人気ブログランキング |

<   2020年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ

【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_15290798.png


いつも「ひふみのしくみ」

お読みいただきまして

まことにありがとうございます。


今日の午前中、

こんなことがありました。

あまりのビックリに、

これは皆様に

早くお伝えしなければならない!

と直観しまし急きょブログに

書かせていただくことにしました。


わたしはいつもの通り、

鍼灸の仕事をしていました。

ちょうどそのとき、

高齢の女性の施術中でした。


その女性は

真っ赤なサンゴの指輪を

持ってきてくださり、わざわざ

わたしに見せて下さったのです。

動脈のように真っ赤で、

鹿の角のような形をしていました。


【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_15400815.jpg

血赤珊瑚


20年前にこの血赤珊瑚を買った直後、

御主人が亡くなられたそうで、

20年間一度も身に付けられないまま、

大切にしまっていたのだそうです。

今までずっと喪に服して

一度も付けたことがなかった

血赤珊瑚を人に見せたのは

わたしがはじめてだったそうです。


「今まで4回クルーズ船に乗って、

世界を400日以上回ったのよ」

とのお話を聞きながら

わたしは遠赤外線のスイッチを入れたのです。


【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_15300651.jpg
20年使ってきた遠赤外線


この遠赤外線のスイッチを入れましたら、

スイッチ部分が剥がれ落ちたのです。


【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_15295546.jpg


\(◎o◎)/!

なんと、日の丸が!!!

わたしはビックリして

固まってしまいました。


いままでスイッチの下に

日の丸が隠れていたなんて

思いもよりませんでした。


ちなみにこの遠赤外線は

2000年に購入し、

今年で20年目となります。


うちの機械はどれも

壊れることなく20年選手。

業者さん曰く、

たいてい10年で

壊れるのがふつうだそうで、

うちのような使い方は

ありえないのだそうです。


【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_15290798.png


20年の喪から明けて

わたしに見せて下さった血赤珊瑚

その女性は富士山の見える静岡県の方。

そして購入して20年目の機械から現れた日の丸


【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_15400815.jpg
血赤珊瑚

2020年の喪が明けて

岩戸が開き、

富士山から

日の丸が姿をあらわす。

「血脈のしくみ」

を伝えなさい。



とのメッセージなのだとわかりました。


【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_22111383.jpg
富士山(筆者撮影)



わたしには

「血脈のしくみ」が施されていたのです。


詳細は下の記事にて。



そのしくみは『日本書紀』1300周年に

明かされることになっていたのです。



今日、

日の丸の

血赤珊瑚のを見たとき、

なぜか胸騒ぎのような、

早く読者さまに

お伝えさせていただかけければ!

という気持ちになりました。

そして、

音声ファイルにつきまして、


使い方が分からない方のために

使い方をわかりやすく

お伝えするように


という直観を受けまして、

音声ファイルのサンプルを

作成させていただきました。

サンプルはわたしのひとことだけですが、

URLからダウンロードしていただいて、

実際に操作を体験されましたら

安心してご利用いただけると思います。


今まで音声を聞いてみたいけれど、

不安で断念された方にも

ぜひお試しください。

パソコン・スマホともに、

おためしいただけます。

10秒程度の音声ですが、

念のためWi-Fi環境下で

ダウンロードしてください。


(こちらはサンプル画面です。)
【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_17314467.png


ダウンロード開始をタップ後、

100%になりましたら

ダウンロード完了です。


(こちらはサンプル画面です。)
【緊急】ひふみのしくみの読者さまへ_b0409627_17323185.png

(本来ならばここで

ファイルをパソコンもしくはスマホに

保存する手順になります)


こちらをクリックしてください。
https://26.gigafile.nu/0529-c0b925500630090341adc3d7f02558680


ダウンロード期限:2020年5月29日(金)

このファイルはm4aファイルのみ対応です。
実際はmp3ファイルもございます。




2020年天皇誕生日に

開催させていただきました

ひふみのしくみ勉強会の音声を

これを機会に

お聴きいただければと存じます。

これは

わたしの意思を超えた領域からの

メッセージです。

当日ご参加いただいた方には

無料で音声を

配信させていただきますので

まだの方はお申込みくださいませ。

\(^o^)/







なお、

すでに音声ファイルを入手された方は

再度お聴きになられることを

おすすめします。

また (*^▽^*) 聴いてね!



今回も最後までお目通しいただき

ありがとうございました。

更新を通知する

いや~さか~。




タグ:
by new-jomon | 2020-03-30 17:17 | ひふみのしくみ勉強会 | Comments(0)

コロナは安倍総理を試している

コロナは安倍総理を試している_b0409627_21085036.jpg

安倍総理の会見を見ました。

壇上に立たれてしばらく

日の丸の方に向いておられました。

わたしはこのとき、

日本を背負う一国の政治家として

日本の神々に

その決意を表明されたのだと感じました。





日本は最古の国。

神々が創造された神の国。

超古代の文明が

幾重にも折り重なった上に

今の日本があります。

2020年の日本は

神無き世を実現し、

これ以上ないくらい

どん底に落ちぶれてしまいました。

神無き世の完成が

これまでの暗闇の世界です。


コロナは安倍総理を試している_b0409627_14133801.jpg


そのタイミングで

総理の役目を担うことができる方は

因縁としか申し上げられません。

滅ぼすのか救うのか。

歴代総理がつくってきた日本は

神世とは逆さまの世です。

衣食住医政教金。

これまで築き上げてきた世のしくみが

2020年新型コロナウイルスによって

ことごとくが崩壊していきつつあります。


コロナは安倍総理を試している_b0409627_01224534.jpg
2020.1.1大神神社(筆者撮影)


すべては人類の因縁。

ウイルスを悪者にしていては

永遠に因縁を解消することはできません。

ウイルスを殺し、

滅ぼせばいいという考え方では

ウイルスを鎮静化することは不可能です。

ウイルスは

人間の念が作り上げたものです。

それが人造ウイルスなら、

なおのこと。

コロナは安倍総理を試している_b0409627_09314646.jpg


個人レベルでは、

この地球を汚し、

悪想念で汚染してきたことを

心から反省し、

エゴに染まり切ってしまった

自分の意識を

反転しなければならない時です。


コロナは安倍総理を試している_b0409627_09453089.jpg
御机神社(筆者撮影)


