通しいただきありがとうございました。

日本人の目覚めと復興のためにブログを書いています。

更新を通知する



日本の復興は安倍首相と新天皇にかかっている。

神々の和合。そして新たなる国造りへと。

日本は神々と表と裏の天皇に守られている神の国

天皇とダークサイドに葬られた鬼たち


by new-jomon | 2019-10-23 00:36 | 世界の作り方 | Comments(0)

日本は神々と表と裏の天皇に守られている神の国

b0409627_22304949.png

台風19号による災害が発生しております。

皆さまがお住まいの地域はいかがでしょうか。

避難された方、被災された方には心からお見舞い申し上げます。

b0409627_22304949.png
出雲大神宮 国之常立命御神体(筆者撮影)

このようなとき、

どのような記事を書かせていただいたらよろしいものか…。

わたしが書かせていただけることは、

表と裏の天皇のお役目についてなのかもしれません。

b0409627_09153686.png
出雲大神宮 国之常立命御神体(筆者撮影)

おそれ多くも天皇というご存在について、

その裏方として日本神界を統べる

最高神官の役目をされておられた神業師様と

出会わせていただいたご縁があったこと、

そのおはたらきを知らされた者として、

ブログに書かせていただくことを

どうかお許しくださいませ。

b0409627_17381345.jpg
下鴨神社(筆者撮影)

天皇陛下は神道の最高神官です。

女神様のアマテラス様を皇祖神とされ、

初代天皇が神武天皇であります。

しかしながら日本列島の神は、

アマテラス様とは別系統の神様なのです。

b0409627_19311284.jpg
下鴨神社 糺の森(筆者撮影)

日本列島を歴代国造りしてこられた神様は、

後にアマテラス様にこの国をお譲りされたのです。

b0409627_12450252.jpg
天照皇大神様


日本には日本国土を国造りされた古い神様と、

後から来られた神様がいらっしゃいます。

これは宇宙の計画によりそうなったのです。

もちろんご同意の上です。

b0409627_15503464.jpg
上賀茂神社(筆者撮影)

神とはシステムのことです。

古い神様は自然のしくみに沿ったシステム。

後から来た神様はその逆のシステムです。

この相反する神々の和合がこの地球の課題でした。

b0409627_15481215.jpg
上賀茂神社(筆者撮影)

この日本列島は神様の御神体です。

人間の悪想念、悪行、悪言葉によって穢れると、

自然の神が穢れを祓い清めようとはたらかれます。

それが自然災害です。

b0409627_00355961.jpg
奈良県天川村洞川(筆者撮影)

人間にとって災害は大変な困難をもたらします。

災害を抑えるために

日本全国の神々を鎮めるお役目の方が

天皇の補佐役として日本国建国以来

歴代存在しておられます。

b0409627_20435638.jpeg
大阪府交野市天野川(筆者撮影)


神話では神武天皇の初代の補佐役として、

ニギハヤヒの息子・ウマシマジが、

b0409627_10034939.png
石切神社 ウマシマジ命(筆者撮影)

第十代崇神天皇の御代ではオオタタネコが

天皇になり代わり御神事を務めて来られました。

b0409627_12313441.jpg
大神神社 オオタタネコ神社(筆者撮影)

本来天皇は祭祀を司る最高神官ではありますが、

古い神の系統の子孫ではありませんので、

血統違いで鎮めることができません。

よって、

天皇の裏方として祭祀を担う

古い神の系統の血筋の方が

日本の災害を鎮めて来られたのです。

b0409627_01351266.png
天橋立(筆者撮影)


古い神とは縄文の神です。

大地、空気、雨、風、岩、荒、

地震などの自然の神々です。

b0409627_12244494.jpg

大神神社(筆者撮影)

日本では縄文文明の叡智を受け継いだ

血筋の方が古代祭祀一族として、

文明の拠点を移動しながら

叡智を守ってこられました。

b0409627_00041628.jpg
日下貝塚(筆者撮影)


世界を席巻した縄文文明を終えた後、

文明の拠点の移動とともに渡来され、

次の文明の拠点となる日本に帰って来られました。

中国から渡ってきた徐福伝説と関わりがあるようです。

b0409627_20092622.jpg
和歌山県熊野川(筆者撮影)


彼ら秦氏は奈良県十津川村に渡って来て

八咫烏として神武天皇の先導役を担い、

その後京都の太秦に拠点を置いたのです。

b0409627_01422866.png
熊野本宮大社(筆者撮影)


神業師様は日本各地の神様に呼ばれて

日本中を車で移動されておられました。

日本だけにとどまらず、

イスラエルやイースター島などの外国に

渡って御神事をされてこられたのです。

不思議なこともあり、

とある土地は神業師様が来られたら

地震が起きるという現象が何度もあったそうです。

b0409627_01291064.jpg
八ツ房杉(筆者撮影)


あろうことか、

そこの土地の神様は

大変強力な神様なのですが、

お鎮まりになっていた井戸

土地の造成工事によって

埋められてしまっていたそうです。

そのため神業師様が来られるたびに

地震が起きていたようです。

古い神様はこのように、

人間の無知な行為により

封じられてしまっていたのです。

b0409627_20553844.jpeg
磐船の滝(筆者撮影)


また、3.11についてもお話されていました。

あの巨大地震は人工地震説がありますが、

それは話半分であると仰せでした。

b0409627_02043683.png
大祓詞

そのことよりも、神業師様は

あの大災害を抑えきれなかったことを

大変悔やまれておられました。

・・・

あの地震が人工地震でないのなら、

人間のエゴが引き起こした結果として

わたしたちが受け止めなければならないのです。

b0409627_02044903.png
大祓詞

なのに日本人は我良しになり、

自分のエゴさえも無知のまま

何知らぬ顔で自分のエゴを棚に上げ、

誰かのせいにして論じているだけなんです。

b0409627_12335884.jpg
大神神社(筆者撮影)

それなのに神業師様は

日本を守り切れなかった責任を

たったお一人で感じておられたのです。

そのお役目を誰にも知られないままに。

b0409627_23123498.jpg
磐船神社(筆者撮影)

そんな日本人のエゴもひっくるめて

この国を守ってくださっている方が

いらっしゃることも知らずに

日本人は性根まで変わり切ってしまいました。

こんなに変わり切ってしまった日本人は

縄文の古い神様とは決して同調することはできません。

b0409627_01013253.jpg
六甲比命大善神(筆者撮影)

戦後はさらに天皇陛下が外国に取り込まれてしまい、

御神事をなさらなくなってしまいました。

天皇陛下が御神事をされないのですから、

その分神業師様は本当に大変だったのです。

b0409627_15554226.jpg
淀川(筆者撮影)

日本神界の神々様は神業師様を

天皇以上のはたらきをしておられると

太鼓判を押しておられました。

この世界は逆さまなので

神様に認められる方ほど世間では

まったく知られることはないのです。

b0409627_12275189.jpg
大神神社(筆者撮影)

それどころか、

日本を滅ぼしたい勢力から攻撃を受けて

肉体もかなりダメージを受けて来られました。

普通の人ならとっくに気が狂っています。

そして

そのお役目を放棄してしまっていたでしょう。

b0409627_00320603.jpg
大神神社(筆者撮影)

