人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

どん詰まりの世界を打破するには?

どん詰まりの世界を打破するには?_b0409627_23294006.png



現在の社会システムは

完全に機能不全に陥っていて

完全にオワコンなのは明らか。



それなのに、

国も既得権益を得ている方々も

現状の社会システムを

守ることに必死。



これ以上、

今のシステムを続けることは

不可能なのに

国を運営しているお偉いさん方は

決して今の構造を

根本から変えようとしない。



ドロドロだったこの日本を

一から造った神様は

後から来た神様に

国を譲ったけれど

その結果が今の日本の有様。



国造りをした神様と

国を譲ってもらった神様は

正反対の方法論。



国を譲った

国之常立命と大国主命は

天照大御神に

怒り心頭、激おこプンプン丸だった。



天照大御神の方法論は

1万年以上続いた

完全循環型社会の縄文とは正反対。

その方法論は、

滅びの道だった。

世界は女が動かしている。



日本は

教育も政治も医療も衣食住も

すべて逆向きのシステムに

組み込まれているため、

この社会の枠組みの方法論を

まるごと変えなければ

本当の解決にはならない。


解決法があるとするなら、

システムチェンジすること。




世界とは、

人類が共有している集合意識で

つくられている。

現在の文明は記紀が

すべての雛型になっている。

ところが

記紀自体が改ざんされていて

本当の歴史は隠されてきた。




わたしは

記紀に仕掛けられた

五度の岩戸閉めを洞察し

表に出す役目をしてきた。





この世界を変えるためには、

集合意識を変えなければならない。

そのためにはまず、

日本人の集合意識を変えるために

神話を正しく書き直さなければ

ならないことに気づいた。

この世界は自然のしくみと

逆行したシステムなのは、

統治している神が

逆さまのシステムだから。







神話には

逆さまの道理が仕掛けられている。

そのことを暴いて、

封じられ隠された神々を

表に出すことが

産土神との約束だった。





システムチェンジとは

神と神の交代ということ。

これまでとは逆さまのしくみを

元にひっくり返すこと。


神武東征が表に出るよ。



ひっくり返されたら、

今まで通用して来た

ウソ、偽り、奪う意識

これらは一切通用しなくなる。



これからは

今までの価値観をすっかり改めて

自分の中の内在神につながっておくこと。

内在神とは日本人の親神さま。




元の親神さまを忘れ、

これまで積み上げた

逆さまの価値観に染まってきたことを

心からおわびして

目を覚まして生きていくことが大事です。

それって、

人間の親子関係と同じなんです


子をもって知る親の恩


だから日本の古い神さまは、

だれよりも日本人のことを我が子と思い

叱ってくださるのです。




今回も最後までお目通しいただき
ありがとうございました。


ひふみのしくみ勉強会を開催します。

勉強会につきまして。



お申込みはこちらへ


フォームからお申込みいただいて
3分以内の自動返信メールはできませんが
必ずこちらからメールさせていただきますので
しばらくお待ちください。



皆さまのおかげで成り立っております。
ブログ登録をポチっとお願いします(^o^)/

更新を通知する



タグ:
by new-jomon | 2020-01-31 23:31 | 神々の世界を蘇らせる | Comments(2)

スサノオ命は疫病退散の神様②

スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_00262412.jpg

新型コロナウイルスが


世界中に猛威を振るっています。


日本にもついに感染者が出て、


罹患者は増えつつあります。





日本中が


新型コロナウイルスに


関心を寄せています。


人から人へ感染するという恐れと、


特効薬がない


ということへの恐怖。


不安、恐れ、心配。


疫病は古来より


もっとも恐れられてきた


国難でした。


我が国の正統なる歴史書では


神武天皇御即位で神話は終わり、


第十代崇神天皇の御代から


天皇紀がはじまります。


この時代は疫病が猛威をふるい、


遺体の山が積み上がるほど


日本は苦しんでいました。



崇神天皇の夢に大物主の神が現れて


「わが子孫である


オオタタネコに祭祀をさせ、


我を斎(いつ)き祀れ」


とお告げがありました。


崇神天皇は


オオタタネコを探し出して


お告げの通りにすれば、


疫病は鎮まったのです。


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_00401057.jpg
大神神社(筆者撮影)


神武天皇の系譜である


アマテラスの子孫が


この国を治めるようになってから、


疫病が起き、災害、干ばつ、


飢饉といった苦しみを


体験することになったのです。



それまでは


この天の川銀河と同じ


左回転方向のシステムであった


縄文の神が


この国を守っていたのですが、


逆向きの回転方向のシステムの系譜


つまり、


天皇制になってからは


不調和な事象が起きるようになったのです。


大難を小難に抑えるためには、


日本の国造りをしてきた


元の古い神の系譜の子孫が


天皇になり代わって


祭祀をする必要がありました。


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_01250544.jpg
大神神社(筆者撮影)


大物主とは大国主であり


神武天皇に国を譲った


ニギハヤヒ命です。


神武天皇即位以来、


天皇の補佐役として


祭祀を担ってきたのは


ニギハヤヒを始祖とする系譜、


物部氏でした。


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_00120484.jpg

石切神社(筆者撮影)


ニギハヤヒ命の父はスサノオ命です。


スサノオ命の別名は


牛頭天王(ごずてんのう)です。


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_17382462.jpg
五字神社(筆者撮影)


