人気ブログランキング |

天皇陛下と「水」への祝福

b0409627_23591876.jpg


「僕、天皇陛下を目の前で見てんで」

夫は祝賀御列の映像をテレビを見ていて子どもの頃の思い出を話していました。

昭和の頃のことだそうです。

夫の両親は京都の人。

その日はたまたま「今日は宮さん来ゃはるよ」と聞いていたので、

夫は母と御所に歩いて散歩に行ったらしいのです。

地元京都の人はいつ、誰が御所に来られるのかをよく知っているのです。

ちなみに、京都が天皇陛下の本拠だと京都人は誰しも思っています。

小学生だった夫は御所からセンチュリーの車が出て来るところを出くわして車の前に飛び出したのです。

すると車が止まり窓が開いて、美智子様が夫に手を振ってくださったのです。

さらにその横で上皇陛下が身を乗り出して夫に手を振ってくださったのだそうです。

ホンマに目の前で誰も周りにいないところで間近でお目にかかれたそうで。

センチュリーの後ろに、同じセンチュリーの車が続いていて、

今上陛下がおひとりで乗っておられたそうです。

その後続のセドリックに秋篠宮殿下とサーヤがお二人で乗っておられたのだそうです。

夫は車好きなのでそこのところえらく詳しいのです。

天皇になられる方の車と、そうでない方の車の格の違いを目の当たりにしたということと、

今上陛下の微動だにしない様子が格の違いを思い知らされたと話していました。

b0409627_23591876.jpg
パレードに出発される天皇、皇后両陛下=10日午後、皇居・宮殿(大西史朗撮影)


一方わたしは子どものころからなぜか
徳仁天皇のことが好きでして、

テレビに映っておられる時はいつも引きつけられていました。

子どものころからこの方が天皇になられるときをずっと楽しみにしていました。

b0409627_20045631.jpg

あらためまして御即位を心より祝福させていただきます。

b0409627_20041781.jpg
『水運史から世界の水へ』(筆者撮影)


そして国民祭典への祝福に感謝のお言葉を述べてくださった陛下に心より感謝申し上げます。



水天皇陛下への祝福に歌われた「Ray of Water」の歌詞を貼らせていただきます。


組曲「Ray of Water」

第三楽章

「Journey to Harmony」


君が笑えば世界は輝く 


誰かの幸せが今を照らす 


僕らのよろこびよ君に届け



はじめはどこかの岩かげにしたたり 


落ちたひとしずくの水が平野流れ 


やがて研ぎ澄まされ 君をうるおし 


鳥たちをはぐくみ


花たちとたわむれ


 あの大河だってはじめはひとしずく


僕らの幸せも大河にすればいい



ごらんよ僕らは君のそばにいる



君が笑えば世界は輝く


誰かの幸せが今を照らす


僕らのよろこびよ君に届け



星明りにじんでふと立ち止まったら


雨の匂いのなかに虹のうたを聴こう


かすかなそのうた


まるでひとしずく


静かにつながって


確かにつながって


青い空の下


夢など語りあう


愛とか語りあう


それが僕の願い



ごらんよ光は君とともにいる



君が笑えば世界は輝く


誰かの幸せが時代を照らす


僕らのよろこびよ君に届け



君が笑えば世界は輝く


誰かの幸せが今を照らす


僕らのよろこびよ君に届け



大丈夫鳥は歌っている


大丈夫空は輝いてる


大丈夫水は流れている


大丈夫海は光っている


大丈夫君と笑ってゆく


大丈夫君と歩いてゆこう





今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

「水はもっとも柔軟であらゆるものを受け容れる」老子


更新を通知する


by new-jomon | 2019-11-11 12:40 | 日本の歴史を蘇らせる | Comments(0)

新時代に必要なしくみを開示し、次世代型のモノを生み出し広めていきます。


by そま
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る