国家レベルでは

日本の本来の役割を忘れ、

逆方向に暴走してしまったことを

心から反省するべき時です。

安倍総理はここで一気に

因縁を解消する対策を

出されるのでしょうか。

それは真に国民を救うための政治に

転換するということです。

国民のために命を捧げるくらいの

覚悟がなければできないことです。


コロナは安倍総理を試している_b0409627_21551381.png


安倍氏が古墳時代以前の

古代氏族の系譜なら、

先祖の因縁を今生で解消するために

総理になったのです。

一度失脚するも、

返り咲いて二度。

しかも歴代総理で

もっとも長い内閣なのです。

日本は古くから

神とともに政治をしてきました。

8世紀からは天皇と公卿。

明治からは天皇と内閣。

令和では今上天皇と安倍総理。


コロナは安倍総理を試している_b0409627_21582733.jpg
即位礼正殿の儀より


日本と名乗る前、

つまり天皇がいなかった頃の

この国は日本各地が独立した

小部族での地方自治でした。

天皇を中心とした中央集権制は

すべての小部族を統合することを

意図していました。



統合されるまでは対立、反発、

戦争が繰り返されてきました。

なぜ各部族が対立し反発してきたのか。

それは神世とは逆さまの方法論で

支配するというシステムだったからに

ほかなりません。




コロナは安倍総理を試している_b0409627_01140248.png
『アテルイ平安朝廷と戦った東北の英雄』より


各部族は土地に住み着き、

土地の食べ物を食べ、

土地から採れた植物で服を作り、

土地の神の恩恵を受けて、

土地とともに生きていた。

その土地と各地に住み着いている

土着の民族すべてが

天皇の所有となり、

天皇の支配下によって

すべてが決められる仕組みに

反発してきたのです。

これは大きな目で見ると、

土地の神と天の神との対立でした。

安倍氏はかつて神武天皇と戦った

ナガスネヒコの兄・

アビヒコ(安倍彦)の系譜です。


コロナは安倍総理を試している_b0409627_21551381.png
コロナは安倍総理を試している_b0409627_16440185.jpg
封じられた古い神・アラハバキの神々


令和はかつての敵同士がともに

日本を一つにまとめる集大成の世です。

今上陛下は日本のために日々祈られ、

安倍総理は日本を動かす。

今こそ、

逆さまにしてきた

日本の政治を正道に戻さなければ

この国は滅んでしまいます。

けれど日本は滅ぼしてはならないし、

滅ばないのです。

つづきます。



勉強会ではブログに書けないことをお伝えします。

タグ:
by new-jomon | 2020-03-29 14:23 | 世界の作り方 | Comments(2)

医療崩壊する前にすべきこと

医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_15324860.jpg


全人類が

水に浸されてしまえば

人類が滅んでしまうことは

容易に想像できる。

けれどもウイルスは

全人類に暴露しても

全員が罹患するとは限らないし、

罹患しても死亡するとも限らない。

これを医学はどう説明するのだろう。

(医学書は「原因不明」が多いんです)


医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_15231868.jpg
大阪梅田駅にて(筆者撮影)


原因不明。

それは

結果だけしか見ていないということ。

病気とは現象であり

結果にすぎないのです。


新型コロナウイルスは

生命体ではない。

罹患者によって

症状が異なる原因を

説明できないのならば

シュレーディンガーの猫と同じと

考えることもできる。






要するに

原因は人の意識にあり、

個々の意識によって

個体差が生じる。




人の意識の集合体で

世界は作られている。

そのしかけは

テレビによる意識操作。

誰かが集合意識を意図して

世界を構築している。

医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_23334391.jpg
生駒山上テレビ送信所(筆者撮影)


これまでは恐怖の念が

世界の動力にされてきた。


人がウイルスを恐れるのは

死への恐怖が根底にあるから。


医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_11021765.jpg
コロナ(ウィキペディアより)

医療崩壊する前に

医療従事者が

しなければならないことは、

「生命は永遠である」

ことを患者に教えること。

医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_11563314.png

西洋医学が生んだ罪は、

肉体が滅びても

生命は永遠であることを

教えない仕組みにしてきたこと。


西洋医学は唯物論。

人間を肉体(物質)としか見ない

唯物論に支配された価値観では

人を永遠に救うことはできない。


医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_15324860.jpg
大阪梅田駅(筆者撮影)


昨日、

お世話になっている医師から

話を伺ったが、

一人当たり10分程度

同じ空間に2メートル以内で

対面するときは、

防護服・マスク・ゴーグル・手袋着用で、

なおかつ使い捨てであるべきとの

ガイドラインがあることだった。

その先生は

新型コロナウイルスを

放射能のように恐れておられた。

そのガイドラインを読めば

確かに放射能のような扱いだった。

医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_15231868.jpg
大阪梅田駅(筆者撮影)



被爆二世で

原爆手帳を持っている方を

2名知っているけれど、

中国人コーチに個人レッスンを受けるほど

卓球に熱中しておられる方と、

女手ひとつで3人を育てた経営者の方。

お二人に共通するのは

血液の数値は高くても

症状にでていないということ。

健康な人と何ら変わらないのです。

たぶんこの方々は

コロナを怖がっていないと思う。

医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_15342237.jpg
大阪梅田駅(筆者撮影)


日本は原爆が二度落とされ、

原発事故を何度も起こして来た。

なのに

日本人のほとんどは

放射能では滅びなかった。

日本人は

環境に順応しやすいように

できているのかもしれない。

医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_10171552.jpg
高津宮(筆者撮影)


それ以上に、

毎日この国と国民のために

祈ってくださっている方々の存在を

知らされていないのが

大変残念に思う。

祈りは

ウイルスを鎮静化させる

作用があるのだから。

そのことを国民が周知すれば

ウイルスを恐れない

集合意識が形成されていく。


医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_15324860.jpg
大阪梅田駅(筆者撮影)


国際連合の専門機関である

WHO(世界保健機関)では、

その健康の定義において

 1)physical health(肉体的な健康)

 2)mental health(精神的な健康)

 3)social health(社会的な健康)

 の三方面の健康に加えて、

 4)spiritual health(霊的な健康)

 が必要であると

1998年WHO執行理事会で討議され、

健康の定義の変更が議決され、

1999年総会で提案されています。

医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_15431983.jpg
(WHOのマークは蛇ですね)


なぜ神国日本で

日夜祈ってくださっている方の存在も

祈りの作用も

テレビは報じないのでしょう。


4)spiritual health

(霊的な健康)

この重要な項目が

日本の医学書には

明記されていないのです。

なぜ「霊的な健康」という文言を

神国日本では書かれないのでしょう。


医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_20261711.jpg
生駒山上テレビ送信塔(筆者撮影)