牛頭天王といえば


「蘇民将来」


という民話が思い出されます。


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_10513675.jpg

「蘇民将来」


みすぼらしい身なりの

武塔(むとう)の神が

一夜の宿を借りに二軒の家に訪ねる。

一件の家は

巨旦将来(こたんしょうらい)という

とても裕福な弟の家だったが、


薄汚い身なりを見て

泊めることを拒み、

追い払ってしまった。


そこでもう一軒の貧しい家を訪ねた。

そこは

蘇民将来(そみんしょうらい)と

いう兄の家で、

貧しいにもかかわらず、

喜んで迎え入れ、

出来る限りのもてなしをした。


数年後、

武塔の神はいつかのお礼を言うために、

蘇民将来の家を訪ねた。

神は、


「これを身に付ければ

末永く幸せになるだろう」


と茅(かや)で作った

茅(ち)の輪を

蘇民将来の家族に託した。


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_00000908.jpg
元春日 枚岡神社(筆者撮影)


その後、

村に疫病が流行り、

村人は蘇民将来の家族以外

みな死んでしまった。

武塔の神はこう言った。



我は

素戔嗚命である。

また疫病が

流行したら、

蘇民将来の

子孫である

と言えば

災難は免れるべし


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_00262412.jpg


わたしたち日本人は

蘇民将来の子孫です。

蘇民将来の子孫であるならば、

正直で親切で素直でいるかが

問われるのです。

それに加えて現代は

だまされないように

うばわれないように

気を付けなければなりません。

純粋な縄文のままではなく

弥生の智慧を取り入れる

ということです。

疫病は誰かが意図した計画で

広まったものかもしれない。

恐怖は金融を動かすエネルギー源です。

この世界は

誰かが儲かるように仕組まれている。

商法に扇動されないように

気を付ける必要があります。


こんなときは免疫力を高めるために

発酵食品を摂取することが

縄文の智慧です。


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_11273647.jpg
稗田野神社(筆者撮影)


味噌は最高の発酵食品です。


スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_11281275.jpg
稗田野神社(筆者撮影)


神社のご祭神の暗号は

形態で示されているのです。

スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_11263979.jpg
稗田野神社(筆者撮影)


『大日月地神示』


後巻





これからのこと申すぞ。


臣民人民、


皆々〇、(まこと)




知り変わるとき。





悪は分からぬように





ワヤに




いたしてきたなれど、



(おのれ)らの


撒いた学によって




苦しんで参るぞ。



人減らす計画、


神のつもりで


おるなれど、


己ら減らされること


まだ分からんのぞ。


悪魔に使われておる


人民は


(わけ)も分からず


毒造りては、


空から撒いて


人苦しめ、


水に撒いて


生き物苦しめ、


天から仕掛け


雨風動かし、


地に仕掛け


地揺らし、


人に入れて


身体苦しめ、


思考に入りて


操りて、


人民知らぬゆえ


やりたい放題


好き勝手


いたしてきたなれど、


、(まこと)


神々の仕組み、


いよいよ


見せますぞ。


良いか。



悪魔は


()の星へ


連れて参りますぞ。


悪魔の仕組み


無きものに


いたしてきた者たち、


悪魔に


操られておること


まだ分からんか。


無きものにいたせば


悪魔


やりたい放題


出来るのぞ。


知らず知らずに


悪魔のお膳立て



させられておるのぞ。


人民には分からん


どえらい悪事、


やりたい放題


いつまでもならんから、


いよいよ


時来たゆえに


成敗いたすなれど、


人民にも


分からせねば


ならんから


人民


苦しまねば


ならんのであるが、


あまりに


可哀想であるから


(はよ)う分かって下されよ。


お人好しも


馬鹿がつくと


悪になるぞ。


善の仮面被った


悪になりますぞ。


いつまでも


分からんと申して、


善の仮面被った


悪ではならんぞ。


悪魔に



加担し続けては、


皆々ますます


苦しくなるばかり。


分かる者


どんどん


うれしたのし


変わっておるのじゃが、


まだまだ人民


救ってやりたいゆえ、


楽にしてやりたいゆえに


しつこく申すのぞ。



人の意識変わらねば、


世の中は変わらんのぞ。


人の意識


操られておるから、


己気づかなければ


操られたままであるぞ。


人民、


(おのれ)が操られておること


信じられんで


あろうなれど、


悪魔は簡単に


人を操れるのであるぞ。


悪魔の力


どれほど強いか、


ずる賢いか、


人民知らんのぞ。


負の感情与え続け、


好き放題に


操っておるのぞ。


そなたは



己が何ゆえ


そう思うか、


問うてみよれ。


その思いは


どこから来ているのか、


考えてみよれ。


自分の頭で


生み出していると


思い込んでおるなれど、


思考は


元より在るものが


そなたに


流れて来ておる仕組み。


無限にある思考を


選んでおるのみじゃ。


(おのれ)で選んでおると


思うなよ。


思考を選ばされて


おるのじゃぞ。


操られておるのじゃぞ。


人民に


与えられておる学は、


まだまだ


低きものであるのぞ。


地の人民、


いつまで


操られておるのじゃ。


骨抜きにされ



操られ、


善の仮面被った


悪の人民に


させられて


おるのじゃぞ。



(まこと)を求めよ。


求めねば進まんぞ。


人民、


真の喜び


まだまだ知らんのぞ。


うれしたのし


(あふ)れる世、


皆で創れるのぞ。


戯言(ざれごと)申して


おるのではないぞ。


人民、


目覚めねば


新し世創れんから


くどう申すのぞ。


生き物皆々


うれしたのし


世直しいたすゆえ、


これからますます


悪事表に出して


膿出して、


人民の目覚(めざ)まし


いたしますぞ。



地の人民、


靈人だけでは


もうどうにもならんから、


昔から縁ある


()の星の方々も、


鍛えてきた


善良なる


靈団靈人らも、


皆々総掛かりで


世直しいたしますから、


まこと目覚めた人民、


安心して


お役目


いたして下されよ。


神人に伝えてあるから


聞いて下されよ。


世界中、


真偽(しんぎ)ひっくり返して


世の立て替え立て直し


ますます激しく


なりますから、


人民、


(ふんどし)締めて、


まこと目見開いて


生きて下されよ。


うれしうれし


たのしたのし


かわるかわる、


ありがたいありがたい、


よのはじまりはじまり、


うるうるう


おうおうおう。


神人唄いて


笑う変わる。


おうおうおう


あーあーあー


えーえーえー


うーうーうー


おうおうおう。


二〇一五年


十二月二十九日



神人遣いて申す。


大日月地(おおひつく)星大靈団(ほしおおれいだん)神々御靈(かみがみおんたま) 