それでも平成が終わるまで

そのお役目を務めて来られたのです。

なぜならこの方は

王たる器の魂を持たれた方だからです。

因縁と申し上げたらそれまでですが、

王となってはその背負われる因縁も

格別だということです。

b0409627_01052044.jpg
石切神社(筆者撮影)

わたしたち一般人は凡人で幸せなのです。

けれど王たる器を持たされた方は

国を守らなければならない責任を

背負っておられるのです。

b0409627_15005851.jpg
龍の口霊泉(筆者撮影)


神業師様は、

「新天皇は大変熱心に御神事をなさる方です。

これでわたしも楽をさせていただけます」

と仰せでした。

b0409627_00254936.jpeg
赤目四十八滝 不動滝(筆者撮影)

徳仁(なるひと)天皇は、

大学時代から水をテーマに

世界の水に関わる様々な問題に

取り組んでこられた希代の天皇です。

b0409627_20045631.jpg
『水運史から世界の水へ』徳仁親王


やはり最後の天皇になられる方は、

歴代天皇の因縁を背負われて

ご誕生になられた方だったのだと

わたしは心から思いました。

b0409627_02341883.jpg
枚岡公園(筆者撮影)

わたしは子どものころから徳仁天皇がなぜか好きだったのです。

b0409627_15090508.png
八大龍王神社(筆者撮影)

徳仁天皇は歴代天皇がもっとも封じて来られた水の神を、

ご公務として正面から取り組んでこられたのです。

b0409627_18082307.jpg
今城古墳(筆者撮影)

徳仁天皇は当然ながら大変霊能力が高い御方です。

この国のために日々御神事に務めてくださっています。

b0409627_01224992.jpg
磐船神社(筆者撮影)

ちまたでは天皇にまつわる

様々な意見が飛び交っていますが、

それは我が国を分裂させたい意図が

隠れていることを見抜かなければなりません。

日本を滅ぼしたい意識は天皇を利用してまで

神国日本の秩序を乱してバラバラにしたいのです。

そのため日の丸と『君が代』は封じられてきたのです。

b0409627_19371661.jpg
下鴨神社(筆者撮影)


日本人は砂粒がひとつの岩となって

修理固成することが神様の教えにあります。

それが我が国の祝詞『君が代』なのです。

日の丸は太陽神です。

太陽神の化身である白蛇さんの赤いお目目でもあります。

b0409627_15490834.jpg
上賀茂神社(筆者撮影)


被災された方は心身共に大変疲弊されていて、

心の余裕が持てないかもしれませんが、

守護霊さん守護神さんは常に守ってくださっています。

もしも苦しいときは素直に人を頼ればいいのです。

いちばん頼りになるのはやっぱり人です。

助けられることは助けること。

助けることは助けられること。

困ったときはお互いさまなのですから。

b0409627_12435794.jpg
大神神社(筆者撮影)

どん底の困難に遭った人ほど、

輪廻の輪から脱することができるのです。

神一厘のしくみはそうなっているのです。

日本人はこれからどんどん

祓い清められて目覚めていきます。

b0409627_01405833.jpg
音楽の世界で御神業をなさっておられる方がいらっしゃいます。

瀬戸龍介さまはスサノオ命が降りて来られた楽曲を創作されています。

みなさまの魂を目覚めさせてくださいます。



このような美しい音楽を生み出してくださることに心から感謝です。



今回も最後までお目通しいただきありがとうございました。

日本はかならず復活します。

更新を通知する



by new-jomon | 2019-10-13 00:17 | 世界の作り方 | Comments(2)

不動明王と夫婦善哉。

b0409627_12325576.jpeg



大阪人のわたしにとって

お不動さんといえば、

「水かけ不動尊」

大阪人なら知らない人はいない!はず。

思い立ったらすぐに会いたくなって行ってきました。


鬼は神。不動明王は瀬織津姫だった!①
鬼は女神。般若は瀬織津姫だった!②
ニギハヤヒと瀬織津姫に仕掛けられた呪詛


今回はその続きです。

b0409627_11551822.jpeg
大阪 道頓堀(筆者撮影)


久しぶりの都会。

道頓堀は外国人がうようよ。

見えない存在もきっとうようよ。


b0409627_11555539.jpeg
大阪 道頓堀(筆者撮影)


独身時代は刺激を求めて赤い灯青い灯。


お酒はめっぽう弱いのに


北新地でアルバイトしてましてん。

学生から就職してからも


本町から新地へ走ってアルバイト。


かっぽう着来て「いらっしゃいませ~」


せっせと学費を稼ぐため。


帰りはいつも最終電車。


どこへ行っても恥ずかしくないようにと


6年間、新地のママに鍛えられた。


姑さんに仕えて40年、商売歴35年の

新地のママは河内人。

いろいろ仕込んでもらった

ああなつかしの20代。


なんと嫁いだ相手には両親親戚京都人。

河内と京都は相容れない。

それでもうまくやっていく。

やっていったらつながった。

アラハバキの神様に。


b0409627_11562537.jpeg
大阪 道頓堀(筆者撮影)


ほら見ぃや。

日本人は日輪様を背負ってるんやで。

そこんとこ、よう見とかなあかんで~。

b0409627_23540552.jpg
大阪 道頓堀(筆者撮影)


どや!?

b0409627_11572058.jpeg
大阪 道頓堀(筆者撮影)


これが大阪のどぎつい看板やで!

立体看板は看板職人の最高峰の作品なんやで。

b0409627_11574656.jpeg
大阪 道頓堀(筆者撮影)


京都の人は「えげつないわあ」言うて、嫌がらはるけどな。

これ以上ない「おもてなし」なんやで。

「お客はん、ここでっせ!」ってすぐにわかるやろ。

大阪商人の心意気見ておくれやっしゃ!


京都はお上品やさかい


看板もあらへんし何屋さんかもわからへん。

「いちげんさんはおことわり」なんどすなあ!

b0409627_11581721.jpeg
大阪 道頓堀(筆者撮影)


粉モンいうたら、タコ焼きにお好み焼き。

大阪は家にタコ焼き器が必ずあるっていうけど、ホンマやで。

粉モンを主食にするのもホンマやで。


京都人の姑に唯一褒めてもらった「お好み焼き」


「あんたの粉モンだけはおいしいわ」(笑)

b0409627_12350320.jpeg
大阪 道頓堀(筆者撮影)


てんこもりにしてこのお値段!