日本人の霊的な覚醒を促す文言を

封じておきたい。

戦後アメリカは

日本人が二度と立ち上がれないように

日本人の霊性を徹底的に封じたのです。


しかし、


肉体が滅んでも意識は死なない

ということを

いのちを看取る職業の方々から

患者さんに伝えていくことは

重要な事だと思います。


医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_11563314.png

これからは

ウソがすぐにバレてしまう時代。

本当のことが隠しきれなくなっていく時代。


やっと

正直者が陽の目を見る時代がきたのです。


医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_09290626.jpg
高津宮(筆者撮影)



お天道様は

見ておられる


医療崩壊する前にすべきこと_b0409627_01224534.jpg

大神神社(筆者撮影)



今回も最後までお読みいただき

ありがとうございます。

更新を通知する

「いや~さか~」で

ウイルスは祓われてゆきます。


歴史のしかけも表に出しています。


タグ:
by new-jomon | 2020-03-26 13:21 | 物づくり・医薬の神 | Comments(0)

「日本を無税国家に」実現させるもの

「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_10323045.jpg


21世紀末、100年先、

120年先ですな、

120年先には

日本を無税国家、

今、高率の税金で

非常に国民は

苦しんでおるわけでございます。

その高率の税金にもかかわらず、

政府は財政窮迫をいたしておりまして、

一定の税額の収入だけでは

国費が足りませんので、

赤字国債というものを

発行いたしまして、

国費に当てておる次第でございます。

そういう状態でございますから、

まあ非常に

前途暗澹たるもんでございます。

そういうことやなくして、

21世紀末には

日本は無税国家になる、

税金のいらない国になると。

税金を取らずして、

どうして国事を、

国費を賄うんかという

疑問が起こりますが、

それは、

今日の日本人の考え方を

一変いたしまして、

無税国家を築きあげようと

いうことを考え及びますと、

それは可能な問題だと、

かように思うんであります。

それをどういうように考え、

どういうように

進めていったらできるか

ということの研究に入りたいと、

かように考えておる次第であります。

それがごく最近の

私の考えでございまして、

そういうことを発表いたしますのは、

この席上が初めてでございます。

現在のままでいったならば

必ず財政破綻に陥る

という可能性があります。

それでは困るというので、

今から120年

という期間をとりまして、

そして、

その準備研究に入りたいと、

そして21世紀の初めから

実行してまいりたいと、

かように考えるんです。

~松下幸之助講話~

『日本を無税国家に』




松下幸之助氏は88歳になっても

国の前途を案じておられました。

このままでは必ず国家が破たんする。

今の国家経営のやり方を2001年には

すっかり変えてしまわなければ

ならないと論じておられました。

確かにこの国は2001年を機に

システムの反転をしなければ

ならなかったのです。

そのチャンスを反故にして

先延ばしにしてきたために、

その反動が大きく20年後の今、

起きているのです。

そのツケは返さなければなりません。

返すのは誰ですか?

1%の方々が

99%の資産を保有している方々。

彼らのもてる財を

世界に還元すれば

この世界の破たんは免れるはず。

彼らにそれができるでしょうか。

そして政治家今のシステムを

変えることができるでしょうか。


「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_13223739.jpg
難波神社(筆者撮影)


(以下、民のかまどの物語 より引用)


仁徳天皇四年の2月6日、

天皇、群臣に詔をして曰く

「高台に登って国を望むと、

国内から煙が登っていない。

思うに、

民はもうまったく貧しく、

炊飯できるほどの食料も

家にないのではないか?

「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_10315508.jpg
高津宮(筆者撮影)

…こういう話を聞いたことがある。

"良き君主の世には、

人々は歌を歌い、

家々もやすらか"

という歌が古の世にあったと。

今、

朕は国政にあたって3年になった。

歌声は聞こえてこない。

煙もまったく登っていない。

つまりは、

五穀が実らず、

民は窮乏しているのだ。

畿内ですらそうなのだ。

他の国では言うまでもなかろう。」

「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_09294447.jpg
高津宮(筆者撮影)

同年3月24日、

詔して曰く

「今より以後、

三年に至るまで、

全ての庸調(課税)、

労役を免除し、

民の苦しみを取り除くのだ」

と宣った。

「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_09302909.jpg
高津宮(筆者撮影)


この日から、

破れてボロボロになるまで

衣服や靴をつくらせず、

腐っていない食料は取り替えず、

宮殿の塀や屋根が崩れても

修繕しなかった。

風雨が隙間に入り、

衣服を濡らした。

屋根から覗く星々が、

床をあらわにした。

「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_13280265.jpg
難波神社(筆者撮影)

こののち、

天候も季節に従い、

豊作となった。

三年の間、

民は豊かになった。

民は日々の暮らしを謳歌し、

炊飯の煙も立ち上るようになった。

「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_10323045.jpg
高津宮(筆者撮影)

仁徳天皇七年4月1日、


天皇は高台から遠くを見渡すと、

煙がたくさん登っていた。

この日に皇后に語って曰く、

「朕はすでに豊かになった。

心配することは何もない。」

皇后は答えて曰く、

「何をもって

豊かになったというのですか」

「炊飯の煙が国中に登っておる。

民が豊かになったということだ」

「塀は崩れ、宮殿は壊れ、

屋内でも衣服が雨に濡れる始末。

これのどこが

豊かになったというのですか」

「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_10165863.jpg
高津宮(筆者撮影)

「天が君主を立てたのは、

民のため。

君主というのは、

民があっての存在なのだ。

古の聖王は、

民が一人でも飢えたり

寒さに凍えたりしたときには、

政策を見直し、

自らを責めたという。

現在において

民が貧しいということは、

朕もまた貧しいということ。

民が豊かになれば、


朕もまた


豊かになるということなのだ。


この世では、


"民が豊かになって君主が貧しい"


ということは存在していないのだ」


「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_19011358.jpg

同年9月、

諸国の民から

このような申し出があった。

「税も労役も免除になってから

もう三年になります。

宮殿は朽ち、

政府の蔵はカラになっています。

今は我々も豊かになり、

道端の落し物を

さらっていく者もおりません。

里ではみな家族を持ち、

家に蓄えが

充分できるほどになりました。

もしここで我々が税を払わず、

宮殿を修繕しなければ、

罰があたってしまいます」

それでもなお、

天皇は税を免除し続けた。

「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_18583712.jpg

仁徳天皇十年の10月、

免税から6年後にして、

天皇ははじめて

税・労役をお命じになり、

宮殿を再築した。

民は誰からも

強制されることなく、

老いも若きも協力し、

材木や土籠を背負った。

昼夜をいとわず競って働き、

程なくして宮殿は落成した。

このゆえに、

仁徳天皇は現在まで

「聖帝」(ひじりのみかど)

