人気ブログランキング |

カテゴリ:大日月地神示( 20 )

ウシトラ金神様「の」巻


ウシトラ金神様「の」巻_b0409627_22591586.jpg

『大日月地神示』


「の」の巻


これまでの


お引き合わせ、


よく見てくだされ。


いよいよ


会わされておること、


良く分かったで


あろうがな。


うれしうれしと


なりておろうがな。


それぞれ


改心いたされ、


皆々


因縁解消いたし、


うれしうれしじゃなあ。


それ、


皆々雛型じゃ。


それぞれの雛型


見せておるのじゃから


お分かり下されよ。


神人遣うて、


それぞれに雛型


見せておるのじゃから、


皆々和し、


皆々繋がり、


より大きい


喜びへと歩むこと、


我さえ良ければ


良いと申す者、


要らぬように


なりて来ること、


これで分かりたか。


そがため、


みな引き合わせ、


繋ぎ合わせ、


解消させ、


うれしうれしと


歩ませておるのじゃ。


これからは、


皆々


うれしたのしの


国造りじゃ。


これまでのような


国ではないのじゃぞ。


金要らぬから


みな



与えっぱなしじゃ。


その雛型


造って下さる者


これまで、


あの手この手と


導いて来て


おるのじゃから、


いよいよ人間界も


大変わりじゃのう。


 みな大き勘違い


いたしておるから、


早う


目覚めて下されよ。


誰一人とて


要らぬ人民


おらぬのじゃから、


皆々


神の(わけ)御霊(みたま)じゃ。


誰も彼も皆々


この(ほう)の子じゃから、


早う


目覚めて下されよ。


世明けて


おるのじゃから、


皆々すっくり、


綺麗さっぱり、


良く見えますぞ。


どこにおりても、


みな大事な御魂(みたま)


お救い下さると


申しておりたのは、


皆のことじゃ。


この地、


皆々大事な


御魂ばかりじゃ。


 そなたらの周りには、


そなたがこれまで


生まれ変わって


出会って来ておる


方々ばかり、


姿形変えて


再び引き寄せて


おるのじゃから、


不足申さずに


皆に感謝いたされよ。


因縁ある御魂(みたま)ばかり


引き合わせて


改心させて、


共に()(さか)える


お仕組みでありますぞ。


神々様、


守護靈殿、


皆々


たいそうご苦労で




ありますのじゃから、



皆々様にお礼申し、



共に歩まれて下されよ。



うれしうれしと



どこまでもどこまでも



共に歩まれますぞ。




 どうして


このような状況に


なっておるかと


申すならば、


因縁あるからじゃ


と申す。


そなたと


相手との因縁、


そなたと


人々との因縁、


そなたと


国との因縁、


そなたと


動物たちとの因縁、


そなたと


地との因縁、


皆々


因縁あるがゆえに


(あらわ)れておるの


じゃから、


他を悪く


申すでないぞ。


新しい因縁


生み(めぐ)るぞ。


メグリとなりますから


気つけて下されよ。


肩に()くぞ。


重くなるぞ。


身体痛むぞ。


家族の不幸も


皆々



因縁からじゃ。


共に浄化


いたさねばならんぞ。


家族の因縁、


国の因縁、


世界の因縁、


これ一人が


背負うこと


ありますぞ。


皆のために


生きるとは


そのことでもあるから、


覚悟いたせよ。


それ出来るもの、


神人(かみひと)と申す。


神人、


世界中に


(あふ)れて来るぞ。


喜んで、


身魂お(つか)い下さいませ


と現れてくるぞ。


遣われるには、


それ相応に


掃除洗濯


必要でありますの


じゃから、


綺麗さっぱり


お迎え下されよ。


一人で千人分の、


万人分の因縁、


背負うことあるから、


(とうと)きお役目じゃ。


誰に分からんとも


身魂(みたま)(ささ)げる人民、


皆々


神人(かみひと)となるから、


皆々


あなさやけ


あなすがすがし、


あっぱれな


見事な御魂じゃ。


天晴れ末代名残し、


うれしうれしと


御光(みひかり)となりますぞ。


 皆々、


()


まだまだ小さいのう。


もっと大きく、


この(ほう)となりて


下されよ。


地に暮らす生き物、


皆々救う大きい我、


持ちて下されよ。


皆々、


我小さいぞ。


己だけの我、


いよいよ


恥しくなりますぞ。


どうじゃ、


分かりたか。


この方、


皆のために


生きておる


生き身魂、


生き神じゃ。


神、


人間に移ること



無いと申す




お偉いさんも、


皆々早う



悟られよ。


人の智では


理解出来んのじゃから、


素直に


お変わり下されよ。


肉体は、


この方の身から


出来ておるのじゃ。


魂は、


皆々大神様の


分御霊から


お生まれなさりて、


一つ一つ


長い時間掛けて


学ばせて


お役付けて


生かしておるのじゃ。


この方も、


皆々


うれしうれし


たのしたのし


生きておる


身魂となりておる者に


憑かりておること、


うれしうれしじゃから


共に生きるのじゃ。


共に語りたいのじゃ。


どうじゃ。


これで分かりたか。


 事分けて


申しておること、


お分かり下されよ。


神靈、


移りたくて


うずうずぞ。


守護靈殿も、


皆々


うれしたのしと


語り合いたくて


うずうずじゃから、


あまり待たせて


下さるなよ。


そなたと


早う話したくて


長いこと


待ち焦がれておるのぞ。


愛されておること、


見守っておること、


信じて下されよ。


そなたは、


一人では


ないのじゃから、


一人で生きて


おるのでは


ないのじゃから、


学ばせるために


色々経験させて


おるのじゃから、


取り違い禁物じゃぞ。


うれしうれし


たのしたのし


生きられよ。


待ちに待って


おいでじゃ。


神々様、


靈人殿、


皆々


待ち焦がれておるぞ。


艮金神(うしとらのこんじん)申す。


これ皆、


(うた)ういしの歌。


在る、


みな在る。



二〇〇六年


十二月三日


(あめ)の日月の神


艮金神


愛唄う。





今回も最後までお目通しいただき

ありがとうございました。

更新を通知する

いや~さか~。



タグ:
by new-jomon | 2020-04-07 16:42 | 大日月地神示 | Comments(0)

久々に神様コメント「ね」の巻

久々に神様コメント「ね」の巻_b0409627_17130064.jpg




『大日月地神示』


「ね」の巻



 うれしうたのし


皆々繋がり


因縁解消いたし、


これまでの苦に


感謝の花


咲かせて下されよ。


うれしたのし


生きる民、


自ずと天国に


暮らすなれど、


自ずと苦の道


選ぶもあるぞ。


苦しむこと、


喜びといたし


下さるなよ。


楽、


どこまでも


喜び広げて下されよ。


皆々うるしに


あるのじゃぞ。


愛すること広げ


生きるなれば、


(おのれ)は地となるであろうに。


(おのれ)、小さいのう。


大きく己いたされよ。


皆々


仲良ういたされよ。


不平不足


申すでないぞ。


これ、


皆々様方に


申すのじゃから、


誰一人とて


出来ておるお方


おらんのであるから、


苦しみどこまでも


感謝なさりて、


皆々


受け入れて下されよ。


 これから皆々


繋がり縁感じ、


何としたことかと


思うこと


多くなるなれど、


それも皆々


うれしうれしじゃから、


誰一人とて


因縁じゃぞ。


どれもこれも皆々


今まで出会ってきた


大事な因縁(いんねん)御魂(みたま)


ばかりじゃから、


この世の姿に


おのおの変えて、


それぞれに


引き合わせておる


御魂の因縁の


仕組みじゃ。


(おのれ)の親、


兄弟、


姉妹、


仲間、


(かたき)とて、


皆々それぞれ変えて


出会っておるのじゃから、


一人一人


大事に大事になされよ。


感謝に、


深く感謝に、


どこまでも頭下げて


皆に愛されて下され。


 それぞれに


神々様の分御靈(わけみたま)