(つど)う。



スサノオ命は疫病退散の神様②_b0409627_17382462.jpg
五字神社(筆者撮影)


「わかりたか。」

by 牛頭テンノウ様。


今回も最後までお目通しいただき
ありがとうございました。


ひふみのしくみ勉強会を開催します。

勉強会につきまして。



お申込みはこちらへ


フォームからお申込みいただいて
3分以内の自動返信メールはできませんが
必ずこちらからメールさせていただきますので
しばらくお待ちください。



皆さまのおかげで成り立っております。
ブログ登録をポチっとお願いします(^o^)/

更新を通知する



タグ:
by new-jomon | 2020-01-30 11:53 | 神々の世界を蘇らせる | Comments(0)

⑥病気は社会構造のシステムエラー。

⑥病気は社会構造のシステムエラー。_b0409627_11243877.jpg

病気のない世界にしたいと思ってた。

医療の世界に入ってみれば、

病気の人は山ほどいて、

人は健康でなければ

心からの幸せを感じることは

できないことも知った。


実の父が難病になり、

人工呼吸器をしなければ

たちまち命が失われてしまう状態が

2年続いた。

延命措置は西洋医学のたまもの。

しかし、

2年の眠りから目覚め

意識を取り戻した父は、

現状に絶望してうつになった。

そのため原疾患が悪化し

ガンも発症した。

合併症だけでも5つあった。

先生は原因不明だとおっしゃった。

働き盛りの50歳。

人工呼吸器は

個室でなければならないため

毎日のベッド代が1万円。

それが2年続いた。

さらに2年の入院生活。

子どもは3人。

母は気丈に振る舞っていたけれど、

極度のストレスでガンになった。

こうして書いてみれば

悲惨きわまりないけれど、

人生何とかなるもので、

現在母は元気で

きょうだいもみな結婚し、

それぞれ子どもも生まれた。

父は58歳で亡くなった。


大学病院のシステムが

どんなものなのかを

患者サイドからよく見て来た。

白い巨塔は本当だった。

それ、意味あるの?

という毎週のレントゲン撮影。

大量ステロイド投与。

医学書には

その治療法しか書かれていないのだから、

医師はその通りに

治療するのが当然のことだった。

現場の先生方も

相当ジレンマがあったと思う。

実際、父は担当医とよくケンカしていた。



鍼灸古典には

上古代、

自然と調和していた人々は

悩みもストレスもなく、

病など存在しなかった。

時代が下ると、

心配や怒り悲しみの感情が芽生え、

氣のバランスが崩れるようになった。

そのため氣の過不足や滞りにより、

肉体に不調が現れるようになった。

とある。


病気になってから治療することは、

「水を飲むのに

今から井戸を掘るようなものだ」

と古代の先哲は書き残している。


今、まさにほとんどがその状態。

病気になってから治療するのだから、

途方もない。

特に今の富裕層は

保険外治療を受けることがスタンダード。

つまり、

お金持ちのための医療になっているのが現状。

医療のシステムが変わらない限り、

世界の病気はなくならない。

すべてが行き詰ったシステムに

がんじがらめになっているこの世界で、

ストレスなく生きていくこと自体が

困難な時代。


上古代の先人たちとは

真反対の環境に

生きているわたしたち。

それでも

この環境下生きていかなければ

ならないのだとしたら、

どんな智慧を働かせればよいだろう?



つづく。



今回も最後までお目通しいただき
ありがとうございました。


ひふみのしくみ勉強会を開催します。

勉強会につきまして。



お申込みはこちらへ


フォームからお申込みいただいて
3分以内の自動返信メールはできませんが
必ずこちらからメールさせていただきますので
しばらくお待ちください。



皆さまのおかげで成り立っております。
ブログ登録をポチっとお願いします(^o^)/

更新を通知する







タグ:
by new-jomon | 2020-01-29 12:48 | 物づくり・医薬の神 | Comments(0)

スサノオ命の汚名を晴らす①

スサノオ命の汚名を晴らす①_b0409627_22055169.png

高校の日本史の授業中、


こんなことがありました。


日本史の先生は


かなりの歴史マニアの


おじいちゃん先生でした。


その先生が授業中に


「天の岩戸開き神話」


の話をされたのです。


スサノオ命の汚名を晴らす①_b0409627_01334166.jpg
天の岩戸開き神事



おそらくこのときはじめて


スサノオがアマテラスの弟


だということを知ったと思います。


「スサノオが悪事の限りを尽くしたことで


困った姉が天の岩戸に隠れてしまった」


ということを話しておられました。


スサノオ命の汚名を晴らす①_b0409627_17082012.jpg

五字神社(筆者撮影)




「スサノオはわるくない!」



わたしはなぜかそう直観したのでした。


2017年秋、導かれていくうちに


神様の世界に


対立構造があったことを知りました。



「男神天照大神は 天照国照彦天火明奇玉饒速日尊(アマテルクニテルヒコアメノホアカリクシタマニギハヤヒノミコト )すなわちニギハヤヒは出雲系でスサノオの四男


このことも初めて知りました。


そこでスサノオについて


調べてみたんです。


なんと『古事記』では、


これでもか!これでもか!というくらい


スサノオをこき下ろしまくっております。


極度のマザコンで亡き母(イザナミ)