と呼ばれ、

讃えられている。



仁徳天皇の国家経営は

無税国家の実現でした。

国民がひとりでも

苦しんでいることを

我が身を顧みて

内省されたのです。


「日本を無税国家に」実現させるもの_b0409627_09460851.jpg
高津宮(筆者撮影)


古墳時代まで

税金(お金)はありませんでした。

この頃の政(まつりごと)は

古代氏族による神事だったのですが、

外国から入ってきた宗教が

政争の具となり

古代氏族は滅ぼされてしまい、


飛鳥時代以降は

渡来人による政治になりました。

渡来人は

唐の国家経営システムを

導入したのです。


渡来人の手による政治は

日本の古い神に

伺いを立てての神事ではなく、

人間の都合による政治でした。

そのため、

彼らにとって都合のよい女帝を立て

外国から連れて来た

新しい神を最高神にして

これまでの日本と逆さまのシステムが

実行されたのです。




男は太陽、女は月

男は陽、女は陰

男は上、女は下

自然界の摂理には

善悪・優劣は存在しない。

けれど新しいシステム導入とともに

連れて来られた外国の神が

太陽の女神。

しかも女神が最高神。

まちがった上をつくったから

飢えが生じた。



男は能動、女は受動

男は与え、女は受け取る

これが自然界のはたらき。

女神が最高神であるということは

与えるはたらきができないということ。


下から上に捧げさせる政治のしくみは

神の世界が逆転してしまったことが根本。

何時の世も人民は

 捧げるものが十分にないのに

捧げさせられてきました。



政治を担う公卿は寄生族。

彼らにとっての国家の繁栄は一族の栄華。

彼らにとっての国の安泰は一族の安泰。

思考回路が逆転しているために、

いっこうに

民の暮らしは良くならない。

なぜなら民は彼らの宿主だから。

けれどそのシステムは終了した。

滅ぼしてきた彼らが滅ぶとき。






聖帝の

お墓はかまど

民たちを

救った天皇

ひのもとの神


日本の古い神は

仁徳天皇の国家経営と同じだった。

そのため1万年以上も

幸せな時代が続いていた。

古い神は新しい神に

国を捧げさせられ封じられてきたが

再びこの国を建て直すために再臨した。


真の政治家なら国民を飢えさせない。

一人でも飢えさせないようにするためには

どのような政治をするべきかを考える。

高い理想を掲げ、実行する。

無税国家を実現する。

仁徳天皇は

それを教えて下さったのでした。




最後までお読みいただきありがとうございます。

更新を通知する

いや~さか~。

感謝。


あやまった歴史を糺すのも今。



タグ:
by new-jomon | 2020-03-26 03:43 | 世界の作り方 | Comments(0)

「精神復興が必要」松下幸之助氏

「精神復興が必要」松下幸之助氏_b0409627_10171552.jpg


戦後の日本経済の土台を築き

牽引してこられた偉大な創業者の言葉は、

現代の日本人に希望を与えてくださいます。

なぜなら、

彼らは明治・大正・昭和を生きぬき、

戦争を体験してこられた方々だからです。

困窮のどん底を味わい尽くしたからこそ、

この現状を変えなければならないと

強く決意されたわけです。


皆が幸せになるためにはどうしたらいいか、

皆が食べていけるようになるためには

どうしたらいいか、

経営者は労働者とその家族を守るためには

どのような意識をもつべきなのか、

この国を経営していくには

民間としてどうあるべきなのか、

常に自問自答の連続だったことでしょう。


戦後、

食べる物がない、

住む家がない、

着る服がない。

焦土と化した日本には

物資は何もない。

それでも家族を養わなければならない。

帰国した兵隊さんで人口は増える。

「精神復興が必要」松下幸之助氏_b0409627_23122420.png
『よみがえる藤原京』より

この現状を一刻も早く脱却するためには

アメリカに頼らざるを得なかった。

そうなるとアメリカナイズされた

食べ物、住宅、衣服を

受け容れざるを得なかったのです。

日本人にあったのは

恨みという感情ではなく

ただ素直に感謝の思いだったのです。

日本はアメリカに仕返しするために

高度成長期を成し遂げたわけではない。

アメリカの文化を受け容れて

日本の土壌で発酵・熟成させる。

これが日本のやり方だったのです。

「精神復興が必要」松下幸之助氏_b0409627_10171552.jpg
高津宮(筆者撮影)


戦争を体験していないわたしたちは、

失意のどん底から立ち上がった

戦後の日本人を

とやかく物申す立場にありません。

むしろ日本の復興に尽力してくださり

わたしたちを養ってくださったことに

感謝しなければらないと思っています。

ただ、

当時から政府と民間の対立構造は

歴然と存在していた。

民間の起業家たちは、

一生懸命働いて

国に税金を納めて来たけれど

民間の意に沿うように

お金を使われなかったことに

憤りを感じていました。

それは偉業を成し遂げた経営者たちの

共通の思いでした。

「精神復興が必要」松下幸之助氏_b0409627_14183161.png
『よみがえる藤原京』より

彼らは何万人も雇用した立場。

小さな国を経営しているのと同じ意識で

日本の発展と国民(労働者)の

生活の安定のために心を砕いてきました。

そして彼ら経営者は異口同音に

商売して金儲けするだけではダメだ、

幸福の追求、社会の共栄のためにという

確固たる理念がなければいけないといいます。

しかし政府は

納得のいくように税金を使わない。

民意に反することに無駄遣いしていると

経営者たちは憤慨していました。


明治・大正・昭和を生き抜いた経営者には

日本人の魂が燃え盛っていたのです。

その当時は

ブラック企業なんて言葉はありませんでした。

終身雇用制という生涯の生活を保障する

という責任を負っていたのです。

戦後の日本は

法律はどんどん塗り変えられ、

日本人にとって不利な

世の中のシステムになっていきました。

経営者が労働者をいじめる構造をつくったのは

日本人ではありません。

それは外国人による

支配と奴隷のシステム。

支配者は奴隷がいなければ

存在できないことを悟らずして

奴隷を使い捨てにしてしまった。

その奴隷が結婚できず

子どもが生まれない。

その結果、

奴隷がいなくなり

どん詰まりになってしまった。

「精神復興が必要」松下幸之助氏_b0409627_01090974.png

けれど2020年を機に

正反対のシステムに転換し

春分から新たなシステムが起動しました。

これからの日本を建て直すために

もっとも必要なのは

日本の精神を取り戻すこと。

その根本は、

皆が富を分かち合い、与え合い、

共存共栄するシステムを

1万年以上継続してきた

縄文の記憶を取り戻すこと。

オイルショックを経験した後の

松下幸之助さんの肉声を書き起こしてみました。

ぜひご一読ください。






『警世~松下幸之助と日本経済~』

(昭和50年放送)