お付けいたし、


守護靈様


お付けいたして


おるのじゃから、


独りで生きておる者、


誰一人とて


おらんのじゃぞ。


淋しくなったら


(おのれ)の守護靈様に


お尋ね申せよ。


何でも答えて下さる


貴きお役目であるから、


皆々


話しかけて(もら)いとうて、


うずうずいたして


おられますぞ。


どうじゃ、


分かりたか。


そなたは、


そなた一人で


出来ておるのでは


ないのじゃ。


そなたは、


この神の肉体借りて


学ばせて頂いて


おるのじゃから、


(かみ)大事になされよ。


多くの靈人様方に


ご守護して


頂きながら、


日々夜々(ひびよよ)


生きておるのじゃぞ。


(さび)しくなったら


お尋ね申せよ。


神も靈も皆々


そなたを


抱き締めて下さるぞ。


 そなたを大事に


守っておいでに


なられますのが、


そなたの


守護靈様じゃ。


そなたの


御魂の成長のために、


時に厳しく、


時にお()め下さり、


共に泣き、


共にお喜び下さって


おられます


貴きお役目ですぞ。


良いか。


皆々


守護靈様方に


手合わせ、


感謝申して下されよ。


ますます


うれしうれしと


なりますぞ。


靈、人、共に和す元、


育んで下され。


靈、人、皆々


可愛いから、


それぞれ


皆を大事に


お見守りいたして


おるから、


誰一人とて


要らぬ人民


おらんぞ。


皆々


大事なお役目


頂いて


生きておるから、


早う目覚めて


(まこと)の道に


歩まれて下されよ。


一日も早く


喜びに泣いて


下されよ。


 これから、


いよいよ


実地(じっち)


激しくなりてゆくぞ。


まだまだ


これからであるなれど、


それぞれの


身魂次第で


どうにでも


変わるのであるから、


皆に伝えよ。


神はおらぬ、


靈はおらぬと、


いつまでも


寝ぼけておっては


笑われますぞ。


早う(まこと)見つめて、


この神


お分かり下されよ。


 いよいよ、


参りますぞ。


皆のために生きよ。


どこまでも


皆のために生きて、


お仕えなさりて


下されよ。


これからは、


皆々生きて


変わるのじゃ。


生きて生かされる時、


訪れましたぞ。


生かされよ。


それぞれ皆々、


お役目に


生かされて下されよ。


うれしうれしと


お働き、


どこまでも


争い事罪穢(つみけが)れ共に


(あい)し、⦿(まこと)の浄化


いたして下されよ。


愛することにも


悪あるなれど、


悪抱き参らせて、


うれしうれしの涙


流されよ。


火の神様、


水の神様、


いよいよ


お動きなされますぞ。


続いて大神様、


お動きになられ、


いよいよ


皆々変わりますぞ。


例えではないぞ。


いよいよじゃ。


これは


何としたことかと


(まこと)が分からんように


なりたら、


(かみ)()のお(あらわ)れじゃ。


 うゐのおくやま


けふこえて


あさきゆめみし


ゑひもせすん。


これから


皆々移る。


世の立て直しである。



二〇〇六年


十一月二十日


神移る。


あわやらわ。


天の日月の神


うるう






今回も最後までお目通しいただき

ありがとうございました。

更新を通知する

いや~さか~。



タグ:
by new-jomon | 2020-04-04 11:11 | 大日月地神示 | Comments(0)

閏年は岩戸から真の王が現れる年。

閏年は岩戸から真の王が現れる年。_b0409627_22292145.jpg


今年はうるう年です。


うるう・・・。


うるうおー。


あーらーわーれーるー。


あらーわれーいるー。


アラーの神が我の中にいる。


岩戸から真の王が現れる。


我の中の岩戸開きによって。


閏年は岩戸から真の王が現れる年。_b0409627_22292145.jpg


『大日月地神示』


【後巻】


七十


世を操る魔の企て


知らねばならん。


人は無知であるから、


まんまと騙されるのぞ。


まことと嘘の区別できねば、


いつまで経っても


真の世は


創れん道理ぞ。


地の靈人れいじん


人民、


いつまでも


騙されておるでないぞ。


金と力で


支配する者らおるから、


世は悪しきこと


起こりてきたのじゃぞ。


魔の靈団靈人の


しもべとなりてきた


人民らが


思考をいいように


操られ、


世をかき乱しても


来たのじゃ。


何万年


何千年と


繰り広げてきた


人の歴史であるから、


ますます人民には


何がなんだか


分からんのう。


歴史そのものがみな


支配されて


作られてきたもので


あるのぞ。


雨、風、雷、


地震、津波、


難病奇病、


何もかも


学使いて


引き起こして、


神に成りすまし、


神を悪者に仕立て上げ、


好き勝手し放題


し続けてきた


悪魔の僕しもべたちよ、


いよいよ


立場ひっくり返りて、


因縁相応にみな


苦しまねばならん時


参りましたぞ。


すべては


御魂みたま


刻まれておるから、


誰も逃げ隠れ嘘は


つけんのでありますぞ。


大神から御魂に


まことの薬


つけてやるから


病治るぞ。


悪さいたした分だけ、


もがき苦しまねば


毒出しできぬから、


おのおの


辛抱なされよ。


苦しむのは


おのれもたらした


因果じゃぞ。


神は御魂みたまの中から


すべて視ておるのぞ。


隠しごと一切できぬ


お仕組みじゃ。


人民には


知るはずもなく、


靈団靈人れいだんれいじんとて


分からんのじゃから、


ここで申しておくぞ。


神と学のいくさ


決着はとうに


ついておるのじゃぞ。


学は神のものじゃ。


神から与えられた学を


悪しき使い方


してきたゆえに、


皆々苦しむことに


なりたのじゃから、


学は神に


お返しせねばならんぞ。


神に成りすましてきた


悪魔や


しもべの者らも皆々、


これまでの


悪さすべて暴いて、


罪と罰のお仕組みで


まこと学ばすぞ。


悪魔、


しもべらよ、


そなたらは


神に創り出された


御魂みたまぞ。


ゆえに


どこまでいっても


神にはかなわんのじゃ。


そなたらを


創りたものぞ。


敵う訳があるまいに。


散々世を


しっちゃかめっちゃかいたし


気も済んだであろうぞ。


そろそろ


宇宙全体の者たちが


始末つけに参りますぞ。


地の掃除洗濯しに


入りますぞ。


地の星、


救わねばならんから、


いよいよ時来たぞ。


地の靈人。


人民皆々、


悪しき思い手放せよ。


洗脳されてきた歴史、


いよいよ終わるのぞ。


意識、変わるのぞ。


大神の氣流れ、


次々と


良き意識となりますぞ。


掃除洗濯とは、


意識の浄化で


ありますぞ。


まことの意識に


戻りますぞ。


浄化に苦しみ


喜び下されよ。


分相応じゃから、


大神、


悪く申すでないぞ。


自業自得ゆえ


改心なされよ。


縁ある人民、


心込めて


神示読み上げて下され。


皆々様方に


読み聞かせて下されよ。


洗脳解く


お役目でありますぞ。


目覚めた人から順に、


まこと伝え


皆に聞かす


お役目いたし、


世の立て


替え立て直し


いたし下されよ。


言葉、


力放ちて


まこと顕れる時


来ておるのじゃから、


まことに目覚めた人、


心勇んで


動き出しなされよ。


すべて


そなたの魂の中から


視ておりますぞ。


魂は内なる宇宙ぞ。


大神の雛型ぞ。


何もかも


お見透しで


ありますぞ。


寂しくないぞ。


そなた


独りではないのぞ。


守護靈殿や


指導靈殿、


縁ある


良き靈人らに


支えられて


生きておりますのぞ。


そなた、


愛されておりますから、


喜びに


生きて下されよ。


良き世



創る御魂として



生きなされよ。


お蔭は何万倍にして


喜び次々


与えて参りますぞ。


仕組み隆々、


後の仕上がり



楽しみになされ。


生きる歓喜の念に


浸り下されよ。



むーうーるーうーおーー


あーらーわーれーるーー


おーおーおーおーおーー


わーらーわーらーわーー。



二〇一七年


十二月十五日


大日月地大神御靈おおひつきちおおかみおんたま


はーー〇◎、。



閏年は岩戸から真の王が現れる年。_b0409627_20323480.jpg


「分かりたか」


by ウルトラのコンジン様

うるう年うまれの一万二千歳



2020年2月23日天皇誕生日開催の

第一回ひふみのしくみ勉強会を
開催しました。

テーマは

「縄文の叡智を蘇らせ和合を結ぶ」





一人でも多くの方に聞いていただきたいです。


↓第一回勉強会のご案内はリンク先にて↓





タグ:
by new-jomon | 2020-02-29 22:37 | 大日月地神示 | Comments(0)