会いたさに泣きわめき


(そのせいで世界は大混乱し)


暴れまくり(田畑が荒れ)


糞尿をまき散らし・・・って、


これ以上なくひどい書かれようです。


挙句の果てには高天原から


人間界に追放されてしまうのです。




スサノオを


悪者に仕立て上げる


必要があったのでしょう。


数々の汚名を着せて


追放された身として


国津神にしておかなければならなかった


事情があったのです。


(このことはあらためて)


スサノオ命の汚名を晴らす①_b0409627_00055405.jpg


でもね、スサノオは日本神話では


元祖ヒーローの中の


ヒーローの神さまなんです。


なぜなら、


追い出された人間界で


ヤマタノオロチを退治して、


いけにえにされていた


クシナダ姫を救い出して


結婚するという


ヒーローの王道をゆく神様だから。


本当のスサノオは超カッコいい


スーパースターの神様なのです。


月岡芳年『日本略史之内素戔嗚尊出雲の簸川上に八頭蛇を退治し給ふ図』
月岡芳年『日本略史之内素戔嗚尊出雲の簸川上に八頭蛇を退治し給ふ図』


スサノオ命の本当の姿は


素直で


心意気が


すがすがしく清らかで


勇敢で


親切で


弱い者を助け


うそをつかない


だまさない


汚さない


約束を守る


裏切らない


強い神。


これらは


日本人魂に


刻み込まれた


性質であり


素戔嗚命の


遺伝子なのです。


スサノオ命の汚名を晴らす①_b0409627_21065889.jpg

神話ではことごとく

夫婦神が引き裂かれる呪詛が

仕掛けられていますが、

スサノオ命はクシナダ姫と一体化して

ヤマタノオロチを退治するのです。


スサノオ命の汚名を晴らす①_b0409627_00262412.jpg

この勇敢で悪を許さぬ強き神こそ

日本人の親神さま。

スサノオ命が

アンチヒーローにされてしまったから、

自虐史観を植え付けられ、

自尊心を損なってしまった。

戦後、GHQが教育に介入したけれど

本当は神話から自虐史観が

刷り込まれていた。

外国は日本を奪おうと

何度も渡来してきたけれど、

支配下に置くことはできなかった。

戦国武将は世界最強だったから。

スサノオのはたらきこそ

世界が恐れた日本人魂。

日本人魂を封じさえすれば、

日本を支配下することができる

と考えたイギリスは

武士から刀を奪い、髷を切らせ、

アメリカは

3S政策で

日本人を骨抜きにしたのです。


3S政策・日本人白痴化計画

(ご存知ない方は必見です)


この政策が3世代にわたり

完全に浸透したのが現在の日本です。






つづきます。


今回も最後までお目どおしいただき

ありがとうございました。









タグ:
by new-jomon | 2020-01-29 01:36 | 神々の世界を蘇らせる | Comments(0)

八百万の神々からのメッセージ



八百万の神々からのメッセージ_b0409627_23565833.jpg



読者さまからメールをいただきました。

今日の夕方、

眠くて起きていられなくなりました。

夢を見ました。

夢と現実のはざまにわたしはいて

「本当のことを伝えて欲しい」

ということを

姿形なくあらゆる存在が

夢で伝えてきました。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_00041628.jpg
日下貝塚(筆者撮影)

わたしは三年前から

この世界のカラクリを

表に出すために導かれてきました。

縄文文明と弥生文明の転換期は

神武東征にあるということ。

ひのもとから日本へ。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_18111332.png

神武天皇より始まった天皇制は

この宇宙の回転方向とは

逆向きのシステムだということ。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_01334166.jpg
天の岩戸開き神話


その仕掛けは

記紀神話の呪詛によって

国家の集合意識を構築するために

意図的に操作されていたということ。

大調和時代のひのもとの神は

鬼にされ、悪役にされ

封じられてきたということ。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_15062731.jpg
片埜神社(筆者撮影)

記紀の呪詛は元の神の封印。

歴史書を改ざんした目的は、

ひのもとの神名・地名を

隠すためだったこと。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_00113589.jpg

現文明は

神と神の戦いが本質であり、

神と神の対立関係が

二元性の根源だったことを

わたしは気付きを得て

突き止めました。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_12430235.jpg
磐船神社(筆者撮影)

大調和時代は宗教はなく、

巨石や自然を崇拝していたこと。

縄文人は

意識エネルギーによって

原子を物質化していたこと。

原子にも意識があることを

縄文人は知っていたということ。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_13502473.jpg


大調和から不調和へ。


神武天皇が

即位してからというもの、

日本は

疫病が蔓延するようになった。

その原因は、

自然界の仕組みに逆らったから。

疫病を鎮めるためには、

大調和の神の子孫による

祭祀でなければならないこと。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_00000908.jpg
元春日 枚岡神社(筆者撮影)


祖先である親神の

遺伝子を受け継いでおり、

祭祀の体験が先祖より継承され、

血脈に刻み込まれた者で

なければならないこと。


天皇制の導入はすなわち、

スメラミコトの系譜の

交代だったということ。

八百万の神々からのメッセージ_b0409627_00443971.png
石切神社 饒速日命(筆者撮影)


大調和から不調和へ

光から闇へ。

その体験を経て学び、

さらなる

経験値の高い光となるために。


八百万の神々からのメッセージ_b0409627_01224534.jpg
大神神社(筆者撮影)