不景気を改善する道は

今までは経済界が

借金して儲けたものを

政府に持っていった。

つまり

自然増税収として

政府は受け取り、

それがいつも余っていた。

すると

つい気が大きくなりますね。

今は我々が働いても

儲かりませんから

税金が払えなくなった。

すると

政府は金が入らなくなった。

初めて金というものは

儲からんもんだと

わかったわけですよ。

もう我々は借金はしない。

借金してまで

工場拡大することはやめる。

誰もやらない。

そうなったら

みんな不景気になってくる。

それを助ける道は

今度は

政府が借金して事業を作り、

それでわたしたちを潤してくれと

政府にお願いしないといけない

段階にきていると思います。

それを政府が

その通りだと気づいてくれたら

この不景気はすぐに治りますよ。

赤字国債では絶対だめです。

つまり

政府は先行投資するわけですよ。

我々一般、

民間は先行投資するために

借金したわけですね。

だから

福祉もできて経済も膨張した。

その結果の大部分は

税金で納めた。

30年間で

とうとう頂点に達して

へたってしまった。

それ以上は

高度成長できないと。

民間の力では。

「精神復興が必要」松下幸之助氏_b0409627_01274365.jpg
大神神社(筆者撮影)


そこで

今度は政府がやりましょうと

政府が先行投資するために

「富国発展公債」

というようなものを発行して

そうしてまず

住宅がいちばん足らないから

どんどん

住宅を建てなければいけない。

こういうことは

民間の力ではできない。

ですから

政府は借金をしてその借金で

民間に仕事をさせる。

そんなふうにしなきゃいかんと思う。

そうするには

絶好の機会だと思う。

その決断をするかしないか

その決断するには

それだけの理念が

なかったらいかんでしょう。

国家経営はこうあるべきだ

という非常に高く深い

哲理をつかまないと

そういう知恵は出てこないです。

「精神復興が必要」松下幸之助氏_b0409627_01264524.jpg
大神神社(筆者撮影)


戦後30年というのは

高度成長に経済が発展してきました。

復興といいますか

それはその通りに違いないけども

それは外国の援助

というものでやったわけです。


だから

日本国民の自力によって

復興したわけじゃないですね。

「自力更生」

というようなことを

言う人もおりますけど

僕が考えるに

3年も4年も戦争して負けたと

昔であれば

民族が奴隷になったり

苦しみを味わいますね。

ところが

戦争に負けたその日から

救済されたわけです。

技術も食べ物も援助しましょう、

政治も教えましょうと。

こういうけっこうな負け方

というものはないですよ。



だからそういうことが

あれだけの大きなことをやって

罰せられてないわけです。

そこにそもそも

甘えがあったわけです。

その甘えが積もり積もって

つけを払わないといけなくなった。


30年のつけを今、

支払わなきゃいけない、

そういう状態だと考えますね。

あの時分は

物資に不自由したわけです。

家がない、

食べるものがない、

着る物がない。

非常に困窮したわけです。

しかしそのときには

精神というものは

しっかりしたものがあった。




日本の、

日本人としての

しっかりした精神があった。

今は精神的な貧困です。

国民の考えが一致しないです。

みんなお互いにね

精神的なエゴというか、

そういうふうな

考え方が強いですね。

精神的なエゴとエゴとが衝突して

国民がバラバラになってきた。



それが今度は

ものを失うという状態に

なってきたわけですよ。

戦後30年にして

ようやく日本は

精神的な敗北をしたんですね。

それは日本のもてる精神ですね。

日本人古来の。

そういう良いものがあるとするなら、

その精神的な良いものは

30年かかって腐食したわけですね。



だからここで

精神復興しないといけないですよ。

「精神復興」

即、それは日本の本当の復興です。

そして

政治も経済も

それがあるからあるわけです。


今インフレは一応止まってますね。

それは病気でいったら

強烈な解熱剤で

熱を抑えているだけです。

ですから

解熱剤をやめてしまったら、

また熱が出て来る。

だから

根本の病気を治さないといけない。

病気の早期発見が

できていないわけです。

病気の根本がどこにあるのか

発見されないので

迷っているのでしょう。

非常に切羽詰まっています。

これが単に経済が行き詰る

という問題で済めばいいのですが、

政治的に社会問題が起きはしないかと

考えるとこれは放っておけない。

こうやったらよろしいと

国民が納得すると

経済界も労働界も

国民もなるほどそれはいいと

納得するような処方箋を書いて

出さなければいかんのです。

今その処方箋がないですね。

非常に極悪な状態ですね。

かつてない。

『警世~松下幸之助と日本経済~』

(昭和50年放送)






タグ:
by new-jomon | 2020-03-24 12:46 | 物づくり・医薬の神 | Comments(0)

絶望は人生を劇的に変える


絶望は人生を劇的に変える_b0409627_00252898.jpg

『ピュアラブ』

というドラマがありました。

2002年に始まった

毎日放送の連続ドラマです。

当時のわたしはこのドラマに

ハマりまくっていたんです。



禅宗の修行僧の雲水さんと

小学校の先生とのプラトニックラブ。

トレンディドラマの類には

まったく興味がなかったんですが

このストイックさが

わたしのツボにドンピシャだったんです。

(≧▽≦)キャー




一般人家庭に生まれ育った陽春さんは

世の中に嫌気がさして

正反対の価値観をもつ親と

縁を切って出家した若者。

ほとんどの修行僧は

お寺を継ぐために雲水になった

御住職様の御子息。

そこに熱意の違いがありました。



『ピュアラブ』は、

「振り向いてほしい」とか

「好きです。付き合ってください」

とかじゃなくて、

ひたすら

相手を思いやり幸せを願う

というドラマでして

流行に踊らされた今ドキのドラマとは

異質の輝きを放っていました。

修行僧ネタとかやっぱドンピシャ(*´Д`)




何時の時代も

ほんとうの幸せとは何か

人間とは何か

というテーマに

人は突き動かされてきました。

絶望は人生を劇的に変える_b0409627_23062318.jpg
勝軍寺(筆者撮影)