大阪は美味しくお安く親切に


これがお客様へのおもてなし。


それで味にはうるさいねん。


基本ソースは甘口なんやで。

b0409627_11585816.jpeg
法善寺横丁(筆者撮影)

法善寺横丁いうたら情緒あふれる石畳。

昭和の風情が今もなお。

b0409627_12000242.jpeg
法善寺横丁(筆者撮影)

法善寺横丁いうたら『夫婦善哉』


『夫婦善哉』

作詞:吉岡治

浮草ぐらしと あなたが笑う

肩に舞うよな 露地しぐれ

なにもなくても こころは錦

ついてゆきます… 夫婦善哉

あなたの背中が 道しるべ

他人(ひと)には見えない 亭主(おとこ)の値打ち

惚れた女にゃ よく見える

寒い夜には 相合い酒で


憂き世七坂… 夫婦善哉

今日も可愛い 馬鹿になる

ないないづくしも 才覚ひとつ

辛抱がまんの 花が咲く

旅は道連れ 夫婦(めおと)は情け

なにがあっても…夫婦善哉

笑顔千両で 生きていく



ええ歌や・・・。

b0409627_12333096.jpeg
法善寺横丁(筆者撮影)


「夫婦善哉」は、一人前を夫婦に見立てて

仲良う二椀に分けていただくぜんざいなんやで。

これ、


「夫婦が苦楽を分かち合うて

仲良う生きていくんやで、

嫁は信じた主人について行くんやで、

亭主は惚れた女房を守っていくんやで、


夫婦はふたりそろって一人前。


今もむかしも


これがホンマの幸せの道なんやで」って、


いうことなんやで。


b0409627_12010091.jpeg
水掛不動尊(筆者撮影)


法善寺横丁いうたら「水かけ不動さん」

ミナミに来たら一度はお参りしておいで。


b0409627_12305958.jpeg
水掛不動尊(筆者撮影)


誰か知らぬが、

お不動さんに水をかけはじめた。

それがいつのまにかみんなが水かけ、苔むした。

ここのお水は井戸水で、

甕の水が空になったら


井戸水を汲んで足すようになっている。

みんな本当は覚えてる。

この神様のほんとうを。


b0409627_12315767.jpeg
水掛不動尊(筆者撮影)


紅蓮の炎を背にまとい、

苔むす姿に思いをはせる。

そのほんとうのお姿を、

今知る者は誰もいない。

けれど不動明王さんは、

水の神様

水神様

あなたさまのほんとうは、

悪を許さぬ強い神。

悪の濡れ衣着せられた

忠臣トミビコナガスネヒコ。

かの名を消され忌まわれし

その強き神の正体は

夫を守りし瀬織津姫

「主神(しゅじん)のためなら隠れましょう」

いつかわたしを思い出し

ひのもと主神と目覚めれば

長らく続いた闇は消え

まことの日の出 拝めましょう


辛抱がまんは女の強さ。


「女にうまれ、女を務める」


不動は婦道。女子(おなご)道。


婦道明王ここにあり。

b0409627_12315767.jpeg
水掛不動尊(筆者撮影)


かの強き神を封じつつ、

その神威を独占してきた

筆頭業種は不動産。

不動産とは土地の神。

艮金神 アラハバキ。

隠れた神が復活し、

不動が婦道と目覚めたら、

不動の地位は覆る。

グレンとひっくり返される。

不動産をせしめてた

ならず者は祓われる。

積み穢れは祓われる。

b0409627_12325576.jpeg

水掛不動尊(筆者撮影)

不動明王は大日如来の化身なら、


その正体は瀬織津姫。

b0409627_12321788.jpeg
水掛不動尊(筆者撮影)


金毘羅天王の御本尊。


その正体は大物主ニギハヤヒ。


名を隠された夫婦神。

人も神も夫婦善哉。

名を消されても夫婦善哉。


b0409627_12010091.jpeg
水掛不動尊(筆者撮影)


暗号仕掛けで隠された


神はいつもここにいる

気づかないのは人間たち

けれど本当は覚えてる

仕掛けを見抜けば神開き。

曇りなき眼で見定めて

はた、と気づけば清々し。

あな清々しひふみよい。


神が仕掛けた


ひふみのしくみ



次回に続きます。

今回も最後までお読み下さりありがとうございました。

更新を通知する


by new-jomon | 2019-09-14 14:25 | 神々の世界を蘇らせる | Comments(0)

③嫉妬の正体は「フヒトの仕組み」だった!

b0409627_21065889.jpg


「記紀は呪詛」


これはわたしが畳の上に寝っ転がっていた時に降りて来た言葉でした。

そして昨日、仕事を終えて自転車に乗ろうとしていたときに降りてきた言葉がこれでした。


「ふひとのしくみ」


目が覚めるような思いになりました。

フヒトの仕組み?

それが日本の呪詛だった・・・!?


「ふひと」といえば「ふじわらのふひと」。気になったので「藤原不比等」と調べてみましたら「不比等」とともに「史」と言う字が出てきました。藤原不比等さんは


藤原史(フヒト)


とも書くとのことです。(゚д゚)! 気になったので「ふひと(史)」を辞書で調べました。


史(ふひと/ふみひと)とは、

古代の日本において文筆や記録の職務にあたった渡来人系の官人組織。



なんと、藤原不比等さんの御名前は本名ではなく役職名だったようです。ということは、フジワラのフヒトさんは渡来人で記紀編纂者としてのおはたらきをなさった人だったのです。

『記紀は呪詛~天皇誕生物語~』

監督・脚本

藤原史

出演

神武天皇:天武天皇。

アマテラス:持統天皇。

ナガスネヒコ:瀬織津姫。

ニギハヤヒ:饒速日命。

b0409627_18111332.png

テーマ

=新しき世は神から人へ=

我が国に新たな王が誕生した。

神になり代わりこの国を統治する初代日本の王。

それは天皇。

これからは外国の最先端の文明を取り入れ、

外国に負けない先進国になるのである!

8世紀からの建国物語のはじまりはじまり~。


さて、ニギハヤヒの方法論とは正反対の方法論で国の運営がはじまりました。まずは国家事業計画書を書かなければなりません。701年に大宝律令が制定されましたが、時の天皇は持統天皇。もちろんフヒト先生が「大宝律令」に関わりました。

そして、国家事業の方法論を確立するには、日本がどのようにして創られたのかという歴史書が必要です。それが記紀です。

記紀は天武天皇の代に編纂を命じられたとされていますが、天武天皇はまもなく崩御され、歴史書を目にされることはありませんでした。

b0409627_17062073.png
『よみがえる藤原京』より

「大宝律令」は701年に持統天皇に献上されました。

『古事記』で712年に元明天皇に献上され、『日本書紀』は720年に元正天皇に献上されました。

いずれの天皇も女帝です。天皇だった夫が亡くなったから皇后が天皇になったのですから未亡人です。

さあて、女帝のフィクサーはだあれ?

b0409627_15075395.png


有名無力、無名有力。


これは古代中国の教えであり、昭和の黒幕・安岡正篤(まさひろ)先生のモットーでした。

b0409627_11393686.png

そして飛鳥時代の黒幕・藤原不比等先生もそれをモットーにしていたのでしょう。フヒトさんに思いを馳せるとなぜかどうしてか安岡先生のご存在が浮かび上がってくるのです。安岡先生は天才でした。フヒト先生もまちがいなく天才だったと思うのです。ただ、同じ天才であっても安岡先生と違っていたのは正反対の方法論で国を動かした方だったということです。

b0409627_01273739.jpg
善根寺春日神社(筆者撮影)

天武・持統天皇夫妻は日本の神話に登場する神のモデル像になった天皇です。


物語というのは、何を書いても許されるのです。小説家は殺人事件をいくら書いても逮捕されません。小説がベストセラーになれば映画化され、架空の人物が実在性を帯びてきます。シリーズ化が何十年も続いたら、キャラたちは人々の集合意識によって完全に生きた存在となります。そして原作者が死んでも作品は半永久的に語り継がれ、何百年も人々の記憶の中でキャラクターは生き続けるのです。