ここまで書いて、

また寝てしまいました。

夢をまた見ました。

暗闇の中、

ある神社に行っていました。

そこにも

名前を書き換えられた

神様が祀られていて

わたしはそのことを

表に出すために

ブログを書いていたのでした。

ここで目が覚めました。

やはり、

繰り返し繰り返し

これらのことを

お伝えしていかなければ

ならないようです。

なぜなら、

歴史は繰り返してきたから。

でももう

タイムリミットが来たため、

歴史を繰り返すことはできません。

その本質である

原因を洞察して突き止め、

因縁を解消しなければならない時は

今です。


八百万の神々からのメッセージ_b0409627_02094645.jpg
大神神社(筆者撮影)



『大日月地神示』


【後巻】


七十


世を操る魔の企て



知らねばならん。




人は無知であるから、



まんまと騙されるのぞ。



まことと嘘の区別できねば、


いつまで経っても


真の世は創れん道理ぞ。


地の靈人れいじん


人民、


いつまでも


騙されておるでないぞ。


金と力で



支配する者らおるから、


世は悪しきこと


起こりてきたのじゃぞ。


魔の靈団靈人の


僕となりてきた




人民らが


思考をいいように操られ、


世をかき乱しても来たのじゃ。


何万年


何千年と


繰り広げてきた


人の歴史であるから、


ますます人民には


何がなんだか




分からんのう。


歴史そのものがみな


支配されて


作られてきたものであるのぞ。


雨、風、雷、


地震、津波、


難病奇病、


何もかも


学使いて引き起こして、


神に成りすまし、


神を悪者に仕立て上げ、


好き勝手し放題


し続けてきた


悪魔の僕たちよ、


いよいよ




立場ひっくり返りて、


因縁相応にみな


苦しまねばならん時


参りましたぞ。


すべては


御魂みたまに刻まれておるから、


誰も逃げ隠れ嘘は


つけんのでありますぞ。


大神から御魂に


まことの薬つけてやるから


病治るぞ。


悪さいたした分だけ、


もがき苦しまねば


毒出しできぬから、


おのおの辛抱なされよ。


苦しむのは


おのれもたらした因果じゃぞ。


神は御魂みたまの中から


すべて視ておるのぞ。


隠しごと一切できぬ


お仕組みじゃ。


人民には知るはずもなく、


靈団靈人れいだんれいじんとて


分からんのじゃから、


ここで申しておくぞ。


神と学のいくさ


決着はとうに


ついておるのじゃぞ。


学は神のものじゃ。


神から与えられた学を


悪しき使い方




してきたゆえに、


皆々苦しむことに


なりたのじゃから、


学は神に




お返しせねばならんぞ。


神に成りすましてきた


悪魔や




僕の者らも皆々、


これまでの悪さ




すべて暴いて、


罪と罰のお仕組みで


まこと学ばすぞ。


悪魔、





僕らよ、


そなたらは


神に創り出された



御魂みたまぞ。


ゆえに



どこまでいっても


神にはかなわんのじゃ。


そなたらを創りたものぞ。


敵う訳があるまいに。


散々世を


しっちゃかめっちゃかいたし


気も済んだであろうぞ。


そろそろ





宇宙全体の者たちが





始末つけに参りますぞ。


地の掃除洗濯しに





入りますぞ。


地の星、


救わねばならんから、


いよいよ時来たぞ。


地の靈人。


人民皆々、


悪しき思い手放せよ。


洗脳されてきた歴史、


いよいよ終わるのぞ。


意識、変わるのぞ。


大神の氣流れ、


次々と






良き意識となりますぞ。


掃除洗濯とは、


意識の浄化でありますぞ。


まことの意識に戻りますぞ。


浄化に苦しみ





喜び下されよ。


分相応じゃから、


大神、


悪く申すでないぞ。


自業自得ゆえ


改心なされよ。


縁ある人民、


心込めて


神示読み上げて下され。


皆々様方に


読み聞かせて下されよ。


洗脳解く





お役目でありますぞ。


目覚めた人から順に、


まこと伝え


皆に聞かす





お役目いたし、


世の立て替え





立て直し


いたし下されよ。


言葉、


力放ちて





まこと顕れる時


来ておるのじゃから、


まことに目覚めた人、


心勇んで





動き出しなされよ。


すべて





そなたの魂の中から


視ておりますぞ。


魂は内なる宇宙ぞ。


大神の雛型ぞ。


何もかも


お見透しでありますぞ。


寂しくないぞ。


そなた





独りではないのぞ。


守護靈殿や





指導靈殿、


縁ある良き靈人らに


支えられて





生きておりますのぞ。


そなた、


愛されておりますから、


喜びに生きて下されよ。


良き世創る御魂として


生きなされよ。


お蔭は何万倍にして


喜び次々





与えて参りますぞ。


仕組み隆々、


後の仕上がり





楽しみになされ。


生きる歓喜の念に





浸り下されよ。


むーうーるーうーおーー、


あーらーわーれーるーー、


おーおーおーおーおーー、


わーらーわーらーわーー。



二〇一七年


十二月十五日


大日月地大神御靈おおひつくおおかみおんたま


はーー〇◎、。


八百万の神々からのメッセージ_b0409627_20323480.jpg

「分かりたか。」


by牛頭がトレードマークのウルトラのコンジン様



今回も最後までお目どおしいただき

ありがとうございました。


真の歴史の開示と次世代創造の

二本立てで参ります。




皆さまのおかげで成り立っております。
ブログ登録をポチっとお願いします(^o^)/

更新を通知する



タグ:
by new-jomon | 2020-01-28 02:07 | 神々の世界を蘇らせる | Comments(2)