龍神様は水の神様

龍神様は水の神様_b0409627_17440053.jpg


先日の日曜日(2月16日)夜9時より、

NHKで「龍の巣に挑む」

という番組をやっていました。

2年かけて

中国ミャオ族の住む地域の

地下空洞に人間が探索する

壮大なドキュメンタリーでした。


龍神様は水の神様_b0409627_17272764.jpg

以下、NHK番組紹介より

中国貴州省の巨大洞窟群に「龍の巣」と畏れられてきた場所がある。そこは、「世界最大の地底空間」。地域に暮らすミャオ族からは、「ミャオティン」と呼ばれ、あまりの闇の深さから、「そこは、冥界。決して入ってはならない」とされてきた。今回、2年にわたる交渉の末、中国政府から撮影の許可を得た。内部をくまなく調査、謎に包まれた「ミャオティン」の全貌と誕生の秘密を解き明かしていく。プロジェクトに参加するのは、30年前、ミャオティンに入ったフランスの洞窟探検家。世界の洞窟の成り立ちに詳しい日本の研究者。そして、闇を照らす技術で世界が認めた洞窟写真家など、総勢29名。ミリ単位の精度の3Dレーザーで測量し空間を再現。さらに、内部に照明を持ち込んで、闇を追い払うという前代未聞の挑戦を行う。待ち受けていたのは、想像を絶する驚異の世界だった・・・。

龍神様は水の神様_b0409627_17272764.jpg


龍とは水脈のことだったのですね。

地球創世の時代に

張り巡らされた水脈ですから、

龍神さまは古い神様です。

そして水の神様。

なるほど・・・と納得すると同時に、

気の遠くなる時間を経て

つくられたこの地球を、

人間がわずかな期間に汚染し、

痛め続けてきたことへの反省。


わたしたちは

地球のことは何も知らない

ということを思い知らされました。

そして地下空洞は

人間の立ち入れる場所ではない

ということに改めて気づかされました。

この地球は人間だけのものではない

ということを、

もっと知る必要があると思いました。

龍神様は水の神様_b0409627_17440053.jpg

『大日月地神示』
.
前巻
.
「か」の巻
.
.
 


この方、


祀ろうて下されよ。
.
.

お役いくらでも



あるのぞ。
.
.

世に落ちておられます


人民殿、
.
.

早う改心結構ぞ。
.
.

靈人れい地上人ひととは
.
.

合わせ鏡のようなもの




であるから、
.
.

そなた達の想いが、
.
.

肉体人に




顕れて来るので



あるから、
.
.

みな人民
.
.

分からぬと




申しておるなれど、
.
.

そなた達の
.
.

みな顕れで




あるのじゃから、
.
.

自分を悪く申すのと
.
.

同じことで




あるのじゃぞ。
.
.

はようそのこと


分かりて下されよ。
.
.

ご守護いたして


おられます


靈人殿、
.
.

早う改心


結構であるぞ。
.
.

改心出来た者より、
.
.

うれしうれしとなる
.
.

仕組みであるから、
.
.

まったく心配せずに、
.
.

この神に


まつろうて下されよ。
.
.

艮金神殿、
.
.

ご活動に



あられますぞ。
.
.

この世靈憑れいがか
.
.

うようよであるがゆえ、
.
.

この御神おんかみ様、
.
.

お働き下されねば、
.
.

この靈の岩戸
.
.

納まりつかんので


ありますぞ。
.
.

たいそう貴い


お働きでございますぞ。
.
.

皆この神様


お祀り下されよ。
.
.

たいそう


ご苦労でありますぞ。
.
.

弥栄やさかましませ


弥栄いやさかましませと、
.
.

人民、
.
.

言高くのりて下されよ。
.
.

この世始まってないと


申すは、
.
.

この世のはじめ


仕組みておりたこと
.
.

みな知ることと



なるから、
.
.

このこと秘密ひみつ


ありたなれど、
.
.

事分けて申さすから、
.
.

みな覚悟して


聞いてくだされよ。
.
.

艮金神うしとらのこんじん
様、
.
.

この世のはじめ


お創りなられた
.
.

貴い御神様おんかみさま


お働きでありますぞ。
.
.

この世創りた御神様、
.
.

他にも


おられますのじゃぞ。
.
.

みな御神々様は、
.
.

元は一つであるから
.
.

取り違いせんよう


いたし下されよ。
.
.

世の初めとは、
.
.

この地のはじめの事を
申す。

.
.

まず火の海でありた


塵々を
.
.

お集め下さったのは、
.
.

この御神様で


あられますのじゃ。
.
.

お分かり下されよ。
.
.

水の神と


お変わりになされて、
.
.

固め直し固め直し
.
.

繰り返し


なされたのでありますぞ。
.
.

龍神とは、
.
.

この御神様のことでも


ありますのじゃ。
.
.

人民が申す龍では


ないのじゃぞ。
.
.

恐ろしいお姿とは


違いますのじゃぞ。
.
.

喜びのあらわれ、
.
.

氣の流れ、
.
.

水の流れの


お姿でもあるのじゃ。
.
.

海から空へ、
.
.

空から地へ、
.
.

地から海へと
.
.

生命いのちを育んで下さる
.
.

お姿のこと


申すのじゃぞ。
.
.

人民、


魔物につかわれて、
.
.

恐ろしい姿


拝んでおるが、
.
.

取り違えいたしておりて
.
.

申し訳あるまいぞ。
.
.

無きもの


生み出して下さるなよ。
.
.

このこと


分かりておらんと、
.
.

どこまでも


無き魔生み出して、
.
.

因縁めぐり生むことに


なるのじゃから、
.
.

臣民しんみん人民
.
.

みな良きよう


気つけ下されよ。
.
.

神は働きであるがゆえ、
.
.

姿はないのであるが、
.
.

人民の心のままに
.
.

いかようにでも



見えるから、
.
.

取り違えなさらんよう


気つけおくぞ。
.
.

このこと大切ごとじゃ。
.
.

皆このこと


間違いのはじめじゃから
.
.

よく噛んで



身になされよ。
.
.

これより


御神々様方の



ご活動
.
.

激しくなりますのじゃから、
.
.

皆々うれしうれしで
.
.

峠越して下されよ。
.
.

水の仕組み、
.
.

世ひっくり返りて来ると


申すこと
.
.

近づいたぞ。
.
.

世ひっくり返ると申すは、
.
.

分かる者にだけ


分かるのじゃぞ。
.
.

このこと


大切ごとであるから、
.
.

神の秘密であるから
.
.

申されんなれど、
.
.

人民の行い次第で
.
.

どうにでも



なるのであるから、
.
.

待てるだけ


待ちておるのじゃぞ。
.
.

これだけ申しても
.
.

分かる人民少ないから、
.
.

気の毒出来るから、
.
.

分かる人民
.
.

それぞれ


手分けいたして
.
.

まつり結構結構。
.
.

祀るとは、
.
.

まつろうことで


あるのじゃぞ。
.
.

何もかも神に


ゆだねるのじゃぞ。
.
.

委ねるには
.
.

それ相応の


御魂みたま必要であるのじゃ。
.
.

掃除洗濯出来た


容れ物でなければ、
.
.

かかれんことで



あるから、
.
.

昔から



申しておりたのじゃが、
.
.

悪の仕組みに
.
.

まんまと掛かりて
.
.

気づかぬ人民



多いのう。
.
.

それも皆
.
.

この神の


仕組みであるなれど、
.
.

早う目覚めて下されよ。
.
.

これまで



積もりた借金、
.
.

それぞれに
.
.

みな返さねば


ならんのであるから、
.
.

借金返し切らねば
.
.

先には進めん


仕組みであるから、
.
.

神くどう申して


おるのじゃぞ。
.
.

堂々巡り多いのう。
.
.

御魂みたま相応に


申しておるのじゃぞ。
.
.

この神、
.
.