思いが先、現実化は後。


この原理を知っていたら、日本を思いのままに動かすことができる。このことをフヒト先生は当然ご存知だった。

b0409627_14424168.png
『よみがえる藤原京』より

『大宝律令』は唐の律令制度を倣って日本に初めて導入された、天皇を頂点とする政治体系です。唐の文化を取り入れた法律と、初代天皇を誕生させた歴史書との両輪で天皇の存在を絶対的地位に位置づけたのですから、国家事業計画は万全です。そして都は唐にならって作られた「藤原京」でした。

b0409627_23433551.png
『よみがえる藤原京』より

そういえば、藤原史さんの娘が藤原宮子。藤原宮。藤原フヒト先生は、持統天皇の孫・文武天皇と自分の娘を結婚させることをずっとお望みだったのでしょう。そしてその暁には、藤原姓を名付けた首都を造成することを夢見ておられた。

b0409627_22055922.png
『よみがえる藤原京』より

これまでの天皇は皇統を維持するために皇族の中から妃が選ばれていたのですが、藤原宮子は日本ではじめて皇族以外から天皇の后になりました。それは天皇が外国人と結婚したということでした。

b0409627_22084452.png

『ファジョン』より

故国を失って渡来してきた藤原氏は、こうして絶対的な地位を確立することに成功したのです。

b0409627_22094089.png
『ファジョン』より

藤原宮子の夫は文武天皇。持統天皇の孫です。フヒト先生は造成した都を藤原氏のものにすることを目論んで娘を「藤原宮子」と名付けて皇后にさせた。さすが天才!

b0409627_19002547.jpg
首都:藤原宮

b0409627_18585162.jpg
藤原宮跡(筆者撮影)

b0409627_00451784.jpg

藤原宮跡(筆者撮影)

b0409627_00491339.jpg
『藤原宮跡』(筆者撮影)

文武天皇と藤原宮子との間に生まれたのが、聖武天皇でした。フヒト先生が亡くなった後に即位されました。中臣鎌足ー藤原史ー藤原宮子ー聖武天皇。藤原氏は三代目にして悲願の天皇の血脈に絡みついたのです。この天皇が藤原氏の血を引くはじめての天皇の誕生となりました。さあ、フヒト先生のかわいい孫が天皇になりましたよ! 


藤原氏による外戚政治のはじまりはじまり~。

b0409627_22150282.png
『よみがえる藤原京』より

『大宝律令』も『古事記』『日本書紀』も献上したのが女帝です。持統天皇は実権を握った女帝だといわれていますが、実際は最高責任者にすべてフヒト先生が関わっていた可能性は絶大です。

b0409627_00491339.jpg
藤原宮跡(筆者撮影)

四代目女帝・持統天皇 

701年『大宝律令』


五代目女帝・元明天皇 

712年『古事記』


六代目女帝・元正天皇 

720年『日本書紀』


編纂者

藤原史(不比等)

(720年没)


唐の律令制度にならって王を頂点とする仕組みを日本に取り入れたのが『大宝律令』でした。これにより土地も人もすべて天皇の所有物になりました。初代天皇誕生の物語を書くことによって、天皇の存在と地位を明確にすることができます。そうすれば、天皇を頂点とした政治を正当化し、これまで古代豪族が取り決めて来たまつりごと一切とは違うシステムを立ち上げることができる。

b0409627_22162375.png
『ファジョン』より

そして天皇の血脈に絡みつけば末代まで地位と名誉が保障される。故国で成し遂げられなかった王の座を得、その血縁者である藤原一族が要職を牛耳ることができればこの国をほしいままに動かすことができる。

b0409627_01043628.png
『小河ドラマ - 楠木正成』より。

フヒト先生、初代藤原氏なんですよ。さすがです。初代や創業者となれる方は、やはり偉大なんです。器が大きくなければ後世まで名を残すほどの偉業を為すことはできません。初代藤原氏は天皇の側近として国を裏から動かす確固たる座を得、後世にわたって栄える藤原時代の道筋を切り開いたのでした。


ただ、安岡先生と同様、天皇の側近であってもその方法論は正反対だったのが大きな違いです。ここが重要なポイントなのです。

b0409627_18352414.jpg
「終戦の詔勅」

安岡先生は宇宙の仕組みに沿った方法論で昭和天皇の「終戦の詔勅」を書かれました。

【ニギハヤヒ命】に導かれて②「終戦の玉音放送」の原稿を書いた昭和の裏天皇。

フヒト先生は宇宙の仕組みに逆らった方法論で「大宝律令」と「記紀神話」を編纂されました。

b0409627_21065889.jpg
『日本書紀』

ではなぜ、フヒト先生は宇宙の仕組みに逆らった方法論を採用されたのでしょう。本来天皇とは神の意思を降ろす役目を担う血筋の男系男子。この国は神国なので、人の意思よりも神の意思を尊重して国を動かしてきました。仏教が入ってくるまでは。

b0409627_23032417.jpg
勝軍寺(筆者撮影)

b0409627_23110796.jpg
勝軍寺(筆者撮影)

藤原氏は7世紀後期の渡来人。彼らがこの国で生き延びるために、故国のシステムをこの国で確立させて絶対的地位を得ることを第一に考えました。外国人である彼らは天皇になることは絶対にできません。しかし天皇を利用すればこの国を意のままに動かすことができる。

天皇を利用するためには、女帝を立てれば自分が側近として政治に関わることができる。

そもそも天皇の仕事はご神事です。神様のご意思を世に降ろし、地上天国を実現させることが天皇の役目。神国日本は神の国。

天才フヒトは考えました。神の世界を書き替えれば人の手による政治が実現できるのではないかと。


b0409627_01334166.jpg
「天の岩戸開き神話」

もともとこの国にいた古い神を封じて新たな神を最高神にすれば新たな国としてスタートさせることができる。神事宗源の神を中臣氏の始祖とすれば、神の世界を動かすことができる。

b0409627_15534045.jpg
枚岡神社(筆者撮影)

そのためには神話を改ざんすれば思いのままだ。こんなところでしょうか。

b0409627_17082012.jpg
五字神社(筆者撮影)

神話は二元性の対立が物語のテーマになっています。生と死、男と女、海と山、天と地。

本来はそれぞれ一対でひとつなのです。もともと夫婦だった神々は夫婦でおはたらきになることにより、国を生むことができた。けれども片割れが死んでしまい、夫婦が別れ別れになってしまいました。

b0409627_15551299.jpg
イザナギ・イザナミ命。国を産み給う図。


国産みのイザナミが死んだのは火の神を産んだときにやけどをしたから。その火の神をイザナギが殺すのです。火の神はニギハヤヒでもあります。そのときイザナミは苦しみながらおしっこをするのです。それが水の神「みつはのめ」です。水の神様がおしっこだなんて・・・。水の神は縄文女神の瀬織津姫です。このとおり『日本書紀』では最初から火と水の神は尊厳を侵されていたのです。

b0409627_18351673.png
籠神社(筆者撮影)

b0409627_00005650.png
石切神社(筆者撮影)

b0409627_00431922.jpg
建水分神社(筆者撮影)

そしてイザナミは死んで黄泉の国へ行ってしまわれました。イザナギは黄泉の国でイザナミを見てしまい、魑魅魍魎の姿になってしまいました。国産み神産みという重要な女神がとんでもない姿にされています。しかも妻は夫に