⑤借金と結婚

⑤借金と結婚_b0409627_22383871.png

大阪のおばちゃんは

世話好きで有名。

下積みの下積み時代、

じゃりん子チエちゃんの住んでる

通天閣が見える下町で

はたらいたことがあるけどね、

そこに住んでるおばちゃんたちは

ホンマにヒョウ柄着てるんやで。

そこでは、

新入りさんは

ベテランの患者さんに

育ててもらうシステムやったよ。

おばちゃんたちが

実験台になってくれたんやで。

もちろんその後、

院長先生がちゃんと

フォローするんやけどね。

「あんた、どこから来たん?」

から始まって、

質問攻撃がはじまる。

おばちゃんたちは

「そこちゃうで」

「だんだん上手になってきたやん」

とかいろいろ本音で言ってくれる。

ときどき差し入れしてくれたりして

色々よくしてくれたよ。

そこを辞めると言ったとき、

「あんた、やめなや」

と言って、

涙を流してくれたおばあちゃんとか、

「うちの孫とつきあってやって」

と(見ず知らず)のお孫さんの

ケータイ番号を書いた

メモを渡されたりした。


大阪の十三(じゅうそう)で

下積みしたときも

ベテランの患者さんに

育ててもらったよ。

とにかく

大阪の下町に住んでる

おばちゃんたちは

強烈なキャラやったよ。

大阪人は日常がボケとツッコミで

裏表がないから

変に気を使うこともなく

お笑いみたいに

みんな面白おかしかったよ。


そしてみんな親切やったよ。


病院勤務したところは

大阪城の下町やったけど

やっぱりベテラン患者さんがいて

本当によくしてくれたよ。

なんでか?どこに行っても

お見合いの話を持ってこられたけど

それぞれのおばちゃんはこう言ったよ。

「金持ちのボンやから、楽させてもらえるで」

とか、

「土地持ちのボンやから、この人にしとき」

とか。


(ボン=長男)


海千山千のおばちゃんたちの言うことを

二十代の女子は笑いながらスルーしたよ。


おばちゃんたちの着眼点は

親の職業やら資産やら

個人情報保護法なんか

あってもなくても

大阪のおばちゃんには関係ない。


「この人にしとき」

と、頼んでもないのに勧めてくれた。


人生、経験を積むと視点が変わる。

おばちゃんたちは

人生のほとんどは

お金の苦労で占めることを知っていたから。

悲しいけれど、

この世界で生きていくためには

お金がいるよ。

でもね、

若さゆえ、無知ゆえに

二十代の女子は

結婚はお金じゃないと思ってた。

わたしが結婚した相手は、

2400万円の借金持ちのボンだった。

(笑)


ひふみのしくみ勉強会を開催します。

勉強会につきまして。



お申込みはこちらへ


フォームからお申込みいただいて

3分以内の自動返信メールはできませんが

必ずこちらからメールさせていただきますので

しばらくお待ちください。




皆さまのおかげで成り立っております。

ブログ登録をポチっとお願いします(^o^)/

更新を通知する




タグ:
by new-jomon | 2020-01-26 23:52 | 物づくり・医薬の神 | Comments(0)

ジャンル移転と勉強会につきまして

ジャンル移転と勉強会につきまして_b0409627_12313562.jpg

いつも当ブログにお越しいただき

まことにありがとうございます。

突然ブログのジャンル移転をすることになり、

ここにいます。

これも突然の直観を受けてのことでした。


「エエッ!? 

今このタイミングで

ジャンル移転ですか!?

だって、

勉強会告知して

まだ3日目ですよ!?」


焦りました。


本心では今動いたら、

勉強会に人が集まらないんじゃないかとか

読者さんがいなくなっちゃうのではないかと

思いました。


「なぜ今なんですか?

今の環境を変えたくないです」


・・・といった、

転校することを拒む小学生のような心境でした。

ブログをはじめて一年間、

慣れ親しんだ場を離れたくありません。

でもそれはエゴです。



まったく違う、

正反対のジャンルに移行しなさい、

という直観でした。


ジャンルの移転は

かねてから感じていましたが、

どのジャンルに移行するのかは

わかりませんでした。


なぜか医療ネタが浮かんだので、

医療ジャンルに移行して

書きはじめました。

思い付くままに書いていきました。


医療ネタは山ほどありますけど、

そんなことじゃないな、

と感じながら

とりあえず書いていきました。

書いていくうちに、

徐福が出てきました。

予想外のことでした。


医療ネタの各論を書くのではない、

ということがそのときわかったのです。

これまで直観を受けたことを

実践行動した記録として

書いてきましたが、

今回もそのような経緯で

書くことになりそうだな

と言うことだけわかりました。

とはいえ、

新しいジャンルに移転することは、

とても勇気が要りました。

でも、夜中に寝ていた時にふと、

「あ、今だ」

と感じて目が覚め、

ほぼ無意識的に

ジャンル移転にポチっとしていました。

そのあと、

ものすごい不安にかられて

元に戻しました。

その直後にある方から

「ジャンルの移転おめでとうございます」

とのメールをくださって、

ああ、やっぱりそういうことなのですね・・・。

とあきらめました。(^^;)


安定を許されない。


これは今まで痛いほど実感しています。

安定の中から変化は生まれないからです。

(わたしの人生、安定とは無縁だったわ)