御魂相応に


とれるのじゃぞ。
.
.

水飲む時も


感謝して



飲みなされよ。
.
.

一二三ひふみの頂き方して


下されよ。
.
.

何もかも病治るのぞ。
.
.

薬となるのぞ。
.
.

頂けよ。
.
.

頂くと



薬となるのじゃ。
.
.

この道理



分かりたか。
.
.

頂けば毒も薬と


なるのじゃぞ。
.
.

例えであるぞ。
.
.

よく噛めよ。
.
.

噛むと



力湧いて来るぞ。
.
.

今の臣民人民、
.
.

そのことさえも


忘れておられるぞ。
.
.

この御魂遣うて、
.
.

ここまで事分けて
.
.

言い聞かしておるのに、
.
.

分からん人民多いのう。
.
.

あれは嘘じゃ、
.
.

これは嘘じゃと申す


お偉いさん、
.
.

どこへ行っても


分からぬから、
.
.

早うまこと


気づいて下されよ。
.
.

縁ある人民
.
.

引き寄せておるのじゃから、
.
.

よく読んで下されよ。
.
.

声出して


読みて下されよ。
.
.

天明の御魂


遣わせておるのじゃ。
.
.

鼻高さん、
.
.

今にポキンと


折れる時来るぞ。
.
.

恥かし思い


せなならん時来るから、

.
.

早う分かりて


改心結構であるぞ。
.
.

靈団
かみ、頼むぞ。


皆々この方、


人民も可愛いから
.

申しておるのじゃ。

. .

学の世は



済みておるのじゃ。



人民に何が分かるか


申してみよれ。



この方、



この世創りた



元の元の元の神である



と申しておるなれど、



聞く耳持てる人民



少ないのう。



分からんと申すのも



無理ないなれど、



この御魂遣うて



嘘申して何になるか



考えてみよれ。



分からんと申すも



あんまりぞ。



この御魂



ご苦労なれど、



後にゆくほど



うれしうれしとなるから、



こうして神に遣われ



皆に知らしておるのじゃ。



早う親の心分かる子と



なりて下されよ。



人民わからぬこと、



神には分かるのじゃぞ。



神には分からんこと



無いのじゃぞ。



学分からん者



分かること多いぞ。



学捨てると



真の学、



流れて来るのじゃ。



頭低くすればするほど



神の学は



流れっぱなしじゃ。



じゃと申して、



今までのような



悪の学ではないのぞ。



喜びぞ。



和ぞ。



うれしうれしざぞ。



ひもろぎぞ。



水は高きから低きへ



流れる仕組み。



分かりたか。



人民の申すこと



取り違え多いのう。



世は何度も立て替え



いたしておるのじゃ。



人民も生まれ変わり



この世に



生きておるのじゃぞ。



皆々それぞれ



神の御靈意みたまとなるため、



生まれ変わり



学ぶのじゃぞ。



皆そうして



弥栄えておるのじゃぞ。



これまで、



何度も立て替えいたして



人民無きようにしたことも



あったなれど、



必要であったがゆえ



そういたしてきたのじゃ。



取り違えせぬよう



いたして下されよ。



生まれ変わり



繰り返し



学ばせておるのじゃ。



死んで終わりではないのぞ。



始めぞ。



靈人は死ぬのが



地上人ひととしての



始まりであるから、



あべこべ分からんなれど、



それですべて



善きように



なっておるのざぞ。



靈人殿にも



このこと分からぬ方



多いぞ。



騙した人民、



騙したカミサマ



おでましぞ。



みな人民



自分でそうしておるのぞ。



騙し騙し、



我の強い



臣民人民



多いのう。




まこと⦿の神



摑めよ。



摑むには摑むだけの



身魂の掃除洗濯



必要であるぞ。



神はひとつ⦿であるぞ。



一つでないぞ。



分かりたか。



それぞれ皆、



かみ◎であるぞ。



顕れであるぞ。



靈人は靈人じゃ。



靈人にも



色々あるのじゃぞ。



歓喜かみに近い



靈人殿も



おられるのじゃが、



魔物に近い靈人も



おられるのじゃ。



人民それぞれの



御魂に応じて



ご守護下さる靈人殿



付けてあるぞ。



身魂磨けた分だけ



靈人殿



次々と



変わるのであるぞ。



靈、人、



共に歩めよ。



弥栄えよ。



神いくらでも



力授けるから、



安心してこの道



歩まれよ。



この神、



世の元からの



生き通しの



かみ☼であるぞ。



何もかもみな



お見透しであるのぞ。



二〇〇六年


六月十一日


天の日月の神


龍神様は水の神様_b0409627_20323480.jpg

「分かりたか。」


by 牛頭のコンジン様。


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

日本の魂目覚ましブログです。

更新を通知する

お気に入りに入れてね!





タグ:
by new-jomon | 2020-02-18 23:22 | 大日月地神示 | Comments(0)

たまには神様コメント紹介!

たまには神様コメント紹介!_b0409627_22114591.jpg


男は外、女は内


男は守り、女は守られる


男は愛し、女は愛される


男は突き進み、女は受け止める



男女の性質の違いは


相互扶助であり


補完関係にあるんだよ。



「男女平等」は



詐術だよ。



男と女は



同じじゃないよ。



男は子を産めないけど



女は男がいなきゃ



子を産めないよ。



女性差別、ジェンダー、


フェミニズムとかで、


男女の役割を否定することは


嫉妬心が生み出したものだよ。



逆さまの道理がもちこまれると、


欲求不満、いらだち、


怒りが湧くんだよ。



男は


愛したいのに愛せない


守りたいのに守れない



女は


愛されたいのに愛されない


守られたいのに守られない



自然の循環に逆らっているから


男は女を、


女は子どもを


いじめてしまうんだよ。



そんな



自然の秩序に逆らった



世界の仕組みは


すべて意図されたものだよ。




これらはすべて結果の世界。



原因の世界は、


神の世界(神話)が


逆さまに


なっているからだよ。



ミクロはマクロ。マクロはミクロ。


神の世界は人間界。


人間界は神の世界。


相似象になっているよ。


(神様の世界も大変だね!


そのことに気づいたら、


狂った世の中が


よく見えてくるよ。


気づいた人は


自分の軸を


元に戻せばいいんだよ。




偉い神さんがつくった世界も


お偉いさんがつくった世界も


そろそろ


終わりにしてもらいたいね。


交代していただく


ということだよ。


では、


親神様からのコメントを


ご紹介~


(^o^)