「わたしの姿を見てしまったこの恨み、

あなたの国の子どもを毎日1,000人殺して復讐してやりましょう」


と、神様なのに日本人を大量殺人宣言されるのです。恨みという感情はどうも日本人には共感が得られない。そして恨みには復讐する行動様式がともなっています。記紀神話は日本人が書いたものではありません。この国は渡来人が基点をつくったために、現在も外国帰化人が法律を作っているという因縁がある。日本人から奪い続ける仕組みをつくりつづけているのです。


嫉妬がこの国を動かして来た。

ふひとのしくみで。


この国を根本から建て直すためには日本人の手で神話を書き直さなければならないのです。



現在から神話時代を書き直す。


そしてこの国の集合意識を再構築する。



これがわたしが直観を得て何度も神武東征古戦場に導かれたことでわかったことだったのです。


科学、医学、教育、政治、金融などすべてが理論によって体系づけられています。そのしくみどおりに発展させてきた現在、どの分野も八方ふさがりになってしまいました。それは、すべての理論が宇宙の回転方向と逆向きの方法論だからです。


なぜこの国でもっとも封印された女神が瀬織津姫だったのか。それはセオリーの神だから。セオリーとは理論。理論とは道理であり秩序であり法則。宇宙の法則に逆らったしくみをこの日本に持ち込むためには、セオリーの神を封じておかなければならなかったから。

b0409627_02043683.png
「大祓の詞」より


けれどもう瀬織津姫は復活されました。ということは、わたしたちはこれから宇宙のしくみどおりに生きてゆかなければ存在ごと祓われてしまいます。

b0409627_02044903.png
「大祓の詞」より

宇宙の回転方向に逆らうことは悪仕組み。わたしたちは神仕組みの世を体験をしたあと、悪仕組みの世を体験してきました。どちらも体験してみてどちらがよいかがわかる。宇宙は壮大な計画でこの地球を実験の場として作られました。日本人は被験者だったのです。神の遺伝子が埋め込まれた太陽の民族としてどのように生きてどのように国をつくっていくのかが試されていたというわけです。

b0409627_17413981.jpg
善根寺春日神社(筆者撮影)

b0409627_11134441.png
善根寺春日神社(筆者撮影)

藤のつるは右回転。

樹齢は1,000年。

花言葉は「決して離れない」

藤のつるに絡みつかれた木は必ず枯れると言われています。


b0409627_14025390.jpg
枚岡神社(筆者撮影)


日本史は藤原史だった。

b0409627_18111332.png




『日月神示』


碧玉の巻


第十帖



 岩戸しめの始めは


ナギ(伊邪那岐命)


ナミ(伊邪那美命)の


命の時であるぞ、


ナミの神が火の神を生んで


黄泉国に入られたのが、


そもそもであるぞ、


十の卵を八つ生んで


二つ残して行かれたのであるぞ、


十二の卵を十生んだことにも


なるのであるぞ、


五つの卵を四つ生んだとも


言へるのであるぞ、


総て神界のこと、


霊界のことは、


現界から見れば


妙なことであるなれど、


それでちゃんと


道にはまってゐるのであるぞ。


一ヒネリしてあるのぢゃ、


天と地との間に


大きレンズがあると思へば


段々に判りてくるぞ。


夫神、


妻神、


別れ別れになったから、


一方的となったから、


岩戸がしめられたのである道理、


判るであろうがな。


その後、


独り神となられた夫神が


三神をはじめ、


色々なものを


お生みになったのであるが、


それが一方的であることは


申す迄もないことであろう、


妻神も同様、


黄泉大神となられて、


黄泉国の総てを


生み育て給ふたのであるぞ、


この夫婦神が、


時めぐり来て、


千引の岩戸をひらかれて


相抱き給う時節


来たのであるぞ、


うれしうれしの時代と


なって来たのであるぞ。


同じ名の神が到るところに


現はれて来るのざぞ、


名は同じでも、


はたらきは逆なのであるぞ、


この二つがそろうて、


三つとなるのぞ、


三が道ぞと


知らせてあろうがな。


時来たりなば


この千引の岩戸を倶にひらかんと


申してあろうがな。


次の岩戸しめは


天照大神の時ぞ、


大神はまだ岩戸の中に


ましますのぞ、


ダマシタ岩戸からは


ダマシタ神がお出ましぞと


知らせてあろう。


いよいよとなって


マコトの天照大神、


天照皇大神、


日の大神、


揃ふてお出まし


近うなって来たぞ。


次の岩戸しめは


素盞鳴命に


総ての罪をきせて


ネの国に


追ひやった時であるぞ、


素盞鳴命は


天下(あめがした)を治しめす


御役(おんやく)の神であるぞ。


天ヶ下(あめがした)


重きもののつもりて


固まりたものであるから


ツミと見へるのであって、


よろづの天の神々が積もる


(と言ふ)ツミ(積)


よく理解せずして


罪神と誤って了ったので、


これが正しく


岩戸しめであったぞ、


(みこと)をアラブル神なりと


申して伝へてゐるなれど、


アラブル神とは


粗暴な神ではないぞ、


あばれ廻り、


こわし廻る神ではないぞ、


アラフル(現生る)神であるぞ、


天ヶ下、


大国土を守り育て給う


神であるぞ、


取違ひしてゐて


申しわけあるまいがな。


このことよく理解出来ねば、


今度の大峠は越せんぞ。


絶対の御力を発揮し給ふ、


ナギ、ナミ両神が、


天ヶ下を治らす


御役目を命じられて


お生みなされた


尊き御神であるぞ。


素盞鳴の命にも


二通りあるぞ、


一神で生み給へる御神と、


夫婦呼吸を合せて


生み給へる御神と


二通りあるぞ、


間違へてはならんことぞ。


神武天皇の岩戸しめは、


御自ら人皇を名乗り給ふより


他に道なき迄の御働きを


なされたからであるぞ。


神の世から人の世への


移り変りの事柄を、


一応、


岩戸にかくして


神ヤマトイハレ彦命として、


人皇として


立たれたのであるから、


大きな岩戸しめの一つであるぞ。


仏教の渡来までは、


わずかながらも


マコトの神道の光が


さしてゐたのであるなれど、


仏教と共に仏魔わたり来て


完全に岩戸がしめられて、


クラヤミの世と


なったのであるぞ、


その後はもう


乱れほうだい、


やりほうだいの世と


なったのであるぞ、


これが五度目の


大き岩戸しめであるぞ。



日本には古来より秩序の乱れを戒める教訓があります。


「ならぬことはならぬのです」



今回も最後までお読みくださりありがとうございました。

お気に入りにいれていただけましたらうれしいです。

更新を通知する


令和のはじまりとともに眠っている魂をゆさぶるためにこのブログを書いています。

感謝。



by new-jomon | 2019-08-22 18:52 | 世界の作り方 | Comments(0)

表と裏の天皇はひとつ。表の天皇がアメリカに懐柔されてしまったことが敗戦の原因だった。

b0409627_23002931.jpg

天皇には表と裏があります。

前回は昭和天皇の裏ではたらかれた安岡正篤(まさひろ)先生についての記事を書かせていただきました。

表と裏は両方そろってひとつなので、今回は昭和天皇の見解をアップさせていただきます。なお、この記事と前回記事はセットとしてご一読いただけますようお願いいたします。

(前回記事)