ジャンル移転したことによって、

訪問者様の人数がだいぶ減りました。

また一から

はじめなければならないんだなあ、

と思いました。

転校生になった気分でした。

でも、ジャンルを移転しても

変わらず当ブログに

来てくださる方々がいてくださることは

涙が出るほどうれしく、

心からありがたいと思いました。

ブログがどのように変化していくのか、

わたしにはわかりませんが

「縄文」のキーワードがやっぱり出てきたので、

これを現代社会において

復活させるために、

どのように働くことになるのかの

挑戦のようです。

縄文の神様は弱い者の味方ですが、

エゴには大変厳しいです。

わたしはもはや道具なので、

御意思のとおりに実行するのみです。



さて、勉強会を告知させていただいて

6日間経過しました。

ありがたいことに、

直観でお申込みいただいた方が

予想以上にいらっしゃいました。

具体的なお話の内容は

告知させていただいていなかったのにもかかわらず、

迷いなく直観で決めてくださった

決断力と実行力ある方々に、

感服しました。

会場まで行けませんが、と

メールをくださった方も何人も

いらっしゃいました。

わたし自身、

勉強会を開きなさいという

直観が来たので

その告知だけで突っ走ったので、

内容を具体的に

お伝えできなかったのですが、

告知してから、

勉強会の内容がわかりました。

「縄文の叡智を蘇らせ和合を結ぶ」

これを告知後に直観として受け取って、

ストンと肚に落ちました。

このことを伝えなさいと

いうことだったのです。

このことをわたしの経験をもとに

お伝えさせていただきます。

ぜひご参加ください。



179.png ひふみのしくみ勉強179.png

日程:2020年2月23日(日・祝)

時間:13:30~16:00

会場:大阪市内

会費:3,000円

終了後、懇親会を予定しています。

予算は1,000円です。

お茶会もぜひご参加ください。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



ご希望の方はフォームから

お申し込みをお願いします。

詳細につきましては

個別にお知らせいたします。



ひふみのしくみ勉強会を開催します。

追記:勉強会につきまして。


お申込みはこちらへ


フォームからお申込みいただいて

3分以内の自動返信メールはできませんが

必ずこちらからメールさせていただきますので

しばらくお待ちください。




皆さまのおかげで成り立っております。

ブログ登録をポチっとお願いします(^o^)/

更新を通知する





by new-jomon | 2020-01-25 01:09 | ひふみのしくみ勉強会 | Comments(4)

④医療の世界の理想と現実

④医療の世界の理想と現実_b0409627_11563314.png

「病気のない世の中にしたい」


誰だって、

初心は高い志があったんだよ。

そうでなきゃ、

高い学費を払ってまで

学校なんかに行かないよ。


「病気のない世の中にしたい」

なんて思っても

実際は医療に携わる仕事に就くと、

病人がいなけりゃ

食べていけない現実にぶち当たる。


ってことは、

病人がいれば

もうかる仕事があるんだよ。


薬なんかいらない、

寝てたら治るよ。

なんていう

お医者さんっているのかな。


それ言ったら、

患者さんにクレーム付けられるから

「とりあえずお薬出しときますね」

が妥当だろうね。


そうそう、

鍼灸ってね、

もっとも地位が低いけど

開業できるんだよ。

あと、

柔道整復師っていってね、

武道の医術なんだけど

「ほねつぎ」も

開業できるんだけどね。


これらは戦前からあった医療だからだよ。




戦後生まれの専門職でお給料の高い

看護師さん

理学療法士さん

作業療法士さん

言語療法士さんたちとは

そこが違うんだ。


でもね

戦前まで主流だった医療は、

薬屋さんから

嫌われているんだよ。

鍼灸なんかが普及されたら


薬が売れなくなるからね。


医師会からも排除されてるんだよ。

鍼灸と柔整は

とにかくのけ者なんだ。



徐福っていう


不老不死を求めてやって来た渡来人は


鍼師を船に乗せて


日本に連れて来たんだよ。


鍼の起源は尖った石だよ。


縄文の石器は


医術にも使われていたんだよ。


徐福は中国から渡って来たけれど、


本当は


縄文の叡智を携えて


帰ってきた人だったんだよ。


こんなことは、


鍼灸学校の先生でも


知らないことだけどね。



それでも昔は


鍼医者とか


言われていたんだよ。


お灸は日本独自の医療だよ。



ちなみに


縄文のテクノロジーは



現代科学よりも


はるかに高度だったんだよ。


そもそも、


病気自体がほとんどなかったんだよ。


病気に至る前に治していたんだよ。


これを未病を治すというんだよ。



柔道整復は武道の活法なんだよ。


日本で最初の受領委任払い


(3割負担とかの支払いシステム)は


柔整だったんだよ。


そんなこと誰も知らないよね。



戦後、


医療界にピラミッドができて


その頂点に医師が君臨して、


すべての医薬業界を統括する


システムに変わったんだから。


鍼灸は遡れば


縄文の叡智の医術なんだけど、


縄文は徹底的に


壊滅させられた因縁があるから、


現代も同じことを繰り返してるよ。





仕方ないよね。

現代は

エビデンスとか

検査データとかの


結果しか見ない価値観


に完全に支配されてしまったからね。


目に見えない氣の医術なんて


証明できないから


なおさらだね。



でもね、


鍼灸と柔道整復は

療養費(医療費)が

めっちゃ安いんだよ。


アレッ!?

っていうくらい、

安いんだ。


健康保険を使った場合だよ。


薬代0円


検査代0円


だけでなくて


単価が安い。



そりゃあ、

お医者さんみたいに

莫大な経費がかかってないからね。


国も企業も医療費削減!

とか言ってるけどね、

鍼灸とか柔整を活用したら

うんと医療費削減できるのに。

むしろ逆をしているよ。

鍼灸と柔整にかかれないようにしているよ。


それで病人が減ったなら、


そのシステムは理にかなってるんだけど、


なんでますます病人が増えてるの?


なんでますます医療費が増えてるの?


医療って、誰のものなのかなあ?