たまには神様コメント紹介!_b0409627_13360165.png


「大日月地神示」


十三



悪自由


ならんのであるぞ。


何申しても


何いたしても


自由と申せば、


なんと楽なことかと


人民


早合点いたし


喜ぶなれど、


今の人民


好き勝手いたせば


どうなるか。


悪自由と申すは


悪魔の教えであること


気づかぬか。


皆々好き勝手いたせば


和は乱れに乱れ、


世の中ますます


揉めに揉め、


生き物も皆々


苦しむのであるぞ。


力の世となりて


偏りて、


地の調和


崩れるのぞ。


みな


我の自由じゃと申して、


人民


話聞けぬように


なりますのじゃ。


国もまとまらぬ


ようになりて、


総崩れ


いたすのじゃぞ。


人民


一つになりて


大きい力


持たせぬように


いたすため、


悪魔は


悪魔の(しもべ)遣いて、


国、


人民に


悪自由を植え付け、


皆を


ばらばら引き離し、


操りやすいようにいたした


策略であったのぞ。


見てみなされ。


和すこと


出来ぬようになりて、


引き籠りて


一人の世界におる者、


多いではないか。


人民、


日々言葉磨き、


身魂磨きいたさねば、


悪魔の容れ物となりて


好き勝手もの申し、


好き勝手いたす


我がまま幼稚な


御魂となりますのじゃ。



神の民、


日の民は、


ますます


愚の民となって


おりますのじゃぞ。


和すこと


出来ぬようになれば


力弱くて、


一人一人


捻り潰すのも


簡単であるから、


悪魔は


悪自由


人民に植えつけ、


上手いこと申し、


観させ


聞かせ


食わせ


遣らせ、


逃れぬように


洗脳いたし、


悪自由の奴隷に


いたしてきましたのじゃ。


悪魔の甘い罠が、


悪自由


悪平等


でありましたのじゃぞ。


世の臣民殿、


陰謀論者と


笑っておいでじゃが、


見てみなされ。


九分九厘が


悪魔の仕組みに


変えられて、


人民



金の亡者となりて


身動き



取れんようになって、


子が親殺し


親が子を殺し、


男が女に


女が男になりて、


すねの毛、


尻の毛まで抜かれ、


骨なしの輩になりて、


毒盛られても


何も分からぬと申し


笑っておるでないか


まことの教え


分からぬままに、


悪魔のしもべとなって


おりますのじゃぞ。



人民、


良いか。


言葉は選ばねば


ならんのじゃぞ。


言の葉は、


もの生みますぞ、


己作りますぞ。


世生みだして


参りますのぞ。


言の葉は力ぞ。


靈と繋がりますのじゃ。


どのような靈と


繋がるかは、


言葉で決まりますのじゃ。


良き言葉は


良き者らと繋がるもの、


悪しき言葉は


悪しき者らと


繋がるもの。


自ら悪魔呼び寄せ、


悪魔の容れ物と


なって下さるなよ。


外国言葉使えば、


外国御魂の


容れ物となりますぞ。


流れ来るもの


違いますのぞ。


念、


教え、


靈力、


皆々異なるぞ。



この地は


この地の言葉、


教え、


昔からあるのじゃぞ。


大昔から


神の言葉あるのじゃぞ。


無きものにされておるが、


神、


言葉伝えてきた所


であるのじゃ。


言葉の生まれ育ち、


歴史分かれば


簡単なことじゃが、


人民、


まことの歴史


分からぬように


されておるゆえ、


無理もないなれど、


世の民は


悪魔の言葉使いて


悪魔褒め称え、


呼び寄せる言葉


口にいたしておること


知らんのであるぞ。


言葉は


思考選ぶことじゃ。


思考は


靈と関わる所じゃ。


どのような者と


関わるか、


言葉で決まる。


己、


選ばねばならん。


悪魔の言葉は


口にいたせば、


悪魔悪霊に魅入られ


好き勝手にされますぞ。


知らず知らずに操られ、


望まぬことまで



思わされ、


可笑しなこと申し


可笑しなこといたす者と


なりますのじゃ。



見てみなされ。


世は可笑しな者たちで


溢れておるではないか。


今の世は、


悪魔に配された


後の世でありますぞ。


まだ


洗脳されておる



状態であるから、


悪魔の言葉使いて、


悪魔の好き勝手


されてる人民、


悪魔の容れ物となりて


おりますのぞ。


人民、


そのままで良いかな。


何申しても


何いたしても


自由では、


皆々


苦しくなるばかり



であるぞ。


真分かる


臣民


人民を


増やして下されよ。


分かりた者から


真教えて下されよ。


悪魔の教え、


偽り、


嘘の世は


終わりに



いたすのじゃぞ。



まずは


己見極めること


肝心じゃ。


甘い言葉に


騙されるでないぞ。


先にゆくほどに


苦しくなるのが


悪魔の教え。


神世の教えは、


良薬口に苦しじゃぞ。


じゃが、


後になればなるほどに


溢れんばかりの


喜びとなるのぞ。


厳しきこと申すは


人民のこと


まこと思うてのこと。


人民、


近目近欲で見るから


分からぬゆえ、


耳痛いこと申す


と言うなれど、


まこと親心


分かりて下されよ。


己見極められん、


自制出来ぬ者は、


九分九厘


悪魔に



支配されておること


知りなされよ。


くどう申すが


悪自由


悪平等では


ならんのであるぞ。


悪魔の世、


人民、


皆で手合わせて、


終わりにいたすのじゃ。


皆々喜ぶ神世となるぞ。


道あるのじゃぞ。


うれしうれし


たのしたのし


かわるかわる、


道開く。


二〇一六年一月七日


大日月地大神御靈


おおひつくおおかみおんたま


繋がり顕れる。


うるうおう神人


たまには神様コメント紹介!_b0409627_20323480.jpg


「分かりたか」

by ウシトラマンのコンジン様

御年12,000年歳



今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


叱ってくれる親神様の言葉が響きます。


更新を通知する





by new-jomon | 2019-12-18 18:02 | 大日月地神示 | Comments(0)

神様との答え合わせ。

神様との答え合わせ。_b0409627_09093067.jpg

国と国、


星と星、


銀河と銀河、


すべてに


不調和あるのぞ。


地球にある問題は


宇宙に視られる問題の


雛型であるのじゃ。


善と悪の戦ぞ。


奪い合い


騙し合い


殺し合い


あるのじゃ。


世の元の元の


元からの仕組みとは、

他の星の方々来る前から


仕組みておりた


計画のこと申すのぞ。


宇宙の人々


すべての因縁解消させる

雛型創りさせるために、

地球に来させて、

それぞれに文明

築かせてきたのであるのぞ。

ゆえに

誰にも分からん

仕組みでありましたのぞ。

宇宙にも季節ありて、

それぞれ春夏秋冬と

御魂相応に

棲み分けいたして、

生命の調和を図りて

参ったのであるが、

新たなる銀河、星、

人々が生み出される度に、

歪みも大きくなって

参りましたのじゃ。

どうすれば良いかと

神々は考えて、

あらゆる銀河、

星の人々

一つに集めて、

宇宙の雛型となる

創りて、

調和図るための

実験場と

いたしたのじゃ。

皆々揉めるのは

初めから

無理ないなれど、

どこの星の人と

どこの星の人が

相性が合うか

合わぬか、

今までずっと

占って参ったのじゃ。

生きておる人々も

亡くなっておる人々も

皆々、

あらゆる銀河の御魂

掻き集めて

生まれ変わり

死に変わりさせて、

人種、性別、

環境、寿命、

それぞれの

関係性を変えながら、

練りに練って

仲良くさせる術を

それぞれの御魂に

記憶させても

来たのじゃ。

なかなか大層

手間かかる

作業でありたなれど、

御魂それぞれに

成長させて、

あらゆる銀河、

星、国の人々と

仲良く出来るように、

守護霊、指導霊を

付けさせて

一人一人導いても

来たのじゃ。

それゆえに

良くも悪くも

みな学ばせて、

まこと喜び

生きられる

存在となるよう

育てて参ったので

ありますぞ。

気の遠くなるような

歴史のお話ゆえに、

人民も靈人らも

信じられんで

あろうなれど、
 
これが真実で

ありますぞ。

長い長い魂の

歴史がありて、

現在があるということ

分かり下されよ。

人は

教えられた分しか

記憶出来ぬから

分からんのも

無理ないなれど、

悪の星の人々

入り込んで、

地球の人々に

悪さいたして

脳も作り変えられて

しまったなれど、 

立派な御魂に

成長いたして、

いよいよの時が来たなら

身体元の姿に戻して、

寿命も伸ばし

頭脳も良くいたして、

高度な文明与えて、

それぞれの銀河、

星にゆけるように

いたす計画で

ありますから

安心なされよ。

どうじゃ、

これで神々の世の

元の元の元の計画、

分かりたか。

真、ここより出んと

申して来たのは、

そのこと皆に

伝えることで、


はっきりいたすゆえでも

ありましたのぞ。

善の者らも


悪の者らも、


皆々神人に


靈憑かりさせて


練りに練って


参った理由は、


すべて記憶として刻まれ、


それらを元に


これからの仕組み


いたしてあるからで


ありますぞ。


人民まだまだ考えが


幼いゆえに、


他の星の人々のことも、


異次元なる世界も


分からんなれど、


これからの世では


皆々学ばすから


先を楽しみになされよ。


神人、


伝えるお役目。


指導者として


何度も生まれ変わり


死に変わりいたして、


人民導くため


靈団遣って来ておる


御魂じゃ。


今生だけではないのぞ。


まこと縁ある、


分かる御魂は


自ずと分かるように


いたしてもおるぞ。


唯一大神の靈団と


取り次ぎ出来る


御魂でありますぞ。


過去の生より


地の靈団靈人らにも、


物申すお役目してきた


王の御魂で


ありますのじゃ。


守護いたすため


誰にも分からんように、


産まれる前から


御魂からも


過去生の記憶を 


すべて消して、


今生は庶民として育ち、


今の地球を


見聞きさせて、


常に現状報告


されるように


身魂にも仕組みいたし、


大日月地靈団


守護し続けて


参りましたのぞ。


時来たゆえに、


神人にも記憶を戻して、


世の計画を指導いたし、


この度のお役目を


してもらって


おりますのじゃ。


誰にも見通し出来ぬ


秘密の仕組みで


ありましたのぞ。


それが、


神一厘の仕組みの


一つでありましたぞ。


うれしうれし


たのしたのしじゃなぁ。


皆々


それぞれのお役目


なされて下されよ。


信じる者、


導かれるぞ。


己が選ぶので


ありますのぞ。


真、見極めて


歩める御魂と


なりて下されよ。


うーるーうーおーー。


二〇一七年

九月十三日 


大日月地大神御

わーらーわーおーー。


『大日月地神示』

後巻
六十

神人



更新を通知する

今回もお目通しいただきありがとうございました。

いい世の中になるようブログを書いています。



by new-jomon | 2019-10-19 19:14 | 大日月地神示 | Comments(0)

