人気ブログランキング |

秦氏と賀茂氏と縄文神。


b0409627_01420916.jpg

縄文の神の教えは、

言葉ではなく形態で表している。


b0409627_15551299.jpg
イザナギ命とイザナミ命


その根本は「生命」をうみ出す

創造の原理。

b0409627_00431922.jpg
建水分神社(筆者撮影)


「みくまり」は「みこもり」

すなわち「身ごもり」

b0409627_00303387.jpg
宇賀神社(筆者撮影)
b0409627_23591741.jpg
宇賀神社(筆者撮影)


「子もうけ石」は縄文の化石

b0409627_23034445.png
宇賀神社(筆者撮影)


「子もうけ石」は「陰陽石」

b0409627_15533603.jpg
上賀茂神社(筆者撮影)


上賀茂神社の「陰陽石」

b0409627_23320357.png
上賀茂神社(筆者撮影)


「陰陽の融合」

b0409627_00134635.jpg
出雲大神宮(筆者撮影)


出雲の「夫婦岩」

b0409627_00113481.png
大神神社(筆者撮影)


大神神社の「夫婦岩」は聖天石

b0409627_16325629.png
生駒聖天



生駒聖天の御本尊は「夫婦神」。


「夫婦」から「子がうまれる」

b0409627_23173178.jpg
石切神社の御守り(筆者撮影)


生駒の「駒守」は「子守り」

b0409627_01093945.jpg
枚岡神社(筆者撮影)


生駒山の「なで鹿」

b0409627_01102936.jpg
枚岡神社(筆者撮影)


母は子を守り

b0409627_01101189.jpg
枚岡神社(筆者撮影)

父は母子を守る。

b0409627_01420916.jpg
出雲大神宮(筆者撮影)


大国主の「なでうさぎ」

b0409627_00093326.jpg
大神神社(筆者撮影)


大物主の「なで兎」

慈しみやさしくなでるとしあわせになる。

b0409627_15521398.jpg
上賀茂神社(筆者撮影)


上賀茂神社「睦の木」は

「一つに結ばれた

仲睦まじい家族をあらわしている」

b0409627_15514039.jpg
上賀茂神社(筆者撮影)



縄文の神のメッセージは

夫婦仲良くしていれば

子が授かるというもの。

子はやさしく慈しみなさい、

家族は仲良くしなさいということ。

陰陽和合。

創造の原理。

子孫繁栄。


b0409627_17311384.jpg
砂遺跡(筆者撮影)


縄文遺跡に祀られていた

「夫婦神」

b0409627_17320016.png
『君の名は。』


そのメッセージは二次元にも顕れています。

b0409627_00262836.png
『君の名は。』

b0409627_23455741.png
『ストリートファイターⅤ Hot!パッケージ』より


縄文文明に終止符が打たれ、

長きに渡り戦いの時代を体験した後、

やっと、

別れていた魂が再会するときがきた。

忘れられてきた縄文の神との融合。

「結魂」

b0409627_12210933.jpg
橿原神宮(筆者撮影)


カモさんは夫婦一対。

カモ、鴨、賀茂、加茂。

賀茂氏は縄文の叡智を守り続けてきた一族。

賀茂と名乗ったのは、

つがいのカモと

子育てにはげむカモを

シンボル化したのかもしれない。

「オシドリ夫婦」

「カルガモ一家」

b0409627_00472060.jpg
赤穂市立有年考古館(筆者撮影)


謎の渡来人・秦氏は、

縄文発祥の叡智を

文明の拠点の移動とともに

渡ってきた一族。

b0409627_00041628.jpg
日下貝塚(筆者撮影)


大陸から渡来してきたけれど、

本当は日本に帰ってきた一族だったのです。

b0409627_12210933.jpg
橿原神宮(筆者撮影)


カモさんは渡り鳥。

秦氏はカモ氏。

彼ら古代祭祀一族が奉じる神は

縄文の神だった。



今回もおめどおしいただきましてありがとうございました。

日本の目覚めのためにブログを書いています。

更新を通知する



by new-jomon | 2019-10-09 02:06 | 世界の作り方 | Comments(0)

新時代に必要なしくみを開示し、次世代型のモノを生み出し広めていきます。


by そま
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る