それは苦しみや

絶望を味わったからこそ

ほんとうの幸せとは何かを

探し求めるのです。

絶望は人生を劇的に変える_b0409627_23072608.jpg
勝軍寺(筆者撮影)


一般人には一般人なりの

権力者には権力者なりの

悩みや苦労があります。

絶望は人生を劇的に変える_b0409627_23043582.jpg
勝軍寺(筆者撮影)

今の文明は二極に分かれているので

対立する立場の苦労がわからないのです。

例えば

健康な人は病人の気持ちがわからない、

労働者は経営者の苦労を知らない

というように。

絶望は人生を劇的に変える_b0409627_20460653.jpg
八大龍王総本山(筆者撮影)


新型コロナはあらゆる立場、

あらゆる業種を超えて

すべての人類に

問題提起をあぶりだしました。

絶望は人生を劇的に変える_b0409627_20462233.jpg
八大龍王総本山(筆者撮影)


出家せずとも

毎日が求道の連続という体験。

人類すべてが求道者といえる

すごい時代。

人は困難や絶望を味わうと

スイッチが入るようになっている。

この世界に見切りをつけたときが

第二の人生のスタート地点。

絶望は人生を劇的に変える_b0409627_00244294.jpg
奈良県吉野郡(筆者撮影)


だからこそ、

今まで求道してこられた方々が

これからの先導者です。

そしてコロナ騒動の渦中にいても

何ら悩みなく溌剌としている

子供たちこそが

新しい時代を切り開いていく方々。

絶望は人生を劇的に変える_b0409627_00252898.jpg
大峰山(筆者撮影)

政府が何かをしてくれるのを

待っていても仕方がない。

だからこの世に見切りをつけたときが

スタート地点。

早い話が

「悩んでいる場合じゃない!」

ということです。


どんなに小さなことでも

今自分にできることは何か?

その答えを行動に移す勇気。

結果はどうであれ

失敗はないということ。



「自分の幸せは自分が作り出す」

「理念」は何か。

「実地の体験を積み重ねる」


松下幸之助さんありがとうございます。






タグ:
by new-jomon | 2020-03-23 14:21 | ヒーローは人の心を救う | Comments(0)

新太陽は真の天照大神の復活。

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_09290626.jpg


3月20日は春分の日。

この日家族で出かけようとしていたのですが、

突如夫の姉から電話があり、


急遽、

大阪市の高津へ行くことになりました。

夫の姉の住むマンションは

高津宮のすぐそばにあります。

高津宮は仁徳天皇の皇居です。

着いたらちょうどお昼でした。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_09460851.jpg
高津宮(筆者撮影)


仁徳天皇は難波神社の御祭神です。

勉強会では大変お世話になりましたので

高津宮でもごあいさつ

させていただくことにしました。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10315508.jpg
高津宮(筆者撮影)


第十六代仁徳天皇は

聖(ひじり)の帝(みかど)。

伝説の天皇ではありますが

船に乗って河内に降臨してきた神

ニギハヤヒ命です。

初代神武天皇に

日ノ本をお譲りされた神様です。


仁徳天皇はニギハヤヒだった

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10342297.jpg
高津宮(筆者撮影)


船はニギハヤヒを隠して祀っている証。

この神様はもともとの天照大神。

神武天皇に国を譲ってからは

神名を隠して

女神アマテラスの系譜の

補佐役に回ったのです。


ニギハヤヒが神武天皇に国を譲ったのは壮大な神の計画だった。

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10323045.jpg
高津宮(筆者撮影)


ニギハヤヒが守っていた頃の日本は

今とは正反対のシステムでした。

それは聖の帝とされた

仁徳天皇の伝説から

読み取ることができます。


ハク様と大根神を表に出す!

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10331320.jpg
高津宮(筆者撮影)


この高津宮に登られた際、

民のかまどから

煙が立ち上っていないことに

気づかれた仁徳天皇は、

税を3年間取りやめることを

決意されたのです。


古墳のアレはコレかも!?


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10153627.jpg
高津宮(筆者撮影)


その間、

皇居はボロボロになってしまいましたが、

三年後に

再び高津宮に登られたときには、

民のかまどから

煙が立ち上っていたのを

ご覧になったのです。




「これで我は豊かになった」

仰せになった仁徳天皇に皇后さまは

「皇居も衣服もボロボロのままです。

なぜ陛下は

豊かになったと仰せになるのですか」

と問いました。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_09302909.jpg
高津宮(筆者撮影)


仁徳天皇は仰せになりました。

「天は民のために君を立てられた。

民が豊かであることは

君が豊かであるということなのだ。

民が豊かで君が貧しいということは

未だかつてないのだ」と。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_09294447.jpg
高津宮(筆者撮影)


仁徳天皇は

さらに3年間税を取らないことを

決められたのです。

その間ますます皇居は

廃れていったのです。

民はおのずから皇居に出向いて

廃れてしまった皇居を修理したのでした。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10254886.jpg
高津宮(筆者撮影)


仁徳天皇は

豊かな国造りにも励まれました。

河内平野の治水に取り組まれ、

皆が豊かな食生活を確保できるよう、

稲作に力を入れられたのでした。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10265631.jpg
高津宮(筆者撮影)


仁徳天皇は

民を我が子と

思い慈しんでくださった

歴代天皇の鑑。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10054086.jpg
高津宮(筆者撮影)


その御心は

もともとの皇祖神である

天照大神の和魂(にぎみたま)・

ニギハヤヒ命。

系図ではアマテラスの孫(天孫)

とされていますが

本当はスサノオ命の息子の神様。


日本魂の復活は英雄神の汚名を払拭すること

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10163637.jpg
高津宮(筆者撮影)


なぜこの神様が隠されたのか

なぜ天照大神の役職を

女神様にお譲りになったのか。

それは

この地球が

銀河の縮図として創造され

相対する陰と陽の二極のシステムを

和合させるため。

壮大な宇宙の計画だったのです。


即位礼正殿の儀と神々の祝福


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10220204.jpg
高津宮(筆者撮影)


2020年より

これまでの社会システムは転換します。

これ以上今までのやり方を続けることは

もうできません。

女神アマテラスさまによる

国の経営は

うまくいかなかったのです。


日本の記紀は終わる


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_09305854.jpg

高津宮(筆者撮影)


天照大神は本来、夫婦一対です。

和魂がニギハヤヒ。

荒魂が瀬織津姫。


ニギハヤヒと瀬織津姫に仕掛けられた呪詛

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10241792.jpg
高津宮(筆者撮影)


隠されてきた元の皇祖神が

再び国造りをしていかれるのです。


アラハバキ神に同調しておこう!