大峠とは地球にへばりついた嫉妬を禊ぐこと。

大峠とは地球にへばりついた嫉妬を禊ぐこと。_b0409627_13533400.jpg

『大日月地神示』「せ」の巻は神様でさえも改心なされておられることを知らされています。人間は長きに渡り見えない世界の仕組みを教わることなく、肉体を離れると宗教の世界観(幽界)に閉じ込められてきました。人間界でさえこんな状態なのですから、霊界も同じようなことであることは察しがつきます。


しかし神界においても同様であることは意外に思えるかもしれません。けれども物質界がこれほど乱れたそもそもの原因は神界が乱されたことが人間界に波及したからです。それは神話から読み取ることができます。夫婦の分離、男女の役割の逆転、元の神の排除、女性性の封印、人が神の上に立ったこと、外国の神(宗教)を崇めたことなどの「岩戸閉め」です。これらは宇宙のシステムの反転を示しています。


もともと超古代の地球はすべてが秩序どおりに循環していました。そこへ外から持ち込まれたのが秩序に逆らった意識でした。その意識は「嫉妬」です。循環システムは「与える」。逆回転システムは「奪う」。嫉妬は自己愛の欠如により他者を羨みエネルギーを奪います。嫉妬は与え続ける循環システムとは逆の消耗系であるため奪い続ければなりません。


高次元も三次元も密接にかかわっているため、神の世界に逆回転システムが持ち込まれたことにより、物質界も同様に逆回転システムが現象化し、嫉妬から生じるエネルギー循環の逆回転現象により、あらゆる自然界の秩序が乱れたのです。人間界の仕組みが反対になっているのは、神の仕組みが反対になってしまったからです。神界が霊界を通して人間界に現象化しているのです。


奪うエネルギーの導入により人間界は長らく戦の絶えない奪い合いの世界が続いてきました。しかし神様が改心なされたことで奪い合いの世界は終止符を打たれました。何千年間も奪い合ってきた人間も改心しなければならないことが迫られています。改心とは意識変換のことです。分離から統合、自我から愛へ。それが本来の在り方だということを思い出せば何ら難しいことではないのです。




「せ」の巻



うるうるう。



この御魂、



御心のままにおわします、



かむろぎかむろみの命もちて、



かの恩人にあらるる、



みいずのつかさにあるもの、



今これにあると申す。



みちにかえらることの



うゐのおくやまにある、



人と靈人との境にある



艮の門に帰られば、



この御魂の苦しみ



解けると申す。



我、



この身に下がれて思うは、



これまでの



諸々の禍事



罪穢れ過ちを



祓うことばかり思い、



肝心の改心が出来ておらず、



この身魂に



憑りたもうたのであるなれど、



この御魂、



大神様の分御靈である



神人でありし、



この身共に



お救い頂きとう奉ります。



大神様のまにまにひれ伏し、



この身すべてを改心いたし、



まったき務め



あい果たすことに



お導き頂き願い奉ります。



これ、



神である御魂として申す。



改心出来ておらん神、



まだまだありますのじゃ。



元津神々様、



皆お出になられて



おられますのじゃから、



禍事みな分かり



みな改心せねばならん時で



ありますゆえ、



この身も





改心いたし申し上げます。



うれしうれし世とは、



改心いたし綺麗さっぱりと、



皆が



フジ晴れる世でありますのじゃ。



大神様のお仕組みに



感謝申し上げます。



この神人、



皆の改心の



お役を担う者でありますのじゃ。



人間と申せ、



神人となりての



お役目でありますゆえ、



皆々



この御魂に申して下され。



大神様の御計らいにて、





お救いなさると



申しておられますゆえ、





ここに来て下され。



これこの神が思い、



皆に申し上げておりますのじゃ。



どうしても



このことわからぬ神々様、



此度は末代のこと、



無きようになられますゆえ



申し上げますぞ。



しかし



人民にはなおさらのことゆえ、



皆々靈人殿にも



一日も早く改心いたし、



人民殿お導き下されと



切に願い申し上げます。



これ、



今改心いたして



分かり申したことでありますのじゃ。



改心いたせば



何でも分かるようにいたすと



申しておられました



大神様のお言葉、



真ぞ。



我、



皆うるしに



生まれぬこいにされて



あられました、



みつくもりの神であります。



この度、



恥を忍んで罪滅ぼしの役



かって出させて頂きとう願います。



これ身ずっと



改心出来ぬままに、



悪の役ともなれぬまま



これまで来ておりましたなれど、



皆の神の働きに



羨んでおりました。



これにて、



この方に



縁のあります靈人殿に



この意映りて、



みな他を羨み



妬みの意を膨らませ、



世の乱れを現しておりました。



それにて



人民同士の戦さ



終わりなきまま、



これまで来た次第であります。



これら皆、



この方の仕組みにあり、



靈人殿、



人民殿に



苦をもたらし続けておりました。



諸々の禍事罪穢過ちに対し、



深くおわび申し上げます。



これ、



身曇りの神であります。



改心いたし、



みつくのはなのさく御神と



なられましたのぞ。




これより、



天の日月の神、記す。



皆々改心結構結構。



みな大切な



御身魂らばかりであるから、



この方尋ねてござれ。



みな可愛い可愛い



御魂らばかりであるから、



皆々これまでのこと



すっくり綺麗さっぱりなされて、



新しお役頂いて、



末代うれしうれしの世に



生きて下されよ。



皆うれしうれしとなること、



この神の



願いでありますのじゃぞ。



皆々大事なお役ありますぞ。



そのことよく



御胸に尋ねて下されよ。



人民みな



お救いいたしたいなれど、



まず靈人殿



お救いいたさねばならんから、



この神人遣うて、



そなたらにも



申しておるのじゃから、



三千世界に



申しておるのじゃから、



皆々よく聞いて下されよ。



この方、



みな生みたもうた



神であるのじゃぞ。



皆々



可愛い可愛いから申すのじゃぞ。



神に罰はないのであるなれど、





それぞれ自ら招いておること、



早うお気づき下されよ。



何ゆえにそうなりておるのかは、



元があるゆえじゃ。



元分からぬのは



身魂



磨けておらぬからだけでは



ないのじゃぞ。



靈団



改心出来ておらぬから、



靈人



改心出来ておらぬから、



人民



苦しむことあるのじゃぞ。



人民みな



靈人殿の変わりたお姿でも



ありますのじゃ。



そなたらが改心すれば、



人民みなうれしうれしと、



苦のない世に



生きられますのじゃぞ。



靈人殿



改心出来ぬのは、



神々殿



みな改心いたせば、



すっくりそのまま



靈人殿



改心出来ることでも



ありますのじゃぞ。



その道理



分かっておろうがな。



みつくもりの神殿、



この度の改心



結構でありましたぞ。



あっぱれであるぞ。



皆々



元津神からの神々様、



お喜びでありますぞ。



人民みなこの神様、



大事にまつろうて下されよ。



美月花咲御神様



みつくのはなのさくおんかみさま



といたし、



靈人殿、



人民殿、



結構にまつろうて下されよ。



改心さすこと出来るお役の



貴い神様でありますのじゃぞ。



これ、「せ」の巻。



いつまでも苦しまぬよう、



皆々



声挙げて読まれよ。



改心出来る者増えますぞ。



めでためでたの世となりにけり。



天晴れ天晴れ、



天晴れ世の



うれしうれしに変わりましたぞ。



二〇〇六年六月三十日



天の日月の神



うれしうれしでありますぞ。



今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

日本人を目覚めさせるためにこのブログを書いています。
皆さまによりますブログの拡散のご協力をお願いします。

更新を通知する


by new-jomon | 2019-06-30 14:54 | 大日月地神示 | Comments(0)