では今一度、曇りなき眼でご一読いただけますようお願いいたします。



『ホイットニー文書

この文書は、

昭和天皇ヒロヒトが

占領軍司令部に対し表明した見解の

要約が全編にわたり記された、

「極秘」扱いの、

英文三頁以上にわたるメモランダムである。

1946年4月から6月の間に、

東京駐在の国務省員によって作成され、

マッカーサーの腹心であった

コートニー・ホイットニーの

私物として保管された後、

1970年代前半に

ヴァージニア州ノーフォークの

マッカーサー記念に寄贈され、

1978年に機密解除されている。


資料名
General Whitney to C-in-C, dated 24 April 1946
年月日
24 April 1946
資料番号
GHQ/SCA 民政局文書 GHQ/SCAP Records Government Section;
Box No. 2225
所蔵
国立国会図書館
原所蔵
米国国立公文書館




『ホイットニー文書』



「二、三週間前に


占領が長く続くべきであるとの


希望を述べた根拠を説明したい。


日本人の心には


未だ封建制の残滓が


多く残っており、


それを根こそぎにするには


長い時間がかかるだろうと


感じている。


日本人は全体として、


自己の民主化に必要な


教育に欠けており、


さらに


真の宗教心にも欠けており、


そのため


一方の極端から


他方の極端へと揺れやすい。


日本人の封建的特徴の一つは、


進んで人に従おうとする性格にあり、


日本人はアメリカ人のように、


自分で考える訓練を


受けていない。


徳川政権は、


民は指導者に従うべきであり、


そのため忠誠心以外は


いかなる道理も


与えられてはならない、


という論理のうえに


築かれていた。


かくして、


平均的な日本人は、


自分で考えることにおいて


昔からの障害に直面している。


かなり闇雲に従うという


本能によって、


現在、日本人は


アメリカ的な考えを


受け容れようと


熱心に努力しているが、


例えば


労働者の状況を見れば、


彼らは自分本位に


権利ばかりに注意を集中し、


本分と義務について


考えていない。


この理由は、ある程度、


長年の日本人の


思考と態度における


氏族性に求められる。


日本人が


藩に分割されていた時代は、


完全には終っていない。


平均的日本人は、


自分の親戚は


その利益を


追求すべき友人とみなし、


他の人間は


の利益を


考慮するに値しない


敵と考えている。


日本人の間には


宗教心が欠如している。


私は


神道を宗教とは考えていない。


それは儀式に過ぎず、


合衆国では


甚だ過大評価されてきたと


考えている。


しかし、


たいていの神道信者は


超保守的で、


彼らと神道と超国家主義を


一視していた復員兵と


その他の者は、


しっかりと結びつく傾向を


持っているので、


依然として危険な面がある。


政府は、


信教の自由に関する命令を


厳守する立場にあり、


現在彼らを取り締まる手段を


持っていないために、


こうした状況は危険だ。


神道を奉じる分子と


その同調者は反米的なので


警戒を要すると考えている。


以上のようなことから、


私は


今は日本人のもつ


美点を述べている場合ではなく、


むしろ


その欠点を考える時だと


感じている。


私は、


マッカーサー元帥と


元帥の行っていることに


たいへん大きな感銘を受けている。


また、


対日理事会における


アメリカの態度に


とても感謝し、


それが安定効果を持つと


感じている。


しかし私は今、


この国の労働状況を


かなり憂慮している。


日本の労働者は、


物事を真似する事において、


義務を等閑にして


自分の権利を


利己的に追求しやすく、


米国のストライキから


有害な影響を受けるので、


米国の炭坑ストが


速やかに解決するよう


希望している。


(以下省略) 」





この文章を読まれてどのように感じられましたでしょうか。わたしは、なるほどなあ~~と思いました。


「日本人の封建的特徴の一つは、進んで人に従おうとする性格にあり、日本人はアメリカ人のように自分で考える訓練を受けていない。」


確かに自分で考えるということを教育されていません。さらに戦後教育は「天才を出さない」ことが大義名分にされてしまいました。それが日教組の教育です。


そして、


「闇雲に従うという本能」


これは「主君に忠誠を尽くす」という日本人の特性なのです。


ただし、その特性は「真の太陽神」に祀ろうことにより発揮されるということを申し上げたく存じます。


真の太陽神とは、男神の天照大神のことです。つまり大調和を実現したニギハヤヒ命の御代の太陽神です。


ナガスネヒコはニギハヤヒに忠誠を尽くし、主君と一体になってひのもとの国造りをし、大調和の国を実現したのです。


しかし現在の太陽神は女神様。この女神様が天照大神になった御代は、ずっと戦争、疫病、災害、貧富の差が続いています。昭和時代、戦争に駆り出された日本人は、女神のアマテラスを祀る国家神道に従うことを余儀なくされ、若い命がたくさん散っていきました(涙)


(修学旅行は、広島、長崎よりも知覧が良いと心底思います)


ニギハヤヒの父であるスサノオは強い神です。この神のはたらきは、欧米支配されてきたアジア諸国を解放し独立させることでした。


表の天皇は、女神のアマテラスの系譜。


裏の天皇は、男神天照、つまりスサノオ、ニギハヤヒの系譜です。


日本の天皇は表と裏でひとつなのに、この戦争で昭和天皇がアメリカに懐柔されてしまったことが敗因だったのかもしれないと思いました。表の天皇がアメリカに取られてしまった。それにより、日本国土もアメリカに取られてしまったのです。


(アメリカは王様がいない国だったため、それができたのでしょう。英国は王国だったから日本の天皇に手を付けることができなかった。なぜなら天皇は世界の王侯貴族の序列の頂点だから。)


しかし裏の天皇(ご本人はそうおっしゃっていませんが)安岡正篤(まさひろ)先生は、アメリカ(GHQ)が日本の精神性をコテンパンに打ちのめし、二度と立ち上がれないように洗脳しようとしていることを知っておられました。日本人の強さの本質は日本魂にあることにアメリカは目を付けたのです。それは諸外国の国民性にはない、主君に忠誠を尽くす特性そのものこそが日本人魂だったからです。


それは、


強さをくじき、弱きを助ける正義性、


嘘をつかない、


だまさない、


裏切らない、


うばわない、


親切にする


といった日本人に埋め込まれてきた遺伝子のはたらきです。



その特性は神話や日本の伝承、伝説、おとぎ話に織り込まれるようにして刻み込まれています。


真の太陽神は、宇宙の法則に沿ったシステムの神ですので、人民は太陽神と一体になって行動することが、地上天国を創造するはたらきに寄与することにつながるのです。



神話時代から神武天皇に日本人が殲滅されてきたのは、誰かが日本人を滅ぼしたい意識があったからです。


その根底にあるのは、嫉妬。その嫉妬を持ち込んだのは誰?