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10201880.jpg
高津宮(筆者撮影)


わが国が再起するためには、

失われてしまった縄文の叡智を

取りもどすこと。


神武王朝は令和で終わる

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10583438.jpg
高津宮(筆者撮影)


奪い合い、争い合う価値観から

与え合い、共存共栄し合う価値観に

戻ること。


統合・反転・文明の完成へ。

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10580880.jpg
高津宮(筆者撮影)


これからの人類は

ふるいにかけられていきます。


今後大転換を果たしていくこの地球で

日本人としての在り方が

もっとも重要になってまいります。

なぜなら地球は銀河の縮図であり

日本は地球の縮図だからです。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10184135.jpg
高津宮(筆者撮影)



そして日本人は唯一、

神の遺伝子が刻印された民族だからです。


両極を統合して生み出す新しい価値観

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_10190125.jpg
高津宮(筆者撮影)


世の立て直しを率先するのは

日本人の役目です。

なぜならかつて

世界中に大調和時代を席巻した

縄文文明の記憶が

遺伝子に刻み込まれているのは

日本人だけだからです。


饒速日命は太陽の神様。

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_09295558.jpg
高津宮(筆者撮影)


わたしは

これまで隠されてきた神々と  

歴代天皇の因縁を明らかにし、

日本魂を目覚めさせて

国造りに励む方々に

重要なお伝えをさせていただく

役目があります。


縄文の神が姿をあらわす。ひふみのしくみ勉強会を開催します。

新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_11234939.jpg

高津宮(筆者撮影)


5月3日

仁徳天皇が御祭神の難波神社で

勉強会を開催させていただきます。

ひとりでも多く

ご参加いただけましたら幸いです。


遠方の方や

当日ご参加叶わない方には

後日音声ファイルの配信の

ご案内をさせていただきます。


新太陽は真の天照大神の復活。_b0409627_09290626.jpg
高津宮(筆者撮影)


真の太陽神は

天照國照彦天火明櫛甕玉饒速日命。

ニギハヤヒ命です。





最後までお読みいただきありがとうございます。

更新を通知する

いや~さか~。



第二回ひふみのしくみ勉強会のご案内はこちらです。

第一回ひふみのしくみ勉強会の音声ファイルを先にお聴きください。
第二回の勉強会はこのつづきです。
音声ファイルにつきましてはリンク先にてお願いします。






タグ:
by new-jomon | 2020-03-21 14:14 | 神々の世界を蘇らせる | Comments(0)

日本人はコロナの子

日本人はコロナの子_b0409627_11562537.jpeg


コロナコロナっていうけどね、


コロナは太陽。

日本人は太陽神の子孫だよ。


魂レベルでは

コロナがコワいはずがない。


日本人はコロナの子_b0409627_09453089.jpg
御机神社(筆者撮影)


新型コロナは

新しい太陽。


日本は日の丸

太陽の国。

日本人はコロナの子_b0409627_11150549.jpg
うちの白蛇さん(筆者撮影)


日の丸の赤は

太陽神のお目目だよ。


新しい太陽の出現を

いちばんコワがってるのはだあれ?







コロナがコワいのは

青いお目目の白い人。

やがて滅びゆくこの世の者達に


日本人はコロナの子_b0409627_17154218.jpg
息子の作品(筆者撮影)



女王が

コロナおそれて

岩戸閉め

新太陽の

時代はじまる


世界は女が動かしている


日本人はコロナの子_b0409627_23521748.jpg
日下貝塚(筆者撮影)



霧の国

支配した国

多いのに

日差し少ない

島に住んでる


スサノオ命は疫病退散の神様


日本人はコロナの子_b0409627_15443192.jpg
暗がり峠(筆者撮影)



逆さまの

世界がもとに

戻るとき

恐れているのは

支配した人



コロナのおかげで_b0409627_01090974.png



闇の世が

完成したら

開かれる

人民の手で

まことの世界

世界のしかけを表に出して見えてくるもの


日本人はコロナの子_b0409627_00041628.jpg
日下貝塚(筆者撮影)



日ノ本は

太陽の国

神の国

コロナ熱から

日の民目覚める



仁徳天皇の皇居へ。


日本人はコロナの子_b0409627_19011358.jpg
大型かまど(筆者撮影)


太陽の

臣民ならば

民たちを

飢えさせないのが

国士の務め

新天皇と安倍総理が背負われた因縁。

日本人はコロナの子_b0409627_09230633.jpg
仁徳天皇陵古墳



神と君

臣と民とが

目覚めれば

民のかまど

思い出すはず

新天皇と安倍総理は後醍醐天皇と大楠公。

日本人はコロナの子_b0409627_12374253.jpg
安倍首相から内奏を受けられる天皇陛下(宮内庁提供)


試される

国を背負った

偉い人

日の民守った

先祖のように

鬼といわれた真のヒーロー阿弖流為

アテルイからの伝言

日本人はコロナの子_b0409627_15120805.jpg
アテルイとモレの塚(筆者撮影)



日を背負い

日ノ本守った

豪族が

封印解けて

世直しはじまる


ナガスネヒコが守りたかったもの。


日本人はコロナの子_b0409627_10284704.jpg
忍陵神社(筆者撮影)



耐え忍び

待ちに待った

この時代

ナガスネヒコは

よみがえる


神武東征が表に出るよ。

アマテラスと神武天皇の国家戦略。その1

アマテラスと神武天皇の国家戦略。その2

アマテラスと神武天皇の国家戦略。その3



日本人はコロナの子_b0409627_12315767.jpeg
水掛け不動明王(筆者撮影)



ナガスネヒコは

よみがえる





今回も最後まで読んで下さり

ありがとうございます。

更新を通知する










タグ:
by new-jomon | 2020-03-19 14:07 | 世界の作り方 | Comments(0)

コロナの神は不動明王

コロナの神は不動明王_b0409627_12325576.jpeg


コロナはコワくないんだよ。

だって、太陽なんだもの。


コロナの神は不動明王_b0409627_12305958.jpeg
水掛け不動明王(筆者撮影)


コロナは太陽って言ったけど、

不動明王さんも

太陽の神様なんだよ。


コロナの神は不動明王_b0409627_12315767.jpeg
水掛け不動明王(筆者撮影)


じゃあ、

なんで不動明王さんは

激オコプンプン丸なの?