⒔大日月地神示「ぬ」の巻

大日月地神示「ぬ」の巻を書いて知らせます。
⒔大日月地神示「ぬ」の巻_b0409627_13360165.png


「ぬ」の巻



皆々それぞれに

生きておるのじゃ。
、、
であるが、

それぞれみな

(つな)がっておるのじゃぞ。

不平不満申す者、

多いのう。

(おのれ)が正しいと申す人民、

みな無くなるぞ。

そのこと(おの)ずと

そのようになりておること、

まだ気づかんか。

皆々、

我が身可愛さに常に

誰かのせいにいたし、

息していること

当たり前に申すでないぞ。

何もせず生きられることの

(とうと)さに気づけば、

天国近いぞ。

天国に暮らせるのじゃぞ。

人民みなそれぞれ

生きてゆくと思うておるが、

草木、


虫けら、


(けもの)も皆々

大事なお役目

持っておるのじゃから、

殺して下さるなよ。

それぞれに

繋がり大事であるのじゃから、

人民、

早う(まこと)に生きて下され。

いつまで経っても

皆のためには

生きられんと申す人民、

いよいよとなりて来たから、

これからのこと

ますます生きてゆくには

難も多いなれど、

そのうち新し幕上がりて、

これは何とした事かと、

うれしうれしと、

みな声上げて喜ぶ時

いよいよ訪れるから、

出来ぬ、

存ぜぬ、

そればかりでは共倒れぞ。


 皆、

何ゆえに生きておるか

考えてみよれ。

こればかりは、

おのおのみな

考えて歩まねば、

靈人として(おのれ)道見失い、

辛い人生歩むこととなるのぞ。

皆のために生きるとは、

皆を愛する己ともなるよう

いたすことぞ。

世界の平和を願い、

隣人(りんじん)喧嘩(けんか)いたす人民

多いのう。

あべこべ自分主義、

神も閉口(へいこう)じゃ。

何ゆえ

己のみの神といたすのか。

そのこと気づかん人民、

いずれも神を

小使いに思うておるに

分からんか。

そなたらは、

皆々

大事にせねばならんものを

捨て、

捨てねばならんものに

しがみついておいでじゃ。


 出直し出直し、

皆々出直しですぞ。

良いな。

これもみな

生きてゆくための

大事なことでありますのじゃ。

思いが正されねば、

人民生きてゆけんぞ。

すべては思い、

靈世界から

(あらわ)れるのじゃから、

物中心のお考え、

お止め下されよ。

神は、

物でもあるが、

靈であるぞ。

無、

であるぞ。

有、

となるぞ。
、、
どこまでも

皆のために

存在いたしておるから、

みな分からんのも

無理ないなれど、

この者に

こうして書かせておるのも、

お役ある者であるゆえ

いたさせておるのじゃ。

お偉いさんには困る困る。

あれは偽物これは偽物、

それは自分が

偽物であるがゆえに

申すのであるぞ。

本物見る目あるならば、

皆を大事に思う思いに

満ちておるのじゃ。

分かりたか。


 己が一番と申す人民、

そなたは

の容れ物となりておりて、

この方の申すことも、

聞こえん、

知らん、

聞きたくない、

どこまでも

我がままになりておるのじゃ。

この方、

皆々大事に思う

大神であるのじゃぞ。

そなたばかり

大事にいたす神では

ないのじゃから、


真 
(まこと)
(さと)
れよ。

悟らねば悟るよう

いたさすぞ。

それぞれに

目に物お見せいたすから、

すっかり心改めて下されよ。

この者、

大神の御魂、

靈人伝えて(うかが)い、

皆にお伝えいたすお役目。

赤子(あかご)(ごころ)となりて、

容れ物となりておるがゆえに、

こうして皆に

伝えられておるのじゃ。

元からの隠し御魂ぞ。

鍛えに鍛えて

ここまでに練り上げて、

お役に(つか)っておるのじゃ。

みな分からん

苦労に苦労させ

今にあるのじゃから、

何ゆえに

この者なのかと申す人民、

見かけばかりの判断では、

世の移り変わりも

分かりはせんぞ。


 これまでの宗教は宗教じゃ。

教えとなりて導き、

それぞれに応じて

申してきたなれど、

この(ふみ)

皆に申すのじゃ。

それぞれ縁ある者

伝えて下されよ。

縁ある者繋がり下され。

()捨てて、

皆々仲良う手分けいたして、

新しい仕組み

お創りいたされ。

真のうれしうれしの世、

皆でお創りなされ。

神々様は

お手伝いでありますぞ。

どれ、いずれは、

神は隠居(いんきょ)じゃ。

みな人民にお任せいたして、

お見守りいたすから、

身魂磨いた人民、

この方へまつろえよ。

(まつ)り合わせて苦しみ無い、

うれしうれしとなりて下され。

皆々生きる時代となりたぞ。

生かす時代となりたぞ。

これ皆、

あといと合わせて、

愛といたすのじゃ。

男と女と

仲良うなさりて下され。

それぞれのお役、

ちゃんと見失わんように


)
め称えおうて下されよ。

人民みな大事なお役目(にな)い、

この世の日月(ひつき)(たみ)といたして

お遣いいたすのじゃから、

素直に変わられよ。


 これからは、

いよいよ実地(じっち)もあるゆえ、

意を知りなされ。

身を見つめなされ。

縁ある者同士、

仲良うお進みなされ。

神、

見つめ歩まれよ。

光、

見つめなされ。

光、

出せよ。

光となりなされ。

これ、みのあのそのし。

これ、よのちのさのそ。

良いか。

分からん者、

分からんで良いのじゃ。

分かりたか。


二〇〇六年十一月十日

(あめ)の日月の神



大日月地神示【前巻】

神人/新泉社

スコア:




大日月地神示【後巻】

神人/新泉社

スコア:



カテゴリ:宇宙( 7 )


タグ:
by new-jomon | 2019-04-29 17:06 | 大日月地神示 | Comments(0)

⒓大日月地神示「に」の巻

日月地神示「に」の巻を書いて知らせます。

⒓大日月地神示「に」の巻_b0409627_17251272.png


「に」の巻

、、
、、

これからが


そなたらの申す


三千世界の礎



築きあげてゆく


(まこと)の時でありますぞ。


準備は既に出来ておるから、


実際にお生み下されよ。


何をどうすればよいか、


(おの)ずと


守護靈殿に申しておるから、


靈、人、共に


仲良ういたし下され。


では、


一つ一つ申すゆえ


お聞き下されよ。


ひとつ、


人民が何ゆえ


こうして()めておるのか、


原因を知って下され。


ひとつ、


みな喜び(いそ)しんで暮らせる


世のお仕組み、


創りおうて下され。


ひとつ、


靈、人、共に歩むこと、


まず一番大事にいたし下され。


ひとつ、


これからは宇宙(うちゅう)(れい)(じん)殿、


人民殿とも


仲良ういたし下され。


ひとつ、


愛することを


一番大前提(だいぜんてい)にお暮し下され。


ひとつ、


生みの親は()の大神様、


育ての親は(あめ)の大神様、


地の大神様であること、


忘れんようお暮し下され。


ひとつ、


艮金神(うしとらのこんじん)様、


素戔嗚大神(すさなるのおおかみ)様と


表裏(おもてうら)であるゆえ、


同じ神として


(まつ)ろうて下され。


ひとつ、


みな話をせんでも


互いに思うておること


分かるようになるゆえ、


(つつし)んで心広げて下され。


ひとつ、


みな仲良う暮らす仕組み、


みなで創りおうて下され。


ひとつ、


世の立て替え、


神と靈と人とで


うれしうれしといたし下され。


ひとつ、


それぞれの神


祀ること大切であるが、


大日月地大神(おおひつくおおかみ)