いつも読んで下さってありがとうございます。


更新を通知する


歴史ブログで世界が意図してつくられたカラクリを開示してきました。

隠されてきた歴史の開示と

現代社会のカラクリ開示の二本立て。

これらは密接にリンクしているしくみです。



ブログ登録お願いします(^o^)/

更新を通知する


隠されてきた歴史がわかればこの世界がわかるよ。




タグ:
by new-jomon | 2020-01-24 00:06 | 物づくり・医薬の神 | Comments(1)

③経営者と従業員

③経営者と従業員_b0409627_00481248.png
院長先生はもちろんお医者さん。

専門は整形外科だよ。

比較的ゆとりのある午後診は

ときどき院長先生の横について

診察を見せてもらったよ。


院長先生、

徒手検査がすばらしく上手だったよ。

テーピングを巻くのもお見事だったよ。

お医者さんはね、

頭が良いだけじゃなくて

手先も器用なんだよ。

そうでなきゃ、

手術なんてできないよね。


そうそう、

院長先生がいない日があったよ。

その日はスタッフ全員がお気楽だったね。

月に一度、

学界か何かの会合があるんだって。

院長先生、

その日はジャガーに乗ってったよ。

車の運転得意じゃないのにって、

ベテラン看護師さんが言ってたよ。


ベテラン看護師さんたちは

いつも色々言ってたよ。


人使いが荒い、

給料上がらない

決まった日に給料がもらえない

支払いの引き落としの日までにもらえない

いつも文句言ってたよ。


院長先生、

お医者さんだけど、経営者。

患者さんだけでなく、

従業員の面倒も見なきゃいけなくて

従業員の給料も払わないといけない。


病院の家賃だって払ってるかもしれない。

お子さん2人医学生。

高~い学費も払わなくちゃいけないし

お付き合いもあるんだよ。

お医者さんって、

患者さんを診るだけじゃないんだね。

経営とかって、

どこで教わるのかな?


お金の勘定って、

医大でも教わるのかな?


たくさんの薬屋さんが

診察終えるのを待って営業してるよ。


そりゃあ、


お薬出さなきゃ儲からないよね。


儲けなきゃ、


月々の支払い大変だもの。


新しい薬の名前を覚えるの大変だって、


看護師さんはいつも言ってたけどね。


院長先生は

とにかく大変なお仕事なんだってことだけは


いちばん下っ端でも

なんとなくわかったよ。

ときどき機嫌が悪いのも

無理ないよね。


お医者さんって、

世界の病人を減らすどころじゃなくて

従業員に給料を払うことのほうが

実際問題なんだってこと、

わかったような気がしたよ。




最後まで読んでくださってありがとうございました。

更新を通知する

医は仁術。

経営も仁術。



勉強会受付中です。



お気に入りに入れてね(^o^)/

タグ:
by new-jomon | 2020-01-23 01:42 | 物づくり・医薬の神 | Comments(0)

②なんで?なんで?

②なんで?なんで?_b0409627_01023107.png


お医者さんはね、

めっっちゃ頭がいいんだよ。

頭の中に、

分厚~い医学書が

そのまま入っているんだよ。

お医者さんになるためには

ものすごーーーく

勉強しなきゃなれないよ

お金がものすごーーーく

かかるんだよ

それだけの莫大なエネルギー源は、

きっと

いのちを救いたい、

人を助けたいという

尊い思いなんだよ。


超・激ムズの国家試験に合格して

晴れてお医者さんになれた!

おめでとうございます。

これで世界の病人を減らせますね。

みんな幸せになれますね。

・・・って、

みんなが祝福したいのに

何で言えないのかな?



その一方で、

勉強がキライで

暗記してもすぐに忘れるし、

何もわからないから

とりあえず

日本でいちばん古い医療界に

飛び込んでみようと

師匠に弟子入りした

カエルみたいな女子がいたよ。

師匠の先生には

女はいらんと言われたよ。

でも

女だけど拾ってくれたよ。

先生にも娘さんがいたから。



何とか学校に入って

アルバイト2件かけもちして

学費をねん出して


まあ、なんとか、

一応、それなりの、

国家試験に合格して

とりあえず病院に就職したよ。

鍼灸は

日本最古で歴史はもっとも長いのに、

医療の世界では

仲間はずれにされているんだよ。


GHQに滅ぼされかけたけど、


首の皮一枚つないで


生き残った業界だからだよ。


だから

鍼灸師は医療従事者で


いちばん給料が安いんだよ。

手取り11万円。

それでもうれしかったよ。


病院は

毎日わんさか患者さんが来たよ。

新卒だけど、

わんさか人を任されたよ。

午前中に

終わらせようとするけれど

時間が足りない手も足りない。

新卒だから要領悪いよ。

一人に時間掛けすぎって

怒られたよ。

ベルトコンベアー式の

やっつけ仕事が現実だったよ。


毎日

イタイイタイ治してほしい人がいるんだよ。

その人だけ特別なことはできないよ。

だからお昼休みに来てね、

ゆっくりできるからって言ったよ。

経験もないのにエラそうに。

わからないから専門書を見ながらね。

先輩の顔色も見ながらね。


お医者さんは万能。

医療のスペシャリスト。

医薬の最高峰。

そしてわたしは

医療の世界では最下位にいる。

最高の位置にいる院長先生が

拾ってくれて雇ってくれた。


院長先生は万能なのに

現状はなにも変わらない。

何でなの?

医療界の奥深くを知らない

ちっぽけな新米さんは

なんで?なんで?

ばっかりつぶやくのでした。





最後まで読んでくださってありがとうございます。

更新を通知する

なんで?なんで?は得意中の得意。


勉強会申込受付中です。



お気に入りに入れてね(^o^)/





タグ:
by new-jomon | 2020-01-22 01:22 | 物づくり・医薬の神 | Comments(2)

新時代に必要なしくみを開示し、次世代型のモノを生み出し広めていきます。ご連絡は@123no493@icloud.com(最初の@をaに変えて下さい)


by そま
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る