コロナの神は不動明王_b0409627_10493160.jpg
おこり不動尊(筆者撮影)


見る人の心に巣くう

悪を焼いてくだっているからなんだよ。


コロナの神は不動明王_b0409627_10385690.jpg
石切不動明王(筆者撮影)


太陽を背にして

めらめら燃え盛る炎は

太陽神の証。


コロナの神は不動明王_b0409627_10382068.jpg
石切不動明王(筆者撮影)


せっかくだから、

しっかり焼いていただきます。


コロナの神は不動明王_b0409627_10375312.jpg
石切不動明王(筆者撮影)


わたしの心に住み着いている

自分勝手な心、ウソつきな心

キャーキャーコワがる心を

焼いてくださって

ありがとうございます。

コロナの神は不動明王_b0409627_10250395.jpg
石切の御滝(筆者撮影)


今日は一段と

こんがり焼いてくださいましたね。

新コロナのおかげでしょうか。


石切の御滝(筆者撮影)

石切の御滝(筆者撮影)


ああ、それは世界中に蔓延する

燃えないゴミを

焼いてくださっているんですよ。


コロナの神は不動明王_b0409627_20543055.jpeg
磐船の滝(筆者撮影)


燃えないゴミ?

エゴっていうゴミです。

エゴは念だから燃えないんですよ。

エゴには萌えませんものね~。

むしろ萎えますね~。


コロナの神は不動明王_b0409627_20564710.jpeg
磐船の滝(筆者撮影)


怖い怖い

コワいコワい

あ~コワ。

人間はコワいの大好きなんですよ。


コロナの神は不動明王_b0409627_20571456.jpeg
磐船の滝(筆者撮影)


わざわざ怖がりたいから

ジェットコースターに

並んで乗っているくらいなんだもの。


コロナの神は不動明王_b0409627_00291423.jpg
面不動鍾乳洞(筆者撮影)


世界中の人が

一斉にビビるっていう

イベント感覚にノッてる

流行に乗り遅れない人は

コワいのがトレンド♪な

体験をしたいんだね。

ジェットコースターに乗りたいように。


コロナの神は不動明王_b0409627_00303016.jpg
面不動明王(筆者撮影)


コワいコワいって思う人に

コロナちゃんは

期待にお応えしてひっつくの。

で、

「あー!

わたしはコロナにかかってしまった!」

って、SNSに書いて拡散すれば

一躍有名人になれるよ。


コロナの神は不動明王_b0409627_00250956.jpeg
赤目四十八滝 不動滝(筆者撮影)


「〇ぬ~!」

「〇にたくない!」


「〇にたい」

と同じ。


コロナの神は不動明王_b0409627_00254936.jpeg
赤目四十八滝 不動滝(筆者撮影)


〇んだ方がいいのは

わたしの中にある産業廃棄物。

エゴはリサイクルに使えない

宇宙に拡散する不燃ゴミ。

それを焼いてくださるのが

コロナの神。


コロナの神は不動明王_b0409627_09595318.jpg
日下不動尊(筆者撮影)


コロナの神はコワくない。

新型コロナもコワくない。

来年の今ごろはきっと、

あんなことでコワがってたよね?

一斉にコワがったわたしたちが

わたしたちの暮らしを

コワくさせてしまったんだって、

わかるものだと思うよ。


コロナの神は不動明王_b0409627_10002668.jpg
日下不動尊(筆者撮影)



今のうちに

ジュージュー焼いてもらうといいよ。

いまならお不動さん、

焼き尽くし大セールしてらっしゃるよ。

萌えないエゴを

焼き尽くしてもらったら

コワいもんなし!


コロナの神は不動明王_b0409627_10440390.jpg
暗がり峠 観音寺 不動明王(筆者撮影)


そうそう、

エゴは〇んでも、

いのちは〇なないからね!


コロナの神は不動明王_b0409627_10431555.jpg
暗がり峠 観音寺 不動明王(筆者撮影)


不動明王さんのおかげさまで

スッとしました。

ありがとうございました。



今回も最後まで読んで下さり

ありがとうございます。

更新を通知する




タグ:
by new-jomon | 2020-03-17 11:43 | ヒーローは人の心を救う | Comments(0)

さらに裏を表に出していきます。

さらに裏を表に出していきます。_b0409627_12033036.jpg


第二回目の勉強会のお伝えをした後、

ある偶然がありました。

わたしの母が

パートの仕事を退職したのです。

母は27年間

同一の会社で働いていましたが、

今年度を最後に

辞める決心をしたのでした。


3月14日が最後の勤務でした。


27年間もよく続けてきたことを

電話でねぎらいました。


その翌日、

わたしはこの記事をアップしたわけですが


あることに気づいたのです。

母が長年働いていた会社は


わたしの母校である小学校の近くです。


さらに裏を表に出していきます。_b0409627_12374029.jpg
四條畷東小学校(筆者撮影)



四條畷市清瀧。

大阪と奈良をつなぐ清滝峠にあります。


アッ!!

\(◎o◎)/!

わたしはあることに気が付いたのです。

(核心の内容はブログには書けません)

おそらく勉強会でお伝えできるかと存じます。

(お許しがあれば)

とにかく昨日清瀧に行ってきました。


さらに裏を表に出していきます。_b0409627_12033036.jpg
清瀧峠(筆者撮影)


その記録をブログに書かせていただく前に、

あることについてを

先に書かせていただきます。

そのことは、

去年から気づいていたことなのです。


そのことについては過去記事でも

書かせていただいたことはあったのですが

さらに深めてお伝えさせていただきます。


今日はここまでとさせていただきます。


お伝えさせていただきたいことが

明るみになるにつれ、

新型コロナウイルス騒ぎが

わたしの中で遠のいていくようです。


エリザベス女王が

新コロナから避難して

お隠れになりましたね。

英エリザベス女王が別荘に避難
新型コロナ拡大で


これからはわたしたちの時代です!


さらに裏を表に出していきます。_b0409627_23183060.jpg



早速第二回目の勉強会のお申込み

いただきありがとうございます。

第一回目の勉強会の音声のご依頼も

継続していただいております。

ありがとうございます。

更新を通知する

勉強会のご案内はこちら

わたしたちが歴史の証人です!





タグ:
by new-jomon | 2020-03-16 16:32 | 神々の世界を蘇らせる | Comments(1)

新時代に必要なしくみを開示し、次世代型のモノを生み出し広めていきます。ご連絡は@123no493@icloud.com(最初の@をaに変えて下さい)


by そま
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る