まず(まつ)ろうて下され。


ひとつ、


世のためよく働き、


よく笑い、


よく愛しおうて、


うれしうれしとお暮し下され。


ひとつ、


金は要らぬ世となるから、


今までの教えみなすべて、


掃除洗濯いたし下され。


ひとつ、


みなを愛することの意味、


よく考え歩まれ下され。


これからみな


生まれ変わるから、


今までの教え


みな一度捨てて、


新し世の考えお映し下され。


(まこと)(かみ)()となるから、


皆々、


すべて分かるようになるから、


(はずか)しくないよう


みな大事になされ。


嫌いなもの多いと


嫌われますから、


いよいよ暮らすこと


出来ぬ世となりますから、


皆々好いて


大事に感謝出来る(おのれ)


愛しんで下されよ。


神申すこと


いよいよ


(まこと)の世の(あらわ)れとなるから、


変われんと


不足申す者みな


いよいよ(まこと)見て


腰抜かす時来たから、


これからの改心


いよいよ役に立たんから


見ておざれよ。


鼻高さん、


見物いたし下され。


方便といたしてきた


この(ほう)のツケ


返さなならん時来たから、


みな難儀(なんぎ)いたす者も


あるや知れぬが、


(おのれ)求めた結果であるから


不足申すでないぞ。


人民可愛いだけではならんから、


草木、


虫けら、


(けもの)らすべて


救わなならんから、


いよいよ始めますぞ。


それぞれ己のゆく先、


みな決めておるのじゃから、


うれしうれしじゃな。


何をどんなに頂いても、


己求めた結果でありますぞ。


御魂相応にいたすから


文句言うでないぞ。


皆すべてを愛することいたして、


この(ほう)顕れるから、


それぞれ申し分ない


(おのれ)へと移られ下され。


神、人、共に


歩む世となった。


えみためえみため。


あーえーいーおーうー 


うーるーうーるーうー 


おーろーおーろーおー 


ひーふーみーよーいー 


えーめーれーめーれー 


ふーむーうーるーむー

、、

二〇〇六年十月十八日


(あめ)の日月の神

、、


大日月地神示【前巻】

神人/新泉社

スコア:


いつもありがとうございます。
💖他の「大日月地神示」を読む💖
💖日本の歴史を蘇らせる💖
💖宇宙と直観体験科学💖

更新を通知する



by new-jomon | 2019-03-23 14:22 | 大日月地神示 | Comments(0)

⒒大日月地神示「な」の巻


日月地神示「な」の巻を書いて知らせます。
⒒大日月地神示「な」の巻_b0409627_17251272.png

「な」の巻



これまで伝えてきたこと皆、


そなたに申しておること皆々、
、、

嘘偽り申さんぞ。
、、

この神みな分からぬ神ゆえ、


なかなか理解し難いなれど、
、、

縁ある者には
、、

分かるように
、、

いたしておるのじゃから
、、

心配せんで良いぞ。
、、

このまま神示
、、

続けて下されよ。
、、

今に良く分かるから、
、、

申していたこと


九分九厘顕れて、
、、

今になるほどなあ
、、

申した通りじゃと合点ゆくから、
、、

素直に映して下されよ。
、、

この文、
、、

皆々神々様もお読みぞ。


しかし、
、、

靈人殿もうちっと
、、

分からん方々おりますぞ。
、、

じゃが、
、、

皆いずれも変わるゆえ、
、、

この神に
、、

まつろうしかないゆえ
、、

遅い改心では何にもならんぞ。
、、

仕組み過ぎたら、
、、

出来ぬもの
、、

肥やしにいたさなならんゆえ、
、、

申しておくぞ。
、、

これから皆々
、、

仲良う手引きあって
、、

ご活動なさり下されよ。
、、

神々様、
、、

靈人様と成りなりて
、、

お手伝いされておるから、
、、

出来ぬことないのじゃから、
、、

何でも神事も出来るぞ。
、、

この方(まつ)ろうたなれば
、、

何でも分かるぞ。


何でも欲しいもの出て来るぞ。
、、

じゃが、


この神祀るには
、、

祀るだけの御魂となりて下されよ。
、、

薬が毒ともなるや分からんぞ。
、、

皆それぞれの身魂
、、

磨けただけであるのじゃ。


生まれ赤子のままに
、、

(かみ)(ごころ)映し下されよ。


良く見えるぞ。
、、

聞こえるぞ。
、、

そなたらは、


みな縁あって
、、

引き寄せておるのじゃから、
、、

みな改心いたして


仲良う手引きおうて
、、

助け合って暮らさなならんぞ。
、、

火の起こし方、


水の汲み方、
、、

食べ物も皆々、
、、

それぞれ
、、

どこでも生きてゆけるよう、
、、

何事起きても
、、

対処できるよういたし下されよ。
、、

都会は、
、、

不便じゃなあ。


今に都会、
、、

人消えるぞ。


みな土に(たてまつ)ろうぞ。
、、

清水(きよみず)に喜び奉ろうぞ。
、、

これ皆、
、、

例えではないぞ。
、、

世の(いしずえ)となる、
、、

人と人との結び、


しっかり練り直し下されよ。
、、

金はもう要らんのであるぞ。
、、

要る世はとうに
、、

過ぎておるのじゃから、
、、

いつまでも
、、

金にしがみついておっては、
、、

次の世では暮らせんぞ。
、、

この神、
、、

人ともなるぞ。
、、

何にでもなれるのじゃぞ。
、、

靈人殿、


靈媒(れいばい)殿、
、、

皆この神


分かる者おらんぞ。
、、

言靈(ことたま)
、、

色靈(いろたま)


数靈(かずたま)
、、

音靈(おとたま)
、、

皆々光輝く
、、

宇宙(かみ)(ことわり)でありますぞ。
、、

(かご)の中の鳥は、
、、

()()でありますぞ。


(じゅう)から十二となるぞ。
、、

十三ともなるやしれんぞ。


これ皆、


宇宙(かみ)の昔から変わらぬ(ことわり)ぞ。
、、

大神の御心(みこころ)ぞ。
、、

三次元とは、
、、

そなたらが見える
、、

世界を申す世じゃ。


五次元まで変わる
、、

大立て替えじゃから、
、、

これから始まる天変地異、
、、

皆々尻もちいたして、
、、

動けなくなりますぞ。


また、
、、

みな大昔にいたすゆえ、
、、

何もかも皆
、、

うれしうれしじゃなあ。
、、

これみな
、、

例えで申しておるのじゃから
、、

ますます分からんのう。
、、

己がどうなるか、
、、

そればかり気にしておる人民、
、、

そなたは皆のことより
、、

己のことばかり考えておるから、
、、

皆に愛されぬのじゃ。
、、

皆のために生きよ。
、、

皆のために働けよ。
、、

何もかも大事にいたせよ。
、、

皆そなたを愛すのじゃぞ。


そなた、
、、

皆のために何出来るか申すが、


そなた、
、、

皆のために笑うこと出来ようぞ。


改心いたせば
、、

何でも出来るのじゃ。
、、

皆のために
、、

お手伝い結構結構。
、、

仲良う手繋いで、
、、

うれしうれしじゃなあ。
、、

良きかな良きかな。


うーるーうーるーうー。
、、

うしとら唄うぞ。
、、

あーやーわーらーやー。
、、

うーるーうーるーうー。
、、

おーろーおーろーおー。
、、

えみためえみため。
、、

あえいおう。


うううー。
、、

ぬぬぬー。
、、
、、


二〇〇六年十月五日

天の日月の神

艮金神唄う。
、、

大日月地神示【前巻】

神人/新泉社

スコア:


いつもお読みいただきありがとうございます。
💖その他の「大日月地神示」を読む💖
💖日本の歴史を蘇らせる💖
💖宇宙と直観体験科学💖

更新を通知する




by new-jomon | 2019-03-15 00:01 | 大日月地神示 | Comments(0)

新時代に必要なしくみを開示し、次世代型のモノを生み出し広めていきます。ご連絡は@123no493@icloud.com(最初の@をaに変えて下さい)


by そま
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る