このことについては次回に。


更新を通知する


今回もご一読いただき誠にありがとうございました。

いつも拡散していただきまして心より感謝申し上げます。

お気に入りにいれていただければとてもうれしいです。




by new-jomon | 2019-08-15 01:45 | 日本の歴史を蘇らせる | Comments(0)

【ニギハヤヒ命】に導かれて②「終戦の玉音放送」の原稿を書いた昭和の裏天皇。


b0409627_18352414.jpg


G20以来、明らかに日本のスタンスに変化が見られるようになりました。アメリカは

「日本はもう、アメリカの属国ではないのだから

自立しなさい」


と意思表示したのでしょう。アメリカもまた、これまでの世界の覇者としてのスタンスから自国第一の守りの政治に転換しました。

戦後の日本は、アメリカ様のしもべとなり、政治はアメリカ様の仰せの通りに動かして参りました。それがもう、

「自分で考えて国造りしていきなさい」


とアメリカ依存を脱却する道を余儀なくされたのです。

G20が日本で、しかも大阪で開催されたということは大変示唆に富んでいます。世界の首脳が次の文明の拠点に集まって、イノベーション(新たな価値観の創出)とSDGs(持続可能な社会の仕組み)を議題にこれからの国際社会の進むべき指針を話し合われたからです。

b0409627_15010853.png

ふり返れば戦後の日本はどん底からよくぞ這い上がって来れました。アメリカ様の言いなりとはいえ、アジアで唯一先進国となったのですから。

あの戦争は負けたのではなくて、日本は自ら戦争に終止符を打ったのだと思います。かつて日高見国が朝廷軍と20年にわたる戦に自ら終止符を打つためにアテルイが降伏したように。アテルイは負けたのではありません。自ら戦を降りたのです。子や孫たちの代まで戦をもちこませないために、自ら首を差し出したのです。律令国家に反発していた日高見国はその後、日本になりました。

もっとさかのぼれば、ナガスネヒコが守ってきた日の本の国を奪いに神武天皇が攻めてきた際も、ナガスネヒコの主君ニギハヤヒは神武天皇に国を譲りました。だからナガスネヒコは戦に負けたのではなくて、戦をやめたのです。そして日の本の国は神武天皇の国になりました。

昭和天皇は、終戦の詔勅(玉音放送)で国民に戦を終える宣言をされました。それから日本はアメリカの属国になりました。それは負けたのではありません。諸外国は日本が負けたと思っていますが、本当はアメリカに勝ちを譲ったのです。

しかし日本人自身が自虐史観を植え付けられているためにそのことに気づいていません。

もしも日本がアメリカと同様に破壊殺傷の手段を使って世界を征服したならば、国レベルの大きな因縁を生じることになってしまいます。武力で世界を制圧するという方法論は、日の本の神々の御神意に沿うものではなかったのです。戦いを止めることが神々の御神意だったということは、過去記事に書かせていただいた通りです。

龍神様は強いからこそ戦わない。本当に強い人は相手と戦わず受け止められる人。



戦いを終わらせるために自ら降伏することができたのは、日本人特有の精神性にあったのかもしれません。なぜなら精神的に成熟していなければ勝ちを譲ることができないからです。

昭和天皇が読み上げられた終戦の詔勅(玉音放送)の原稿は安岡正篤先生が作成されました。このような文章をどうして安岡先生は書けたのでしょう。安岡先生が天才だったからだけではありません。安岡先生はニギハヤヒの御神意を降ろされたのだと思います。ニギハヤヒは神武天皇以来、天皇の補佐役として裏で支えてこられた神様だからです。

安岡先生が、神武東征孔舎衙坂古戦場に住んでおられたことは偶然ではありません。安岡先生はニギハヤヒこそ日の本の皇祖神であることをご存知だったはずです。だからこそニギハヤヒが祀られている神社に安岡先生の碑がご奉納されていたのです。

そしてGHQと対等に交渉されたこと、戦後の高度経済成長期に日本人が拝金主義に暴走しないように、日本の上に立つ方々に精神的指導をなされたのです。金鵄の役割として。

b0409627_12533296.jpg


どうか今一度、以下に挙げる「終戦の詔勅」の現代語訳のお目通しを願います。


b0409627_18354485.jpg

b0409627_18352414.jpg
「終戦の詔勅」の原稿


昭和天皇 終戦の玉音放送 


(昭和20年8月15日)



私は


深く世界情勢と


我が国の現状を考え、


非常の手だてをもって


事態を収拾しようと思い、


私の忠義で善良なる


臣民に告げる。


私は帝国政府に


米国、英国、中国、ソ連の


4か国に対し、


共同宣言(ポツダム宣言)を


受諾することを通告させた。


そもそも帝国臣民の


安らかな生活を図り、


世界の国々と共に


栄えていくことは、


歴代の天皇が残してきた


手本であり、


私もそのように念じてきた。


先に、


米英2国に宣戦布告した理由も、


実に我が国の自存と


アジアの安定を願ったためで、


他国の主権を排し、


領土を侵すようなことは


もとより私の意志ではない。


しかし、


交戦は既に4年を経た。


私は、


陸海将兵は勇戦し、


閣僚たちも職務に励み、


一億国民も努力し


それぞれ


最善を尽くしたと思っているが、


戦局は必ずしも好転せず、


世界の情勢もまた


私たちに不利である。


そればかりか


敵は新たに残虐な爆弾を使用して


罪のない人びとを殺傷し、


その悲惨な被害の及ぶところは


計り知れない。


それでもなお、


交戦を継続すれば、


ついには


わが民族の


滅亡を招くのみならず、


ひいては人類の文明をも


破却させることになってしまう。


そのような事になれば、


私はどうして


多くのわが子とも言える


臣民を保護し、


歴代天皇の御霊の神殿にて、


私の誤りの責任を


謝することができようか。


これが私が帝国政府に


共同宣言に応じさせた


理由である。


私は、


我が帝国と共に


終始アジアの解放に


協力した盟邦諸国に対し、


遺憾の意を表さざるを得ない。


帝国国民においては


戦場で死亡したり、


職場で殉職したり、


不幸な運命で


亡くなった人々や、


その遺族を考えると


悲しみに堪えない。


さらに戦場で傷を負い、


災禍を被り、


家や職場を失った者の


厚生にいたっては


私が深く


胸を痛めるところである。


思うに、


今後我が帝国の受ける苦難は


もとより尋常なものではない。


私の臣民の窮状も


私は良く理解している。


しかし、


私は時運(時の流れ)の


赴くところ(従い)、


耐えがたきを耐え、


忍びがたきを忍び、


将来のために


平和を実現しようと思う。


私はここに


国体を護持し得て、


忠義で善良な


臣民の良心を信じ、


常に臣民と共にある。


もし、


感情の激するままに


みだりに争い事をしたり、


同胞同士が互いに


手をけなし、


陥れたりして


時局を混乱させ、


そのために


道を誤り、


信義を世界に失うようになれば、


私が最も戒めることだ。


どうか、


挙国一家して


それぞれが子孫に伝え、


固く神州(神国)の


不滅を信じ、


私は国家の再生と


繁栄を念じ、


そこに至る道は


遠いと心に刻み、


持てる力を


将来の建設に傾け、


道義心をあつくして、


志を固くして、


日本の能力を発揮し、


世界の進運に遅れないように


努力しなければならない。


あなた方臣民には


私の思いをよく理解して


身につけてほしい。


b0409627_18360727.jpg

安岡正篤先生 刪修筆跡(けずって修正した筆の跡)


この終戦の詔勅には裏があります。
安岡先生が古代中国の先哲の教えから学ばれ引用された、大変重要かつ詔勅の核となる部分が、当時の内閣によって改ざんされてしまったのです。

そのことについて大変悔やまれていました。日本は神話が改ざんされているために、国レベルの公文書も改ざんされるという因縁があるのです。

記紀は呪詛。

日本が真に立ち直るためには、神話から正しく書き直さなければならないのです。


終戦の詔勅刪修について

*刪修(サンシュウ ) 不要な字句をけずり改めて、文章をよくすること。

以下、安岡正篤記念館名誉館長・林 繁之

(月刊『致知』1984年3月号より)引用。




「私も師のお側にあって45、6年になるが、


自分にその学問を語る資格はない。


ここでは、


人口に膾炙


(かいしゃ:世の人々の評判になって知れ渡ること)


されている終戦の詔勅刪修


(サンシュウ )について


正確に記しておきたいと思う。


毎年8月15日、


終戦の日が近づくと、


マスコミはその秘話を語ってほしいと、


先生に面会を求めて止まなかった。


そのつど先生は決まって、


「“綸言(りんげん)汗の如し”という。


詔勅は、陛下のお言葉で絶対のものである。


これがひとたび渙発


(かんぱつ:詔勅を広く国の内外に発布すること)されたなら、


その起草にどういうことがあったかなど


当事者が語ってはならない」


といって決して語ろうとはされなかった。


その先生が、この詔勅には多少の誤伝があり、


私が刪修したと語られるなら、


「私の学者として後世より問われる悔いも残るので、


君たちだけには話しておく」


と、側近の者に一晩しみじみと語られたことがある。


先生はその刪修に当たって、


「義命の存する所」と、


「万世の為に太平を開かむと欲す」


の二点を挿入されたほか、


陛下の重いお言葉として


文章についても手を入れられた。


「義命」については詔勅の中で、


陛下が「堪へ難きを堪へ」よ、


とおおせられておられる


宸襟(しんきん:天皇のお気持ち)を拝察して、


それにふさわしい天子としての


重いお言葉がなくてはならない。


そこで「義命」という言葉を選ばれた。


出典は中国の古典である『春秋左氏伝』。


その中の成公八年の条に


「信以て義を行い、義以て命を成す」とある。


従って、


普通にいわれる大義名分より


もっと厳粛な意味を持っている。


国の命運は義によって造られて行かねばならない。


その義は列国との交誼においても、


国民との治政においても信でなければならない。


その道義の至上命令の示す所によって


終戦の道を選ぶのである。


「万世の為に太平を開かむと欲す」も


「永遠の平和を確保せむることを期す」


より強く重々しい。

これは宋初の碩学・張横渠(ちょうおうきょ)の有名な格言


「天地のために心を立て、


生民の為に命を立て、


往聖の為に絶学を継ぎ、


万世の為に太平を開く」


からそのままとったものである。


いずれにしても先生は、


終戦の詔勅の眼目は、


「義命の存する所」と


「万世の為に太平を開かむ」


の二つにあると考えられた。


わが国は、


何が故に戦いを収めようとしているのか、


その真の意義を明確にしておかなければならない。


従って、


内閣書記長官をしていた迫水氏には、


どのような理由や差し障りがあっても、


この二つの眼目は絶対に譲ってはならない、


とくれぐれも念を押されたのだが、


閣議の席で、


閣僚から二つとも難しくて国民には分りにくいから


変えてはとの意見が出されたのである。


結局、「義命の存する所」という一番の眼目を、


「時運の趨く所」という最も低俗というより


不思議な言葉に改められてしまった。


これは永久にとりかえしのつかない、


時の内閣の重大な責任といわねばならない。


「時運の趨く所」の意味は


いってみれば成り行き任せ。


終戦が成り行き任せで行われたということは、


天皇道の本義に反する。


時運はどうあれ、


勝敗を超越して「義命」という


良心の至上命令に従うことで、


はじめて権威が立つのである。


戦後、日本は大きく繁栄した。


しかしこの繁栄の基礎に、


「信以て義を行い、義以て命を成す」。


義命が存していたならば、


物が栄えて心が亡ぶと


識者が顰蹙(ひんしゅく)するほど、


人の心は荒廃せずに済んだであろう。」


(引用以上)


b0409627_11134441.png
善根寺春日神社(筆者撮影)

わたしは「終戦の詔勅」(玉音放送)の原稿をはじめて拝読した際、なぜか涙があふれて仕方ありませんでした。わたしは戦後生まれの親に育てられた昭和50年代生まれです。特別な感情などないはずなのに、なぜか号泣してしまっていました。自分は感情的になっているのかもしれないと思い、数日後に再度原稿を読みました。するとまた泣けて泣けて仕方なかったのでした。


b0409627_17402727.jpg
善根寺春日神社(筆者撮影)

深く思いを鎮めてみました。・・・これはニギハヤヒの思いだ!と思いました。そのとき「神武東征」の国譲りの際に、ナガスネヒコに語った言葉と同じだったのかもしれないと思えてきました。


b0409627_17413981.jpg
善根寺春日神社(筆者撮影)

ニギハヤヒは勝てたはずの理不尽な戦を止めることでひのもとの国の国譲りをしたのです。異質であることを受け入れて和合させることがこの地球が生み出された目的。和を重んじる日本人だからこそあえて苦難を甘受したのです。わたしはナガスネヒコは主君ニギハヤヒの真なる思いに触れ、涙を流したにちがいないと思いました。


b0409627_18455630.jpg
善根寺春日神社(筆者撮影)

勝利は敗者を生み、恨みを買う。それでは永遠に戦争を終わらせることはできない。勝てる戦争に自ら終止符を打つという選択はもしかしたら和合の精神を備えられた日本人にしかできないことだったのかもしれません。しかし諸外国は勝ちを譲るなど思いもしないことであるため、日本は負けたと認識されることは承知の上の道の選択だったのでしょう。

そして2019年。

日本は自立の道を歩みだすことになりました。

国は「これからは国は国民の面倒を見れないから国民も自立するように」

と宣言されましたが、

日本政府はどの道を選択されるのでしょう。




『日月神示』


マツの巻


第七帖



神の国


一度負けた様になって、


終ひには勝ち、


また負けた様になって


勝つのざぞ


b0409627_18433830.jpg
善根寺春日神社(筆者撮影)


雨の巻


第九帖


「三エスの神宝


(かんだから)と、


3S(スリーエス)の


神宝とあるぞ、


毒と薬で


うらはらであるぞ」


b0409627_01273739.jpg
善根寺春日神社 安岡正篤先生記念植樹(筆者撮影)


次回につづきます。


長文のおめどおしをいただきありがとうございました。

日本人を目覚めさせるためにこのブログを書いています。

ツイッター、フェイスブック等、

皆さまご利用のSNSでブログの拡散のご協力をお願いします。



更新を通知する


【ニギハヤヒ命】に導かれて①昭和の裏天皇・安岡正篤。


by new-jomon | 2019-08-12 00:00 | 自己開示・神化への道 | Comments(0)

新時代に必要なしくみを開示し、次世代型のモノを生み出し広めていきます。


by そま
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る